1. ホーム
  2. セダン
  3. ≫アテンザのマイナーチェンジは2018年 !変更点を解説。外観・内装デザインがより高級な内容に

アテンザのマイナーチェンジは2018年 !変更点を解説。外観・内装デザインがより高級な内容に

マツダのアテンザが2018年にビッグマイナーチェンジを実施する見通しとなりました。

3代目となる現行アテンザは、すでに2015年に一度ビッグマイナーチェンジを実施していますが、今回2度目となる大型改良が行われることとなります。

その変更点は、外観・内装共にデザインが刷新され、先進装備も拡充するとあってフルモデルチェンジ並みの進化を遂げることとなります。

今回は、新型アテンザのマイナーチェンジに関する最新情報をお伝えします。

スポンサーリンク
※新車購入予定の方へ
あなたの今乗っている車が、最高いくらで売却できるのか無料でチェックできるサービスがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。 車の最高買取金額の無料チェックはこちら

新型アテンザのマイナーチェンジが2018年に!変更点について

2017年11月30日にロサンゼルスモーターショー2017にて新型アテンザ(Mazda6)が発表されました。

マイナーチェンジ後のデザインは、エクステリア・インテリア共に「Mature Elegance」をコンセプトにデザインが大幅に変更されています。

マイナーチェンジした新型アテンザの画像は次の通りとなります。

エクステリア(外観)の変更点

フロントマスクを刷新

新型CX-5と同テイストのフロントデザインを採用

・フロントグリルサイズの拡大、グリル内の水平バーを廃止してメッシュ模様へ

・水平基調のバンパーデザイン採用

・クロームグリルフレームをヘッドライト下部まで伸ばすデザインに

・ソウルレッドプレミアムメタリックを採用

洗練されたリアデザイン

・リアコンビランプのデザイン変更(クリアテール部分が大幅に減少)

・リアガーニッシュがテールランプ中央に食い込むデザインへ

・リアバンパーのブラック塗装の樹脂部分がほぼ廃止

・17,19インチホイールデザインの変更

【その他新型アテンザの外観画像】

【新型アテンザの動画】

インテリア(内装)の変更点

エレガントな内装へ深化

・マツダ最上級仕様のインテリアを設定

・日本の伝統家具や楽器などに使用される栓木(せんのき)を用いた本杢素材等を採用

・マツダコネクトを8インチへサイズアップ

・ベンチレーション機能搭載シート採用

・電動パーキングブレーキにオートホールド機能追加

・ヘッドアップディスプレイ(フロントガラス面に投影タイプ)採用

・メーターをデジタル化

この中でも注目はマツコネことマツダコネクトがついに8インチへとサイズが拡大されることになったということでしょう。

海外ではすでにCX-9が8インチのマツコネを採用していましたが、日本国内ではアテンザが初の8インチマツコネを採用する車種となりそうです。

それゆえ今後は、CX-5やCX-8等の車種も年次改良で8インチのマツコネ採用となっていくことが予想できます。

【その他新型アテンザの内装画像】

スポンサーリンク

【最新自動車情報】
2018年の新車情報が満載!

2018年のモデルチェンジ情報はこちら

新型アテンザ その他変更点

その他変更点としては、

  • 「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」の全車速対応化
  • 360°ビュー・モニター搭載
  • シャーシ剛性向上
  • 2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」を搭載
  • 「SKYACTIV-G2.5」に「気筒休止」などの新技術を採用し、燃費性能も改善
  • NAの2.5L 4気筒 直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5エンジン」には気筒休止を採用
  • トランスミッションに関しては、NAモデルには6速ATと6速MTの組み合わせ、ターボモデルには6速ATを用意
  • NVHを改善

といった内容になります。

2.5L直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G2.5T」を日本仕様にも搭載を期待

何といっても注目は、2.5リッターターボエンジンの「SKYACTIV-G2.5T」が採用されたことです。

アテンザに搭載される「SKYACTIV-G2.5T」のスペックは、最高出力250hp、最大トルク420Nmで4L V8エンジン並みのトルクを発生させるとされています。

このターボ仕様が日本仕様の新型アテンザにも採用されるかどうかに注目です。

マイナーチェンジの先進装備で注目したい内容はこれだ!

そして今回のマイナーチェンジで注目したいのが、同一車線運転技術が採用されるのか否かという所。

他メーカーは、トヨタなら第2世代トヨタセーフティセンス、日産ならプロパイロット、スバルならアイサイトツーリングアシストというように次々と高速道路での同一車線自動運転技術を搭載した先進装備を実用化させています。

※ホンダも新型レジェンドから同一車線自動運転技術を採用
レジェンドのマイナーチェンジ情報

マツダは現時点では同一車線自動運転技術を搭載した装備を発表していませんが、「フラグシップであるアテンザのビッグマイナーチェンジ」というタイミングを考えれば、この技術を活かしたi-ACTIVSENSEが導入されても不思議ではありません。

新型アテンザの海外仕様ではこの機能の搭載は発表されませんでしたが、是非とも日本仕様ではサプライズとして搭載を期待したい所。

マイナーチェンジしたアテンザの発売時期はいつ?

マイナーチェンジ後の日本仕様についてはまだ発表されていませんが、発売時期に関しては2018年の春頃の発売が有力となっています。

2020年頃には次期アテンザのフルモデルチェンジが控えている

そして4代目となる次期アテンザに関しては、2020年頃にフルモデルチェンジする可能性が有力となっています。

次期アテンザのフルモデルチェンジ情報に関しては、こちらの記事にて詳しく解説しているので合わせてお読みいただければと思います。

次期アテンザのフルモデルチェンジ最新情報

【次のページ】アテンザのライバルの動向について

※新車購入予定の方へ
あなたの今乗っている車が、最高いくらで売却できるのか無料でチェックできるサービスがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。 車の最高買取金額の無料チェックはこちら
≪ 前へ12
1 / 2 ページ

気に入ったらシェアをお願いします!