1. ホーム
  2. ホンダ
  3. ≫ホンダ 新型インサイトの復活は2018年!3代目インサイトはi-MMD搭載で待望のフルモデルチェンジへ

ホンダ 新型インサイトの復活は2018年!3代目インサイトはi-MMD搭載で待望のフルモデルチェンジへ

ホンダのインサイトの復活情報について本記事では紹介します。

ホンダが正式に新型インサイトについて発表し、デトロイトモーターショー2018で初公開されることになりました。

インサイトと言えば、1999年にZE1型の初代モデルがデビューし、かつてトヨタのプリウスと熱い戦いを繰り広げたハッチバック型のハイブリッドカー。

2代目インサイトが2014年3月に販売終了をしたことから、プリウスの勝利かと思いきや、あれから約4年後の2018年に復活します。

すでに新型インサイトコンセプトの外観・内装デザインも発覚し、エンジンが1.5Lバージョンになったハイブリッドシステムのi-MMDが採用されることも明らかとなりました。

そんな9年ぶりに3代目へとフルモデルチェンジする新型インサイトの最新情報を今回お話します。

スポンサーリンク

復活!新型インサイトの最新情報

復活を果たす新型インサイトの注目ポイントは次の通りです。

新型インサイトのエクステリア(外観)がコレだ!

復活する新型インサイトのエクステリアデザインがこちらになります。

まず気づかれた方もおられるかと思いますが、シビックセダン新型アコード(北米仕様)によく似たデザインとなっています。

〇新型シビックセダン

シビックについて詳しい情報はこちら

〇新型アコード(北米仕様)

次期アコードについて詳しい情報はこちら

フロントデザイン

フロントだけ見るとグリル・ヘッドライト等新型アコードと似ており、コンパクトアコードかと彷彿させられるデザインに。

リアデザイン

リアはこれまでのホンダ車の中で独特のデザインとなっており、テールランプのデザインが特徴的。

シビックとアコードは似た形状のブーメラン上のコンビランプが採用されていましたが、新型インサイトは横長のテールランプデザインとなります。

サイドデザイン

サイドガラスのメッキモールが一周している所がポイント。

ちなみにシビックも新型アコードもメッキモールは上半分の採用にとどまっています。

新型インサイトの動画

新型インサイトのプロトタイプの動画もすでに公開されています。それがこちらです。

新型インサイトのインテリア(内装)は先進装備採用

新型インサイトのインテリア画像がこちらです。

注目部分は、

  • 新型アコードと似たタッチパネル式ディスプレイ採用
  • シフト操作がボタン式を採用
  • シビックと同テイストのデザイン

という所です。

シビックをベースとして、アコードクラスの先進装備を搭載させたという内容と予想できます。

【アコードの内装】

【シビックの内装】

【次ページの内容】
新型インサイトのパワートレイン等の情報!アコードの後継的存在になれるか

≪ 前へ12
1 / 2 ページ

気に入ったらシェアをお願いします!

ホンダ車の新車・次世代モデル特集