次期フィット最新情報!2019年にフルモデルチェンジを予定か。ターボ&ハイブリッドと予想される変更点を紹介

新型フィット

ホンダの次期フィットのフルモデルチェンジに関する最新情報を本記事では紹介します。

2019年に実施と見られるフルモデルチェンジによって、フィットはいよいよ4代目となるわけですが、今回はターボエンジンを搭載する見通しです。

予想できる変更点を含めて、次期フィットの最新情報を見ていきましょう。

ホンダ次期フィットの最新情報!フルモデルチェンジで4代目へ

次期フィットのパワートレインに1L直3ターボ採用の可能性

turbo

次期フィットのフルモデルチェンジの中で大きな目玉となりそうなのがダウンサイジングターボエンジンの搭載。

ホンダのダウンサイジングターボと言えば、ステップワゴンにて初搭載されましたが、ステップワゴンは1.5Lの直噴VTECターボエンジンが採用されていました。

新型フィットには、ホンダが新開発した1.0L直列3気筒VTECターボエンジンが搭載される見通しです。

この1.0L直列3気筒VTECターボエンジンについては海外で発売予定の新型シビックハッチバックにて初めて搭載されています。

<シビックハッチバック>

%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%80%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%93%e3%83%83%e3%82%af%e3%83%8f%e3%83%83%e3%83%81%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%af

このシビックハッチバックに搭載されている1.0L直3ターボエンジンのスペックは、最大出力129ps/5500rpm、 最大トルクは6速MTが20.4kgm/2250rpm、CVTが18.4 kgm/1700-4500rpmとなっており、新型フィットにもほぼ同様のスペックが見込まれます。

>>新型シビックが日本発売!詳細情報はこちら

また新型フィットのターボ搭載モデルで最も燃費が良いモデルに関しては、34km/ℓが目指されている模様。

そして現行型の3代目フィットにラインナップされている1.3Lグレードと1.5Lグレードに関しては、この1Lターボグレードに統合されると見られています。

次期フィット ハイブリッドシステムはi-MMDへ

次期型フィットは、フルモデルチェンジ後もハイブリッドグレードはラインナップされる見通しです。

ただ、そのハイブリッドシステムは現在のツインクラッチミッション採用のi-DCDではなく、1.5Lアトキンソンサイクルエンジンを改良した上、アコードとオデッセイに搭載されている2モーター方式の「SPORT HYBRID i-MMD」が新採用されると見られています。

燃費性能は40km/L超えか

このi-MMD採用によって、燃費性能はついに40km/L超えが目指されていると見られています。

40km/Lといえば、トヨタの4代目プリウスから採用されているハイブリッドシステム、日産の新型ノートから採用されるシリーズ・ハイブリッドのe-POWERに匹敵する性能となります。

また、1.5Lタイプの最新式i-MMDと言えば、新型インサイトに搭載されています。

新型インサイト

>>新型インサイト最新情報はこちら

次期フィットは、新型インサイトに続いての1.5リッタータイプのi-MMD搭載車種となりそうです。

次期フィットのテストカー

次期フィットと見られるテストカーが海外にて撮影されています。

現行モデルよりもより整ったスポーティなデザインに注目です。

>>次期フィットのテストカーの画像を見る(海外サイト)

次期フィットの外観デザインを予想

現行型の3代目フィットのエクステリアが2代目フィットのキープコンセプトデザインで登場したことを考えると次期フィットの外観はこれまでのイメージと刷新される可能性が考えられます。

次期フィットはキープコンセプトを打ち破れるか

2018年にはダイナミックなデザインを採用したフィットModulo style(モデューロ スタイル)を発売していますし、人気絶好調のノートe-POWERの陰に隠れないためにも、デザインの大幅変更を予想します。

何といってもかつての最大のライバルだったカローラが大幅なイメージ刷新を行っていることを考えると、フィットもイメージ転換の時かもしれません。

>>次期カローラのフルモデルチェンジ最新情報はこちら

次期フィットのボディサイズ

次期フィットのボディサイズは5ナンバー維持が有力。

車幅は、1,700mm以下に抑えられることになりそうです。

参考

3代目フィットのボディサイズ

全長:3,990~4,045mm
全幅:1,695mm
全高:1,525mm~1,550mm
ホイールベース:2,530mm

次期フィットの先進安全装備ホンダセンシングを予想

現在、需要があり重要視されている先進安全装備。

・衝突軽減ブレーキ〈CMBS〉
・誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・路外逸脱抑制機能
・ACC〈アダプティブ・クルーズ・コントロール〉
・LKAS〈車線維持支援システム〉
・先行車発進お知らせ機能
・標識認識機能
・後方誤発進抑制機能
・オートハイビーム

次期フィットではホンダセンシングを現行フィットにない、

  • ACC全車速対応化
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム

を搭載すると予想。

さらにLKAS(車線維持支援室テム)の全車速対応機能となる、トラフィックジャムアシストに搭載の可否にも注目です。

このトラフィックジャムアシストは新型レジェンドから実用化されています。

>>レジェンドのマイナーチェンジ最新情報

フィットのライバル車の次期ノートe-POWERは、自動運転技術が活かされたプロパイロットが搭載されると予想されるだけに、トラフィックジャムアシスト搭載を期待したい所です。

次期フィットにクロスオーバーSUVスタイル追加か

次期フィットには、クロスオーバーSUVスタイルのモデルがラインナップされる可能性が取りざたされています。

フィットのSUVバージョンと言えば、海外でWR-Vとして発売されています。

このWR-Vの実質導入という形になるのかどうか注目所です。

>>フィットSUV!WR-Vの詳細情報はこちら

次期フィットの発売時期は2019年を予定か?約6年ぶりのフルモデルチェンジ

honda-fit

4代目の次期フィットの発売時期としては2019年が有力視されています。

フルモデルチェンジされる時期は、2019年春~夏と予想。

歴代フィットの全面改良の周期 約6年でフルモデルチェンジ

歴代フィットの全面改良の周期を振り返ってみると、どのモデルも約6年でフルモデルチェンジしていることが伺えます。

MEMO
初代フィット(2001年発売)⇒2代目フィット(2007年発売)⇒3代目フィット(2013年発売)

この流れを引き継ぐならば4代目フィットは2013年から6年後の2019年となります。

>>ホンダの新車発売予想スケジュールはこちら

次期フィットのライバル車種の状況

初代フィットの時代は、トヨタのヴィッツ、日産のマーチと共にコンパクトカー御三家とも呼ばれる程で、ヴィッツとマーチが強力なライバルでした。

そのころと現在を比べると、スモール界の勢力図は大きく変わっています。

そこで現在のフィットのライバルの状況は以下の通りです。

トヨタ アクア


フィットの最大のライバルとも言えるのがこのアクア。

かつてのトヨタのコンパクトカーと言えばヴィッツでしたが、アクア登場以降は、アクアがトヨタの一番人気のコンパクトカーとなっています。

アクアは、世界最高の低燃費性能で登場した3代目フィットの発売約2ヶ月後にマイナーチェンジを実施して、JC08モード燃費37.0km/Lで世界最高低燃費を奪還するなど、フィットにとってガチンコのライバルとして君臨し続けています。

2017年6月には2度目となるビッグマイナーチェンジ、さらに2018年には一部改良で安全装備を機能向上させています。

>>アクアのマイナーチェンジの変更点を徹底解説!
>>次期アクアのフルモデルチェンジ情報はこちら

トヨタ ヴィッツ

同じトヨタのコンパクトカーのアクアと比べて、ガソリンエンジンモデルのラインナップと室内空間の広さで差別化を図っているのが現在のヴィッツ。

次期モデルでは海外名のヤリス名になる可能性が噂される状況です。

>>次期ヴィッツのフルモデルチェンジ最新情報はこちら

日産 ノートe-POWER

フィットにとって、アクア以外の強力なライバルと言えば日産のノート。

ノートは、2016年11月のマイナーチェンジで「新しい電気自動車のカタチ」を売りにしたシリーズハイブリッドシステムを採用したe-POWERモデルを新発売。

その結果、新車販売ランキングで日産にとって約30年ぶりの首位を獲得

まさに今人気絶頂のコンパクトカーという状況です。

今後、次期モデルでは自動運転システムのプロパイロット搭載なども予想されるため、今後アクア、フィットにとって脅威的な存在となっています。

>>ノートe-POWERの最新情報はこちら

日産 マーチ

かつてはコンパクトカー市場で大人気車種だった日産のマーチ。

登場した1980年代にはトヨタのスターレット(ヴィッツのルーツとなった車)と二分するほどの人気モデルでした。

しかしながら現在の4代目マーチになってからは、実質タイからの逆輸入モデルとなり、人気は低迷。

先進装備を搭載し、スタイルが欧州風でカッコよくなった次期モデルが海外で発表されているものの、日本導入は未だ未定

>>次期マーチのフルモデルチェンジ最新情報

日本では日産のコンパクトカーの次期モデルは、ノートに集中される可能性もあり、その動向が注目されている所です。

マツダ デミオ


エクステリア・インテリア共に質感高く、欧州メーカーのコンパクトカーを彷彿させる現行型デミオ。

ディーゼルエンジン搭載グレードのラインナップに加え、G-ベクタリングコントロール等のマツダの最新技術が搭載されており、今後は、プレミアムコンパクトカーとして歩んでいくことが期待できる車です。

そんなデミオは毎年改良されて年々進化している状況です。

>>デミオのマイナーチェンジ最新情報

以上が、フィットの主なライバル車種の動向となります。

各メーカー負けずと、走行性能や質感の向上はもちろん、先進装備の搭載が改良ごとに繰り広げられています。

今後の次世代コンパクトカーに関しては、PHVやEVといった環境技術や、自動運転関連のシステム搭載で熱い戦いが繰り広げられることになるでしょう。

次期フィットを含め、各コンパクトカーの最新情報が入れば当サイトでは情報をお伝えします。

>>ホンダの新車発売予想スケジュールはこちら

フィットとは?歴史を振り返る

フィットの歴史について次のページから詳しく振り返ります。

【次のページ】フィットの歴史を徹底解説!