1. ホーム
  2. セダン
  3. ≫新型カローラのフルモデルチェンジは2018年!3ナンバー化&BMWのディーゼルターボ搭載か

新型カローラのフルモデルチェンジは2018年!3ナンバー化&BMWのディーゼルターボ搭載か

トヨタ自動車のカローラが2018年にフルモデルチェンジする見通しです。

カローラと言えば、1966年から販売されているトヨタの中でも歴史の長いブランドであり、日本モデルに関しては、5ナンバーという日本の交通事情に合ったサイズゆえ、今でも多くのユーザーに親しまれている存在です。

そんなカローラの次なる新型は、なんと3ナンバー化し、アリオン・プレミオとの統合に向けた大型な改良が実施されることが見込まれているのです。

今回は、新型カローラのフルモデルチェンジに関する最新情報をお話します。

スポンサーリンク

新型カローラのフルモデルチェンジは2018年に実施の目途!

カローラは、日本では、セダンタイプのカローラアクシオとカローラの派生モデルのステーションワゴンタイプのカローラフィールダーが発売されています。

%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9

先代のカローラは2006年に発売されており、その6年後の2012年に現行型カローラがフルモデルチェンジをして発売されました。

このことから、次期カローラも2012年から6年後の2018年が有力とされており、その2012年から2018年のちょうど折り返し地点である2015年には、ビッグマイナーチェンジが行われて「Toyota Safety Sense C」の搭載と今のトヨタ顔と言われるアンダープライオリティ&キーンルックといったデザインが採用されています。

%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%80%80%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%83%ab%e3%83%83%e3%82%af

そして、徐々に2018年のフルモデルチェンジに向けた情報が出てきているのですが、今度の新型カローラは日本ではこれまでのイメージを刷新するものになる見通しです。

新型カローラはフルモデルチェンジでどう変わるのか

ついに3ナンバーの壁を破る

カローラには、日本モデル・北米モデル・欧州モデル等といった世界で複数のタイプが発売されています。

その中でも日本モデルに関しては5ナンバーサイズをこれまでずっと守り抜いており、それが一つの売りでもありました。

しかしながら、新型カローラではついに3ナンバー化される見通しなのです。

その理由は、トヨタの新世代プラットフォームTNGAのBプラットフォームではなく、Cプラットフォームが用いられると見られているからです。

現在のカローラには、ヴィッツ系プラットフォームのBプラットフォームを採用しているので5ナンバーを維持できましたが、TNGAのCプラットフォームを起用するからには、3ナンバー化は避けられません。

これは、コストや効率化を考えて、カローラのプラットフォームを全世界共通化させるためと思われます。

その上で、各地域ごとにデザイン等の変化をつける形になるでしょう。

デザインは、新型カムリ風と予想

新型カローラは若い世代をターゲットに

フルモデルチェンジ後の新型カローラは、今までよりも若い世代をターゲットとし、これまでの保守的なデザインから、北米・欧州モデル風のスポーティで斬新なデザインになると見られています。

北米モデルや欧州モデルについては、私的にトヨタの中でかなりカッコいいデザインだと思いますし、こういうデザインならば、マツダのアクセラやスバルのインプレッサと競合できるスポーツセダンとして戦えるように思います。

<カローラ北米仕様>

%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e5%8c%97%e7%b1%b3%e4%bb%95%e6%a7%98

%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e5%8c%97%e7%b1%b3%e4%bb%95%e6%a7%98%e3%83%aa%e3%82%a2

<カローラ中国・欧州仕様>

%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%80%80%e6%ac%a7%e5%b7%9e%e4%bb%95%e6%a7%98

%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%80%80%e6%ac%a7%e5%b7%9e%e4%bb%95%e6%a7%98%e3%83%aa%e3%82%a2

もちろん、海外のモデルをそのまま日本に持ってくるという形ではなく、ある程度日本向けの手入れはされるようです。

これまで日本向けのモデルをわざわざ用意してきたにもかかわらず、伝統的なブランドのカローラを、単に海外モデルをそのまま持ってきただけとなれば、「日本軽視!」とバッシングされるのは目に見えていますし、現に他メーカーでそういう車種が批判されているものもありますよね。

トヨタ程の体力のある企業だからこそ、そういったことは起らないと個人的に思っています。

新型カローラのプラットフォームにTNGA

フルモデルチェンジを機に、新型カローラのプラットフォームは、新世代となるTNGA思想を取り入れた最新型のプラットフォームを採用することとなります。

軽量化&低重心化、そして高いボディ剛性を実現させるTNGAプラットフォームを採用することで、新型カローラの安全性能はもちろん、走行性能が大幅向上することになります。

すでにTNGAプラットフォームを採用している新型カムリハイブリッドの走行性能はかなり好評であり、次期カローラも走りの質感向上には、かなり期待できそうです。

新型カムリのフルモデルチェンジ最新情報

現行カローラは、国内の5ナンバータイプと海外モデルの3ナンバーサイズのモデルが存在しますが、新世代プラットフォームを用いることで全世界統一されたボディになると見られています。

スポンサーリンク

【最新自動車特集】
モデルチェンジ情報が満載!

新車情報をまとめて一気読みできるページがこちら

新型カローラのパワートレイン ディーゼルターボエンジン搭載か

そして新型カローラのパワートレインですが、現行の1.5ℓ直4エンジンを改良したものと、オーリスで採用されている1.2ℓダウンサイジング直噴ターボエンジン、そしてプリウスと共通の1.8ℓハイブリッドがラインナップされると見られています。

そして新型プリウス同様に、HV4WD(E-Four)を採用したモデルも用意されます。

<HV4WD(E-Four)と機械式4WDの違い>

HV4WD(E-Four)は機械式4WDと異なり、前輪と後輪をプロペラシャフトという軸でつながず、電気的につなぎ、エンジンではなくモーターで後輪を駆動させる動力源があるのが特徴のシステムです。

また、高出力E-Fourに対し小型車両用にシステムをコンパクト化。さらに日常使用において4WD制御を必要とする状況をより精度高く見極め、さらなる低燃費化に貢献しています。

【プリウス公式サイトより】

ただ、それだけでなく、なんとBMW製で1.5ℓ3気筒ディーゼルターボを採用したディーゼルエンジンを搭載したモデルもラインナップが検討化されているのだとか。

これは期待せざるを得ませんね。。。

エンジンの他には、リアサスペンションが現在のトーションビーム式からダブルウィッシュボーンに変更されるといったことが見込まれています。

トヨタセーフティセンスPや自動運転技術採用に注目

現行カローラには、コンパクトカー向けとなる簡易タイプのトヨタセーフティセンスCが採用されています。

フルモデルチェンジ後は、3ナンバー化されることもあって、上級タイプのトヨタセーフティセンスPの搭載が有力です。

トヨタセーフティセンスについて詳しく解説!

注目は、自動運転関連の技術がどこまで採用されるのかということです。

自動運転関連の技術に関しては、新型レクサスLSのLexus Safety System+Aが発表され話題となりましたが、その技術は2018年以降にトヨタ車でも展開していくことが発表されています。

新型カローラに、トヨタセーフティセンスPが採用されると

  • 歩行者検知対応の自動ブレーキ
  • 追従機能付きのクルーズコントロール

という現行型にない機能が搭載されることになりますが、それ以外にもLexus Safety System+Aに採用されている「車線からはみ出ない技術」のレーントレーシングアシスト (LTA)等が搭載されることになれば大きな話題となること間違いなしです。

トヨタ車としては、まずは次期クラウンからそういった次世代技術が展開されると見られますが、カローラにも展開を是非期待したい所。

新型クラウンのフルモデルチェンジ最新情報

新型カローラは、アリオン・プレミオと統合へ向かうのか

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%aa

2016年にビッグマイナーチェンジで延命化を図ったアリオン・プレミオに関しては次期モデルはなく、数年先には生産終了が見込まれています。

実質、3ナンバー化される新型カローラがアリオン・プレミオの役割を統合していくと見られていますが、すぐには統合は難しいでしょう。

2016年にビッグマイナーチェンジしたアリオン・プレミオがその2年後の2018年に新型カローラの登場と共に生産終了というのは、やや早すぎるようにも思います。

もし2018年で生産終了するのなら、今回わざわざコストをかけてビッグマイナーチェンジをしなかったのではないでしょうか。

私としては、新型カローラは実質アリオン・プレミオと統合できるほどの車種にはなっているが、今のアリオン・プレミオはしばらくは併用して販売されるのではないかと思います。

アリオン・プレミオの主なターゲットは高齢層になりますが、その層がある程度現役が落ち着いて、世代交代が見込まれるタイミングで完全にカローラへ一極集中するのではと予想します

ただ、ラグジュアリーなコンパクトセダンがなくなるというのは寂しいので、新型カローラには、スポーティグレードとリミテッドグレードといったような、スポーティなタイプとラグジュアリーな2タイプを用意してほしいものですが・・・

まるでゼロクラウンが登場した時のような革命を今度はカローラが起こせるのか2018年には要注目です。

クラウンのフルモデルチェンジ最新情報を徹底解説!

アコードがフルモデルチェンジ!変更点を解説

シルフィのマイナーチェンジ情報

グレイスがマイナーチェンジでデザイン変更

スポンサーリンク

気に入ったらシェアをお願いします!

かんたん車査定ガイド

  • 車種・年式を入れてボタン一つで査定
  • 入力後スグに買取相場が表示される!
  • 下取りよりも最大65万高く売れるケース有
  • 最大10社から一括査定
  • 利用者数230万人以上の実績
  • 全て完全無料

【人気コンテンツ】新車情報がどんどん見つかる!

トヨタ車の新車・次世代モデル特集