1. ホーム
  2. スバル
  3. ≫新型インプレッサG4 B型へ2017年10月に年次改良!STI Sport追加はなし!東京モーターショーに注目

新型インプレッサG4 B型へ2017年10月に年次改良!STI Sport追加はなし!東京モーターショーに注目

2016年10月に発売され、人気絶頂のスバル新型インプレッサスポーツ・G4。

さらに「2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)」まで受賞し、インプレッサは、今まさに飛ぶ鳥を落とす勢いです。

そんな中、2017年10月5日にB型に年次改良されることが決まりました。

ちなみに期待されていた「STI Sport」モデルの追加が期待されて。

今回は新型インプレッサのB型に関する内容を予想を含めて書いてみました。

スポンサーリンク

新型インプレッサG4・スポーツのB型に年次改良!2017年10月5日発売決定

スバルは、毎年改良を行うイヤーモデル制を導入しており、2016年10月に発売されたばかりの新型インプレッサも例外ではありません。

発売2年目でも、大きな改良内容となるケースもあり、レヴォーグやWRX S4に関しては、静粛性の向上やサスペンション改良による乗り心地の最適化に加え、オプションで安全装備の「アドバンスドセイフティパッケージ」が加わったことが2015年話題となりました。

そんな中、新型インプレッサG4、スポーツのB型に関しては、2017年9月11日に発表され、発売日は10月5日と公式発表されました。

インプレッサB型では外観&内装のデザインの変更やボディカラーの追加はないものの、安全装備等、細かな部分が変更となりました。

ナビにDIATONEサウンド ビルトインナビが選択可能に

A型の新型インプレッサでは、パナソニック ビルトインナビがディーラー装着オプションとして採用されていましたが、B型ではハイエンドオーディオブランドとして有名なダイヤトーン製の「DIATONEサウンド ビルトインナビ」も追加で採用されることとなりました。

DIATONEサウンド ビルトインナビは、パナソニック ビルトインナビと同じく8インチの大型液晶画面を採用し、「マルチファンクションディスプレイ」との連携表示が可能となっています。

ちなみに、パナソニック ビルトインナビは廃止されたわけではなく、引き続き購入時に選択することが可能です。

インプレッサB型でアイサイトセイフティプラスを採用

2017年のB型の主な変更点としては安全装備の強化となります。

改良前のA型インプレッサには、アイサイトver3が搭載されていました。

それが今回のB型からは、「アイサイトコアテクノロジー+アイサイトセイフティプラス」という形になります。

アイサイトコアテクノロジーの内容
  • プリクラッシュブレーキ
  • 後退時自動ブレーキシステム
  • AT誤発進抑制制御 &AT誤後進抑制制御
  • 全車速追従機能付クルーズコントロール
  • アクティブレーンキープ
  • 警報&お知らせ機能
アイサイトセイフティプラスの内容
  • スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)
  • ハイビームアシスト
  • サイドビューモニター

今回は、マルチファンクションディプレイにて、助手席側ドアミラーに装着されたカメラの映像を確認することができるサイドビューモニターが装備された所がポイントとなります。

またB型インプレッサでは、レヴォーグ&WRX S4 D型で採用されたアイサイトツーリングアシストの搭載はなしという結果となりました。

 

新型インプレッサ STI Sportモデル追加はなし!C型以降に期待…

B型の新型インプレッサの内容として期待されていたのがSTI Sport(スポーツ)モデルのラインナップ化です。

STI Sportと言えば、2016年のレヴォーグのC型からラインナップされた最上級グレードの名称になります。

<レヴォーグSTI Sport>

STI Sportと名称だけ聞けばSTIから発売された特別仕様車のように思えますが、実際はスバルから販売される通常のカタログモデルに含まれた最上級グレードとなります。

つまり、「レヴォーグSTI Sport」は、スバルとSTIが共同で開発を行って世に送り出した新モデルということになります。

このレヴォーグのSTI Sportがこれまた大好評で、レヴォーグSTI Sportの発売1ヶ月時点での受注台数は累計3,052台で、これはレヴォーグ全体の42%を占めたほどなのです。

今レヴォーグを買うならば、STI Sportグレードにしないともったいないというほど、他グレードと大きな差を感じさせられる上質な足回りと質感の高い走り。

そんなSTI Sportの内容と言えば、専用デザインに加え、

  • 専用チューニング ビルシュタインフロントストラット(DampMaticRⅡ、倒立式)&コイルスプリング
  • 専用チューニング ビルシュタインリヤダンパー&コイルスプリング

という専用チューニングされた足回り設定が注目ポイントであり、またスバル定番カラーの「WRブルー・パール」も用意されている点になります。

このSTI Sportグレードは今後レヴォーグ以外のスバル車にも最上級グレードという形でカタログモデル化されることが予定されています。

それゆえ、新型インプレッサには、いつこのSTI Sportグレードがラインナップされるのかと心待ちにしている人は少なくありません。

スポンサーリンク

【最新自動車特集】
モデルチェンジ情報が満載!

新車情報をまとめて一気に探せるページがこちら

東京オートサロン2017ではWRX S4のSTI Sportコンセプト登場!インプレッサは・・・

そのSTI Sportについてですが、2017年1月13日~15日に開催された東京オートサロン2017では、インプレッサ・・・ではなく、まずWRX S4のSTI Sportコンセプトが発表されました。

<WRX S4 STI Sportコンセプトモデル>

【画像出典:スバル公式サイト

WRX S4は、レヴォーグの姉妹車なのでレヴォーグの次にSTI Sportグレードがラインナップされるのは自然な流れでしょう。

WRX S4 STI Sportは、D型もしくはE型からラインナップされる可能性が考えられます。

スバルWRX2018年モデル(北米仕様)から今年のレヴォーグとS4のヒントを読み解く

では、インプレッサはというと、今回の東京オートサロンでは、STI Sportではありませんが、代わりに「インプレッサG4 STI Performance」が公開されました。

<IMPREZA G4 -STI Performance->

【画像出典:スバル公式サイト

エンジンスペックは以下の通りとなります。

形式 FB20
排気量 1,995cc
出力 (  113   kw)  or   ( 154 ps /  6,000  rpm)  ※ベース車両
トルク (    196  N・m(20 kgf・m)4000/rpm] ※ベース車両

これは、最上級グレードとなるSTI Sportとは異なって、あくまでSTI製のカスタマイズモデルとなりますが、新型インプレッサにスポーツグレードを求める人にとっては気になる存在です。

WRX S4 STI Sportコンセプトモデルの意匠を、IMPREZA G4 -STI Performance-と組み合わせたものが「インプレッサSTI Sport」になるのであれば、これは期待せずにはいられません。

残念ながらB型のインプレッサではSTI Sportモデルのラインナップは発表されず、2018年のC型以降に期待となります。

ただ東京モーターショー2017では、インプレッサSTI Sport出展の可能性も捨てきれないため、まずは、今年の東京モーターショーの出展内容を注目しておく方がよさそうです。

新型インプレッサでアイサイトツーリングアシストの搭載が焦点

2017年には、これまでアイサイトver4と見られていた、アイサイトver3に新機能が追加されたアイサイトツーリングアシストが、レヴォーグD型に投入されたことが話題となりました。

アイサイトツーリングアシストが登場!新型アイサイトver4の正体はコレだった!?

レヴォーグD型の詳細情報はこちら

アイサイトツーリングアシストが搭載されれば、実質、高速道路にて単一車線上で自動走行が可能となるため、相当運転の負担を軽減させることができます。

それゆえ、レヴォーグに続いて新型インプレッサB型への搭載が期待されていました。

残念ながら、先ほどお伝えした通り、新型インプレッサB型にはアイサイトツーリングアシストは搭載されません。

レヴォーグとS4は、新世代プラットフォームSGPを採用して全体として質感の高くなった新型インプレッサの登場によって、すっかり旧世代という印象がついてしまっていますが、2017年のマイナーチェンジでその印象を払拭することが課題となっていました。

その為には、最先端の安全快適装備である次期アイサイトを真っ先に搭載することで、旧世代の印象を払拭することができます。

そう考えると、レヴォーグとの差別化のためにも新型インプレッサにアイサイトツーリングアシストを搭載するのはC型以降になると考えても不思議ではありません。

これは完全な予想となりますが、

  • 2016年 新型インプレッサ登場でレヴォーグ・WRX S4に下克上
  • 2017年 レヴォーグ・WRX S4に次期アイサイト搭載で盛り返し
  • 2018年 新型インプレッサC型でようやく次期アイサイト搭載
  • 2019年 レヴォーグ・WRX S4がフルモデルチェンジをしてインプレッサの下克上が終了

各車、車格のバランスを保つために考えるとこういった流れになるような気がしてなりません。

正直、レヴォーグとWRX S4を求めるユーザーは、走りが重点になりますから、質感が高いとかアイサイトが最新バージョンといったことでインプレッサに流れるとは思えません。

ただ、それでもあまりにもSGPの恩恵が大きく、全体の動的質感が進化した新型インプレッサは、今後の動向次第ではスバルの各車のヒエラルキーを壊しかねませんからね。

もしも、B型で次期アイサイトとSTI Sportモデルが加わったとなると・・・、2019年までスバルの中では完全にインプレッサ1強時代になるのではないでしょうか。

もちろん、新型インプレッサの発売によって、これまでスバルに関心のなかったユーザーが多く乗り換えている状況にあるので、

  1. ここ1~2年でインプッサで他メーカーのユーザーを大きく集客して囲い込む。
  2. そのユーザー達を数年後、SGPを採用した新型レヴォーグやWRX S4等への乗り換えに興味を持ってもらう

こうすることで、数年後にはスバルユーザーが増えて、かつレヴォーグやインプレッサの各車バランスよくユーザーが散りばめることになるので、今はとにかくインプレッサを贔屓(ひいき)してユーザー数拡大の戦略をとるのもいいかもしれません。

2017年9月には、ホンダからインプレッサのライバルとなる新型シビックが発売されるので、いつまでもウカウカしていられませんし、新型インプレッサB型では次期アイサイト+STI Sportのコンボでまずは、Cセグ市場の制覇を目指した方がいいとも思えます。

新型シビック日本発売へ!タイプRを含めて発売時期は2017年9月 ハッチバック・セダン共に発売

長々と予想や希望観測などを書いてしまいましたが、果たして新型インプレッサやレヴォーグ等の2018年の動向はいかに。

新型インプレッサに関する最新情報が入れば、追ってお伝えします。

スポンサーリンク

気に入ったらシェアをお願いします!

【人気コンテンツ】2018年の新車情報の動向

スバル車の新車・次世代モデル特集