1. ホーム
  2. スバル
  3. ≫スバルの新型車・モデルチェンジ最新情報!2018年におすすめしたい注目情報も

スバルの新型車・モデルチェンジ最新情報!2018年におすすめしたい注目情報も

スバルの新型車やモデルチェンジに関する最新情報をこのページでは詳しく紹介します。

から予想情報まで含めて車種別に様々な情報を1ページにまとめています。

スポンサーリンク

【おすすめ】スバル 2018年に注目のモデルチェンジ情報

Check!2018年にスバル車に関して注目の内容は以下の通りです。

それでは、各車ごとに詳しい情報を見ていきましょう!

各車ごとにモデルチェンジの動向のポイントを解説しています。

以下の車名をクリックすると情報がスグ表示されます

※あいうえお順になっています

あ行 さ行 は行

アセント

インプレッサ

エクシーガクロスオーバー7

ジャスティ フォレスター
ら行 英数字

レヴォーグ

レガシィB4

レガシィアウトバック


BRZ

WRX S4/STI

XV

アセント

スバルの新たなフラグシップSUVとして2018年から北米にて発売!かつてのトライベッカ後継を感じさせるモデルである。

  • 新型エンジンとして水平対向4気筒DOHC 2.4リッター直噴ターボ「FA24」エンジンを搭載
  • 3列シートで最大8人まで乗車が可能
  • マツダのCX-9の対抗モデルとして期待される
  • 現在、日本発売の予定はなし

車の選択メニューに戻る△

インプレッサスポーツ&G4

現行モデルは、2016年10月25日に5代目として発売。新世代プラットフォームSGPの初搭載車であり、次世代スバルの第一弾としてデビューした。

  • 最新モデルは、2017年10月5日にB型へと年次改良され、後退時自動ブレーキシステムの追加やオプションにてサイドビューモニター機能等のある「アイサイトセイフティプラス」が設定された。
  • SGP採用によって先代から大幅に質感、乗り心地の向上が話題となった
  • 2018年のC型ではアイサイトツーリングアシストの搭載の有無が注目
  • いずれSTI Sportモデル追加も期待できる状況

車の選択メニューに戻る△

エクシーガクロスオーバー7

スバル唯一の3列シートSUVとして発売されていたものの2018年3月に販売終了の予定。2008年6月17日のデビュー時はミニバンモデルとして発売されていた。

  • H型となる2015年4月16日にミニバンからクロスオーバーSUVへ転換し、車名も「エクシーガ クロスオーバー7」へと変更された。
  • 最終モデルは2017年4月3日に年次改良されたI型モデルであり、同年4月3日には特別仕様車「X-BREAK」が発売された
  • 後継モデルの発売の見通しはない
  • 今後3列シートSUVとしては次期フォレスターやアウトバックに設定されるのかに注目
エクシーガのモデルチェンジ情報の詳細はこちら エクシーガ公式サイト

車の選択メニューに戻る△

フォレスター いよいよフルモデルチェンジへ!

現行モデルは、2012年11月13日から4代目として発売。2018年には5代目となる次期モデルが登場する見通しである。

  • 最新モデルは、2017年4月3日に一部改良されたアプライドE型モデル。
  • 2017年7月25日には、特別仕様車「Smart Edition」を追加販売
  • 次期モデルのコンセプトと見られる「VIZIV FUTURE CONCEPT」が東京モーターショー2015にて公開されている
  • 次期フォレスターは2018年に発表&発売の見通し
  • アセントが日本で発売されないことから、次期フォレスターにて3列シートモデル追加が期待されている

車の選択メニューに戻る△

ジャスティ

ダイハツ工業のトールワゴン車「トール」のOEMモデルとして2016年11月21日に発売。スバル車でジャスティの名が日本で使用されたのは約22年ぶり。

  • ダイハツのトール以外に、トヨタのルーミー・タンクとは兄弟車となる
  • OEM車の為、安全装備はアイサイトではなくスマートアシストIIを標準装備
  • 次のマイナーチェンジではスマートアシストⅢ搭載が予想できる

車の選択メニューに戻る△

レヴォーグ 次期モデルに注目

「SUBARU 25年目のフルモデルチェンジ」というキャッチフレーズの元、2014年6月20日に発売された新世代スポーツツアラー。レガシィツーリングワゴンの実質後継モデルである。

  • 最新モデルは、2017年8月7日にビッグマイナーチェンジしたD型モデル
  • D型モデルではアイサイトツーリングアシストが搭載され話題となった
  • 2代目となる次期モデルの登場は2019年の見通し
  • 次期レヴォーグでは新型ターボエンジン搭載が有力

車の選択メニューに戻る△

レガシィB4

現行モデルは、10月24日に6代目として発売。スバルのフラグシップモデルのセダンである。

  • 最新モデルは、2017年10月5日にビッグマイナーチェンジしたD型モデル
  • D型モデルでは内外装のデザイン等の大きな改良はされたもののアイサイトツーリングアシストの搭載が見送られた
  • 2018年発売のE型でアイサイトツーリングアシスト搭載の有無に注目
  • 次期モデルへのフルモデルチェンジは2020年頃が有力

車の選択メニューに戻る△

レガシィアウトバック

現行モデルは、10月24日に日本仕様としては3代目(北米では5代目)としてデビュー。日本国内ではスバルのフラグシップとなるクロスオーバーSUVである。

  • 最新モデルは、2017年10月5日にビッグマイナーチェンジしたD型モデル
  • D型モデルでは内外装のデザイン等の大きな改良はされたもののアイサイトツーリングアシストの搭載が見送られた
  • 2018年に新型SUVのアセントが発売されるため、北米市場ではフラグシップSUVの座をアセントに譲ることとなる。
  • 次期モデルの発売時期は2020年頃が有力
  • アセントが日本で発売されないことから、次期アウトバックにて3列シートモデル追加となるかに注目

車の選択メニューに戻る△

BRZ

トヨタ自動車と共同開発をして2012年3月28日に発売されたFRのコンパクトスポーツカー。トヨタ86とは兄弟車種となる。

  • 最新モデルは、2017年10月5日に一部改良
  • 2017年10月25日には最上級グレードとなる「STI Sport」を追加販売
  • 2代目となる次期モデルもトヨタと共同開発になる見通し
  • 東京モーターショー2017では兄弟車86の次期モデルを彷彿させるコンセプトカー「GR HV SPORTS concept」が発表

車の選択メニューに戻る△

WRX S4/STI マイナーチェンジで新型アイサイト搭載

インプレッサから独立し、2014年8月25日に新型スポーツセダンとして発売。トランスミッションにCVTを採用したモデルの「S4」と6速マニュアル採用の「STI」の2つのモデルが存在する。

  • S4の最新モデルは、2017年8月7日にD型へマイナーチェンジしてアイサイトツーリングアシスト搭載が話題となった。
  • STIの最新モデルは、2017年6月20日に大幅改良
  • 次期WRXは2019年に登場する見通し
  • 次期WRXと見られるコンセプトカー「SUBARU VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」が東京モーターショー2017にて公開
  • 次期モデルのパワートレインには1.8Lの新型ターボエンジン搭載の可能性

車の選択メニューに戻る△

XV

現行モデルは、2017年5月24日に3代目として発売。スバルのSUVとして初めて新世代プラットフォームのSGPが採用された車種である。

  • 5代目インプレッサ同様にデザインには「DYNAMIC × SOLID」を採用
  • キャッチフレーズは「好奇心を忘れない大人たちへ。」
  • B型となる2018年の年次改良にてアイサイトツーリングアシストが搭載されるどうかに注目
  • 2018年以降にPHV(プラグインハイブリッド)モデル追加の可能性も
XVのモデルチェンジ情報の詳細はこちら XV公式サイト

車の選択メニューに戻る△

画像出典:スバル

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

気に入ったらシェアをお願いします!

【人気コンテンツ】2018年の新車情報の動向

スバル車の新車・次世代モデル特集