トヨタ 新型プリウス 最新情報!マイナーチェンジする2018年モデルの変更点を予想

トヨタのプリウスのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事では記載します。

現行の4代目プリウスは、2018年12月に外観デザインや先進装備等が変更された新型モデルが発売される見通しです。

そんなプリウスのマイナーチェンジ最新情報と予想できる変更点をお伝えします。

トヨタ新型プリウスの最新情報を要約!2018年マイナーチェンジの変更点

新型プリウスのポイント

  • 外観デザインをプリウスPHVに近づけた内容へ変更が有力
  • パワートレインにTNGAテクノロジーを活用の見通し
  • 第2世代トヨタセーフティセンスで先進機能大幅向上が有力
  • プリウスGRのラインナップの可能性浮上
  • 発売日は2018年12月17日が有力

トヨタの新車発売予想スケジュールはこちら

トヨタ新型プリウスの外装・外観(エクステリア)デザイン

2018年にマイナーチェンジするトヨタ新型プリウスは、外装(エクステリア)デザインにテコ入れされる見通しです。

実は、現行型プリウスが先代よりも人気が今一つな理由として、外観デザインが原因という声もあります。

そこで、新型プリウスがマイナーチェンジで変更されるポイントとしては、

  • フロントバンパーの形状を変更
  • Bi-Beam LEDヘッドライトを3連LEDヘッドライト形状へ変更
  • LEDフォグランプ周辺のデザイン見直し
  • リアのテールライト(コンビランプ)の形状をプリウスPHVに似た横形状へ変更

といった内容が有力となっています。

その他には、ハリアーアルファード・ヴェルファイア等に採用されている流れるウインカーこと「LEDシーケンシャルターンランプ」の採用やボディカラーの新色追加も予想できます。

マイチェン後もPHVとは差別化したスタイルになる可能性

トヨタ プリウスPHV

マイチェン後の新型プリウスは、外観デザインがかっこいいと評判の2代目プリウスPHVのスタイルに近づくと見られますが、大きく近づくわけではないと見られています。

その理由として、2代目プリウスPHVの外観デザインは、先代がノーマルプリウスとデザインの差別化ができなかったという反省に基づいて今のデザインになっているからです。

その為、マイナーチェンジ後の新型プリウスも、2代目プリウスPHVの外観デザインと差別化が意識されたデザインになる見通しです。

新型プリウスPHVの詳細情報はこちら

トヨタ新型プリウスのボディサイズ

トヨタ新型プリウスのボディサイズは、マイナーチェンジ後も現在と同じ

  • 全長4,540mm
  • 全幅1,760mm
  • 全高1,470mm

となる見通しです。

トヨタ新型プリウスの内装(インテリア)デザイン

トヨタ新型プリウスの内装(インテリア)デザインは、現行デザインの質感向上や、新たなカラーバリエーションの追加が予想されます。

また、今や当たり前となりつつあるオートホールド機能付きの電動パーキングブレーキは、C-HRカローラハッチバック(新型オーリス)等に採用されているということもあり、今回のマイナーチェンジで搭載される可能性が高いです。

また、2017年の一部改良時にオプション設定された「11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステム」の標準装備化や、カローラハッチバックで採用されるコネクティッド技術採用の可能性も考えられます。

カローラハッチバック(新型オーリス)のフルモデルチェンジ最新情報

トヨタ新型プリウスのプラットフォーム TNGA

トヨタ新型プリウスのプラットフォームには、TNGAテクノロジーを活かしたGA-Cプラットフォームが採用されています。

TNGAがプリウスにもたらした5つのうれしさとは?

トヨタ新型プリウスのパワートレイン

トヨタ新型プリウスのパワートレインは、マイナーチェンジによって現在の直列4気筒DOHC 1.8リッターエンジン「2ZR-FXE」にTNGAの技術を活用した内容になる見通しです。

新型プリウスに搭載されている「2ZR-FXE」は、最大熱効率40%を実現したエンジンとしてデビュー当初アピールされました。

また、今回、燃料噴射装置に関しては、D-4Sが活用される可能性が有力となっています。

トヨタ新型プリウスのエンジンスペック(予想)

  • エンジン最高出力:72kW(98PS)/5,200r.p.m.
  • エンジン最大トルク:142N・m(14.5kgf・m)/3,600r.p.m.
  • フロントモーター最高出力:53kW(72PS)
  • フロントモーター最大トルク:163N・m(16.6kgf・m)
  • リアモーター最高出力:5.3kW(7.2PS)
  • リアモーター最大トルク:55N・m(5.6kgf・m)
  • トランスミッション:CVT(電気式無段変速機)
  • 駆動方式:FF 、4WD

トヨタ新型プリウスの燃費性能

トヨタ新型プリウスの燃費性能に関しては、パワートレインにTNGAテクノロジーを活用されることで若干の向上が予想されます。

現在JC08モードにて37.2km/L~40.8km/Lとなっている燃費性能をどこまで向上させることができるのかに注目です。

トヨタ新型プリウスGRスポーツ

2018年のマイナーチェンジを機に新型プリウスにもGRモデルがラインナップされる可能性が取りざたされています。

モデルとしてはGRスポーツではなく、GRになる可能性が有力視されており、実現すれば、2リッターのダイナミックフォースエンジンとTHSⅡを組み合わせたシステムになる可能性もあるのだとか。

GRの詳しい情報はこちらにて

トヨタ新型プリウスの先進安全装備 第2世代トヨタセーフティセンス

先進、安全装備の情報

トヨタ新型プリウスの先進安全装備には、第2世代トヨタセーフティセンスの搭載が有力。

現行型には予防安全パッケージとしてトヨタセーフティセンスPが搭載されていましたが、アルファード/ヴェルファイア同様にマイナーチェンジを機に第2世代へと切り替わる可能性が高いです。

第2世代トヨタセーフティセンスのポイントは次の通りです。

  • 自動ブレーキが夜間歩行者・自転車検知に対応
  • レーダークルーズコントロールが全車速対応
  • レーントレーシングアシスト搭載により、高速走行中に車線からはみ出さずに車線中央を走るようにサポート
  • アイサイトツーリングアシストやプロパイロットクラスの装備が搭載されることを意味する
  • 道路標識の認識も可能に

さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

第2世代トヨタセーフティセンスの詳細情報はこちら

トヨタ新型プリウスのマイナーチェンジ後の価格・値段予想

トヨタ新型プリウスのマイナーチェンジ後の販売価格は、先進装備の拡充などにより若干の値上げで250~260万円程度からの金額スタートと予想します。

後で紹介しますが、プリウスのライバルとなるインサイトが復活するため、価格設定については、戦略的なものとなる可能性が考えられます。

トヨタ新型プリウスの発売時期(発売日)はいつ頃?

トヨタ新型プリウスの発売日は、2018年12月17日が有力となっています。

その他、トヨタの新車発売予想スケジュールはこちら

トヨタ新型プリウスのライバル車 インサイトが帰ってくる!

ホンダ新型インサイト

プリウスがマイナーチェンジする2018年冬には、あのホンダのインサイトも復活する予定となっています。

プレミアムコンパクトセダンとして新発売するインサイトは、プリウスの強力なライバルとなるでしょう。

新型インサイトの最新情報はこちら

プリウスのマイナーチェンジに関する最新情報が入ればまた更新致します。

トヨタのモデルチェンジ・新車発売予想スケジュールはこちら