新型プリウス最新情報!マイナーチェンジは2018年12月17日!変更点と予想内容

プリウスのマイナーチェンジ情報

トヨタのプリウスのマイナーチェンジに関する最新情報を本記事では記載します。

50系となる4代目プリウスの新型モデルの発表と発売日は2018年12月17日で、変更点は外観デザインや先進装備等になる見通しです。

そんなプリウスのマイナーチェンジ最新情報(予想内容含)をお伝えします。

トヨタ新型プリウスの最新情報!2018年マイナーチェンジの変更点

50系新型プリウスの2019年モデルがロサンゼルスモーターショー2018にて公開

新型プリウス2019年モデル

新型プリウス2019年モデルのティザー画像

トヨタは、マイナーチェンジした2019年モデルをロサンゼルスモーターショー2018(LAオートショー)にて公開されました。

LAオートショーの開催期間

  • プレスデー:11月28日(水)~29日(木)
  • 一般公開日は11月30日(金)~12月9日(日)

新型プリウス マイナーチェンジ後の外観(エクステリア)デザイン情報

マイナーチェンジした新型プリウスの外観

マイナーチェンジした新型プリウス(北米仕様)

2018年にマイナーチェンジするトヨタ新型プリウスは、外装(エクステリア)デザインにテコ入れされることとなります

実は、現行型プリウスが先代よりも人気が今一つな理由として、外観デザインが原因という声もあります。

新型プリウスのマイナーチェンジ後で変更点としては、以下のポイントがあります。

ポイント

  • フロントバンパーの形状を変更
  • Bi-Beam LEDヘッドライトの形状へ変更
  • LEDフォグランプ周辺のデザイン見直し
  • リアのテールランプ(コンビランプ)の形状をプリウスPHVに似た横形状へ変更
  • ホイールのキャップ変更
マイナーチェンジした新型プリウス

マイナーチェンジ後のリヤ

ボディカラーの新色追加も予想できます。

マイチェン後もPHVとは差別化したスタイルになる

トヨタ プリウスPHV

プリウスPHV

マイチェン後の新型プリウスは、外観デザインがかっこいいと評判の2代目プリウスPHVのスタイルに大きく近づくわけではなく引き続き差別化されています。

それが考えられる理由2代目プリウスPHVの外観デザインは、先代がノーマルプリウスとデザインの差別化ができなかったという反省に基づいて今のデザインになっている。

今回ノーマルプリウスをPHVと同じにすると先代の二の舞となる可能性があるから。

その為、マイナーチェンジ後の新型プリウスも、2代目プリウスPHVの外観デザインと差別化が意識されたデザインになっています。

マイナーチェンジ前後のデザイン比較

フロント

マイナーチェンジ前のプリウス

マイナーチェンジ前

マイナーチェンジ後のプリウス

マイナーチェンジ後

サイド

マイナーチェンジ前のプリウス

マイナーチェンジ前

マイナーチェンジ後の新型プリウス

マイナーチェンジ後

リア

マイナーチェンジ前のプリウス

マイナーチェンジ前

マイナーチェンジ後の新型プリウス

マイナーチェンジ後

今回のマイナーチェンジ後に大きく変わったのはリアデザイン。

フロントに関しては歌舞伎風やピエロっぽいと評価されていた改良前の印象に対して、先代プリウスの印象に近づいた落ち着いたデザインとなっている。

新型プリウス マイナーチェンジ後のボディサイズ

新型プリウス

トヨタ新型プリウスのボディサイズは、マイナーチェンジ後も現在と同じ以下のサイズとなる見通しです。

プリウスのボディサイズ

  • 全長4,540mm
  • 全幅1,760mm
  • 全高1,470mm

新型プリウス マイナーチェンジ後の内装(インテリア)デザイン

マイナーチェンジした新型プリウスの内装

マイナーチェンジ後のインテリア(北米仕様)

トヨタ新型プリウスの内装(インテリア)デザインは、現行デザインの質感向上等が行われます。

マイナーチェンジ後の変更点として有力なのは以下の内容です。

内装変更ポイント

  • センターコンソールやシフトパネルのカラーがホワイトからブラックへ
  • シート表皮の見直し
  • 上級グレードにシートベンチレーション機能追加
  • ワイヤレス充電のスペース拡大

また、オートホールド機能付きの電動パーキングブレーキが、今回のマイナーチェンジでは搭載見送りとなる可能性あり

また、2017年の一部改良時にオプション設定された「11.6インチのT-Connect SDナビゲーションシステム」や「T-Connect SDナビゲーションシステム」の上級グレードへの標準装備化の可能性も。

コネクティッド機能も充実へ

LINEを使って車とコミュニケーションを図る等、カローラスポーツで採用されたコネクティッド技術がマイナーチェンジ後のプリウスにも採用される見通しです。

また、DCM(専用通信機)も全グレードで標準装備

トヨタ新型プリウスのプラットフォーム TNGA

トヨタ新型プリウスのプラットフォームには、TNGAテクノロジーを活かしたGA-Cプラットフォームが採用されています。

新型プリウスの動画

マイナーチェンジした新型プリウス(北米仕様)のオススメ動画を紹介します。

新型プリウス マイナーチェンジ後のパワートレイン情報。ハイブリッド改良へ

トヨタ新型プリウスのパワートレインは、マイナーチェンジによって現在の直列4気筒DOHC 1.8リッターエンジン「2ZR-FXE」にTNGAの技術を活用した内容になる見通しです。

新型プリウスに搭載されている「2ZR-FXE」は、最大熱効率40%を実現したエンジンとしてデビュー当初アピールされました。

さらに、今回、燃料噴射装置に関しては、D-4Sが活用される可能性が有力となっています。

また、Sグレード(2WDモデル)に関してはニッケル水素からリチウムイオンへと駆動用バッテリーが変更される見通し

新型プリウスのエンジンスペック(予想)

  • エンジン最高出力:72kW(98PS)/5,200r.p.m.
  • エンジン最大トルク:142N・m(14.5kgf・m)/3,600r.p.m.
  • フロントモーター最高出力:53kW(72PS)
  • フロントモーター最大トルク:163N・m(16.6kgf・m)
  • リアモーター最高出力:5.3kW(7.2PS)
  • リアモーター最大トルク:55N・m(5.6kgf・m)
  • トランスミッション:CVT(電気式無段変速機)
  • 駆動方式:FF 、4WD

新型プリウス マイナーチェンジ後の燃費性能

トヨタ新型プリウスの燃費性能に関しては、現在JC08モードにて37.2km/L~40.8km/Lとなっている燃費性能ですが、車重増加の影響でEグレードのカタログ燃費は39.0km/L程度になる可能性があります。

新型プリウス マイナーチェンジ後の先進安全装備 第2世代トヨタセーフティセンスはなし?

先進、安全装備の情報

トヨタ新型プリウスの先進安全装備には、トヨタセーフティセンスが全グレードに標準装備となる見通しです。

さらに、リヤクロストラフィック アラート(RCTA)もオプションで採用される見通し。

注目は、現行型には予防安全パッケージとしてトヨタセーフティセンスPが搭載されていましたが、アルファード/ヴェルファイア同様にマイナーチェンジを機に第2世代へと切り替わるのかどうか。

第2世代トヨタセーフティセンスのポイントは次の通りです。

第2世代トヨタセーフティセンスのポイント

  • 自動ブレーキが夜間歩行者・自転車検知に対応
  • レーダークルーズコントロールが全車速対応
  • レーントレーシングアシスト搭載により、高速走行中に車線からはみ出さずに車線中央を走るようにサポート
  • アイサイトツーリングアシストやプロパイロットクラスの装備が搭載されることを意味する
  • 道路標識の認識も可能に

さらに詳しい情報はこちらをご覧ください。

現時点では、マイナーチェンジ後のプリウスの先進装備には以下のいずれかの可能性が有力です。

内容

  • MIRAIの改良内容と同様のLTAのない第2世代トヨタセーフティセンス
  • トヨタセーフティセンスPを維持

トヨタ新型プリウスGRスポーツ

2018年のマイナーチェンジを機に新型プリウスにもGRモデルがラインナップされる可能性が取りざたされています。

モデルとしてはGRスポーツではなく、GRになる可能性が有力視されており、実現すれば、2リッターのダイナミックフォースエンジンとTHSⅡを組み合わせたシステムになる可能性も。

新型プリウスのマイナーチェンジ後の価格・値段予想

トヨタ新型プリウスのマイナーチェンジ後の販売価格は、先進装備の拡充などにより若干の値上げで250~260万円程度からの金額スタートと予想します。

後で紹介しますが、プリウスのライバルとなるインサイトが復活するため、価格設定については、戦略的なものとなる可能性が考えられます。

新型プリウス マイナーチェンジの発表と発売日は2018年12月17日

トヨタ新型プリウスの発売日は、2018年12月17日が有力となっています。

その他、トヨタの新車発売予想スケジュールはこちら

トヨタ新型プリウスのライバル車 インサイトが帰ってくる!

ホンダ新型インサイト

新型インサイト

プリウスがマイナーチェンジする2018年冬には、あのホンダのインサイトも復活します。

プレミアムコンパクトセダンとして新発売するインサイトは、プリウスの強力なライバルとなるでしょう。

トヨタの主力車種はカローラへシフトか

新型カローラセダン(画像は欧州モデル)

新型カローラセダン(画像は欧州モデル)

新型プリウスの変更点と新型カローラシリーズの先進装備等の内容を見比べると、今後トヨタは「カローラ」を主力車種として力を入れていくように見えます。

新世代カローラシリーズは、2018年にハッチバックの「カローラスポーツ」、2019年にセダンとワゴンの次期カローラアクシオ&フィールダーが発売される予定です。

プリウスのマイナーチェンジに関する最新情報が入ればまた更新致します。

トヨタのモデルチェンジ予想スケジュールはこちら

14 Comments

藤原

デザインがそこまで大きなイメチェンをしないのは、やはりプリウスPHVとの差別化を考えてのことだろうね。

それに現行プリウスは、デザインに関して賛否両論色々言われてるけど、なんだかんだ言ってそれなりに売れてるよね。

自販連の10月データだと普通乗用車で4位になってるわけだし。

それに、ユニークなデザインのシエンタがかなり売れていることを考えると、デザインの要素は余程のひどいレベルじゃない限り影響は少ないのかなと思ったり。

返信する
けんと

プリウスPHV風の顔になるって話だけど、実際PHV風になるのはリアのデザインだけなのかなと、某雑誌の予想CGを見て思いました。

プリウスPHVのまんまのフロントマスクにしてくれたらカッコ良くていいのにな。

まああくまで見たのは予想CGなので、正式なマイチェンの発表に期待します。

返信する
匿名

気になるのは、第2世代トヨタセーフティセンスのLTAが搭載されるのかどうかという所。
先日のMIRAIのマイナーチェンジでは、LTAが採用されていなかったので心配しています。
第2世代トヨタセーフティセンスでもLTA有りバージョンと無しバージョンで車種ごとに分かれていくのかな。

返信する
ロビー

LTAはカローラスポーツに搭載されたのでさすがにプリウスにつかなければ疑問を感じますよね。

電動パーキングブレーキもつくみたいですしLTA採用されると信じてます。

返信する
宮本

来年カローラアクシオとフィールダーの新型が出て、カローラスポーツと合わせて「カローラ」で販売台数1位を目指しているように思えます。
そのためにはあえて新型プリウスにLTAを採用せずに差別化。そしてプリウス層のユーザーを新世代カローラに持ってくる。こんな戦略も有り得そうな気がします。ただの私の妄想ですが。
プリウスを大胆に改良して販売台数1位にするよりもカローラシリーズを1位にさせて日本でもカローラ人気を高めることがトヨタにとって今重要視されていることと予想してます。

返信する
ポップ

何気に「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」が「インテリジェントパーキングアシスト2」に変更されないかと期待しているのだけど、そんな人は私以外にいるのかな?

返信する
むー

今のプリウスのサイドビューとかリアの見た目ってスポーツカーみたいで案外好き。

これでフロントマスクをカムリWSグレードのデザインにしてくれると言う事ないんだけどなぁ

そうなりゃミニカムリみたいになって魅力じゃない?

返信する
匿名

今日発表されたカローラの新型セダン。
あれが日本で発売されたら、プリウスの良い競合車になりそう。

返信する
匿名

同じ時期にホンダからインサイトの新型が出るのか。

デザインはインサイトの方がかっこいいかも。けど、値段やボディサイズをみるとプリウス対抗ではなさそう。

ガチガチに対決してたプリウスVSインサイトの頃が懐かしい。今ってああいう露骨な戦い合いってあまりないですよね。

返信する
匿名

もはやこれまでのハイブリッドで燃費が良い先進車ってコンセプトだけでは限界なのかもね

今回のマイナーチェンジでそれを感じる

先進装備がカロスポ未満という点から見ても、プリウスの役割が変わるタイミングなのかなと

返信する
匿名

5代目プリウス(60系)の発売はあるのだろうか。次のフルモデルチェンジでPHVと統合して一本化される気がしてならない。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。