トヨタ ヴィッツ 新型 最新情報!フルモデルチェンジの時期は2020年が有力。予想されるヤリスへの名称変更

トヨタ新型ヴィッツ

トヨタの人気コンパクトカーのヴィッツのフルモデルチェンジに関する最新情報を本記事ではお伝えします。

全面改良が行われる次期ヴィッツは、TNGA世代へと移行し、名称が海外仕様のヤリスへと統合される可能性も取りざたされています。

そんな新型ヴィッツのフルモデルチェンジに関する最新情報と変更点の予想内容をご覧ください。

トヨタ次期ヴィッツの最新情報!フルモデルチェンジ情報の要約

トヨタ ヴィッツ

  • 名称がヤリスへと変更されて、世界統一名称になる可能性
  • コンパクトカー向けのTNGAプラットフォーム採用
  • パワートレインには3気筒エンジンを搭載の可能性
  • 発売時期は東京オリンピックが行われる頃が有力

トヨタ新型ヴィッツの名称はヤリスへ変更!?グローバルネームへ統一か

ヴィッツは、フルモデルチェンジ後の名称としてヤリスへと変更される可能性が有力視されています。

そもそもヴィッツは、日本以外の国ではヤリスの名称で販売されているという事情があります。

他にもアクアは、プリウスCという名称で発売されているなど、日本独自のネームが与えられているケースは少なくありません。

しかしながらヴィッツは、次期モデルにて海外仕様の名称ヤリスへと統合する可能性が取りざたされているのです。

トヨタ新型ヴィッツの外観・外装(エクステリア)デザイン予想

トヨタ新型ヴィッツの外観(エクステリア)デザインとして参考になるのが、カローラハッチバック。

画像はカローラハッチバック

カローラハッチバック

新世代のデザインが採用されたオーリス後継のカローラハッチバックのように低重心でアグレッシブなフロントフェイスが採用されると予想。

アンダープライオリティのデザインを次期ヴィッツオリジナルのデザインが採用されると予想します。

トヨタ新型ヴィッツのボディサイズ

トヨタ新型ヴィッツは、日本仕様と海外仕様とでボディサイズが変わる可能性が取りざたされています。

日本仕様の新型ヴィッツは、これまで通りの5ナンバーサイズを維持するものの、海外仕様では全幅1700mm超えの3ナンバーになる可能性も。

トヨタ新型ヴィッツの内装(インテリア)デザイン予想

トヨタ新型ヴィッツの内装(インテリア)デザインを予想すると以下のようなデザインです。

フルモデルチェンジしたカローラハッチバック(新型オーリス) の内装

これは、外観デザインの所でも紹介させていただいたカローラハッチバックの内装となります。

新型RAV4もこれに似たデザインが採用されることから、今後のトヨタの新型車の内装は、こういったデザインが採用されていくことが予想できます。

トヨタ新型RAV4の内装

新型RAV4の内装

このような

  • タッチスクリーン式のナビゲーションモニターをセンターコンソール上部分に装備
  • スタイリッシュなダッシュボードデザイン
  • シンプルながらも質感の高さを感じるデザイン

が次期ヴィッツの内装デザインにも採用される可能性が考えられます。

トヨタ新型ヴィッツ プラットフォームにTNGA Bプラットフォーム採用へ

TNGA

トヨタ新型ヴィッツのプラットフォームには、TNGAに基づいたBプラットフォームが採用される見通しです。

TNGAのポイントは以下の通り

  • アルミ材と超高張力鋼板について使用を拡大
  • 構造接着剤を最適に使用
  • ねじり剛性を現行比60%向上(スポット溶接の打点追加等による)
  • ボディ剛性の強化
  • 低重心化

この新世代のコンパクトカー向けのGA-Bプラットフォームを次期ヴィッツに採用することで、安定した快適な走りを実現することが期待できます。

トヨタ新型ヴィッツのパワートレイン・エンジン情報

トヨタ新型ヴィッツのパワートレインに搭載されるエンジンは、

  • 1Lエンジン
  • 1.3Lエンジン
  • 1.5Lエンジン

の3タイプのラインナップが有力。

現行ヴィッツの1.3Lと1.5Lには直列4気筒エンジンが採用されていますが、次期ヴィッツは直列3気筒となる可能性あり。

その直列3気筒の1.5Lエンジンには、TNGAテクノロジーを活用したダイナミックフォースエンジン搭載が有力となっています。

1.5L版ダイナミックフォースエンジンは、1500ccながらも2000cc並みののパワーが出る性能を持つと見られています。

ソースはコチラ

トランスミッションに関しては新開発のダイレクトシフトCVT採用が有力。

ハイブリッド仕様

次期ヴィッツにもハイブリッド(HV)仕様がラインナップされる見通しであり、現行型同様の1.5Lエンジンが活用される見通しです。

最新式のTHS2と1.5リッターエンジンを組み合わせたモデルとなることが予想できます。

4WDターボ搭載の噂

次期ヴィッツの名称としてヤリスになる可能性が有力となっていますが、ヤリスと言えば、競技専用車(ワールドラリーカー)となるヤリスWRCが 2017年より世界ラリー選手権 (WRC) に参戦しています。

それゆえ新型ヴィッツ(ヤリス)には、直列3気筒1.6リッターエンジンの4WDターボモデルラインナップの噂が一部で存在しています。

トヨタ新型ヴィッツの燃費性能を予想

トヨタ新型ヴィッツの燃費性能に関しては、ハイブリッドモデルでプリウスの40.8km/Lに近い性能を目指すと思われます。

よって、次期ヴィッツハイブリッドの燃費性能は40.0km/L前後と予想します。

トヨタ新型ヴィッツの先進安全装備(第2世代トヨタセーフティセンス)

先進、安全装備の情報

トヨタ新型ヴィッツの先進安全装備には、第2世代トヨタセーフティセンスが採用される可能性が高いです。

第2世代トヨタセーフティセンスと言えば以下の内容がポイントとなります。

  • 自動ブレーキが夜間歩行者・自転車検知に対応
  • 全車速対応のレーダークルーズコントロール
  • 高速走行中に車線からはみ出さずに車線中央を走るようにサポートするレーントレーシングアシスト機能
  • 道路標識を認識してディスプレイ表示

第2世代トヨタセーフティセンスの詳細情報はこちら

トヨタ新型ヴィッツの価格・値段予想

トヨタ新型ヴィッツの販売価格については、約120万円スタートと予想。

現行ヴィッツは、118万1,520円スタートとなっていますが、次期型もお手軽に変えるコンパクトカーとして、装備を簡素化したベーシックモデルがラインナップされると予想します。

トヨタ新型ヴィッツの発売時期(発売日)はいつ?

トヨタ新型ヴィッツがフルモデルチェンジする発売時期は現在2020年頃が有力となっています。

これは、2010年12月に3代目の現行型ヴィッツが登場してから約9年以上経ってのモデルチェンジとなります。

人気のコンパクトカーにも関わらず、ここまでモデルチェンジに時間がかかっているのは、トヨタの新設計思想であるTNGAプラットフォームのコンパクトカー仕様の完成に合わせるためと思われます。

【次のページ】新型ヴィッツはアクアとどう差別していくのか