日産 新型ノートe-POWER モデルチェンジでハイブリッド搭載!2016年11月2日発売

日産のコンパクトカーのノートが2016年11月2日にモデルチェンジをして「e-POWER」と呼ばれるEV技術を活かした新ハイブリッドシステムを搭載したモデルを発売しました。

モデルチェンジといってもビッグマイナーチェンジなのですが、新型ノートのハイブリッドモデル「ノートe-POWER」の燃費性能はトヨタのアクアをわずかに上回る性能となっています。

今回は、新型ノートe-POWERの価格やスペックの詳細を含めて、今回は新型ノートのビッグマイナーチェンジに関する最新情報をお話します。

スポンサーリンク

日産新型ノートが2016年11月のモデルチェンジでハイブリッドモデルe-POWER追加!

ノート言えば、コンパクトハッチバックの乗用車として多くのユーザーから支持されている日産の主要なグローバルカーとなっています。

※新型ノートe-POWERの情報を先に読みたい場合はこちらをクリック

その日産ノートの初代モデル(E11型)に関しては、「マーチ」と「ティーダ」の間を埋める新型Bセグメント コンパクトカーとして2005年1月に日本でデビューをしました。

<日産 初代ノート>

%e6%97%a5%e7%94%a3%e5%88%9d%e4%bb%a3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

日産とルノーが初めて共同で開発したBセグメント向けのFF車用プラットフォームを採用し、世界戦略車として市場へ投入。

十分な室内空間を持つにもかかわらず、小回りが利き、カジュアルなデザインもウケて、ファミリーカーのエントリーモデルとしてもノートの人気は高まりました。

そして2012年にフルモデルチェンジをして、当時、室内の広さや上質感という売りのあったティーダと実質統合する形で現行型となる2代目ノート(E12型)が発売されました。

<2代目ノート初期モデル>

nissan-note

ティーダと統合が図られたことで、これまで以上に幅広いユーザーをターゲットとすることとなり、上質感向上も踏まえ、かつてローレルにあった「メダリスト」が上級グレードとしてラインナップされることになりました。

<上級グレードとして新設定されたノート メダリスト>

%e6%97%a5%e7%94%a3%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%80%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88

現在は、若年層やファミリー層だけでなく、高齢層のユーザーも多く購入する人気車種となっています。

しかしながら、ライバルのトヨタのアクアやホンダのフィットに比べるとどうも今一つな部分は否めません。

なぜかというと、アクアとフィットが最も売りとしているハイブリッドモデルがノートにはラインナップされていないからです。

日本ではエコカーの需要が高く、ハイブリッド車の他にも、マツダが主なディーゼルエンジン、そして最近はダウンサイジングターボエンジン搭載車も増えてきました。

そんな状況の中、日産は今回、今まで力を入れていたEVの技術を駆使して本気でハイブリッド搭載のノートを投入し、打倒アクア、フィットを目指すことになります。

では、モデルチェンジ(マイナーチェンジ)する新型ノートの内容を見ていきましょう。

2016年11月2日に日産が新型ノートの記者会見

日産は、2016年11月2日に「新型日産ノート e-POWER」の発表記者会見を行いました。

その様子は、以下の動画で確認することができます。

新型ノートe-POWER誕生!「e-POWER」とは?

%e6%97%a5%e7%94%a3%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

【画像は新型ノート】

新型ノートが今回のモデルチェンジで搭載されるハイブリッドは、ハイブリッドと言ってもエクストレイルで搭載されているようなストロングハイブリッドシステムではありません。

電気自動車(EV)技術を活かした「e-POWER」と呼ばれる新システムになります。

このe-POWERは、ホンダのアコードハイブリッドに採用されているシリーズ・ハイブリッドシステムと呼ばれるシステムと同様の仕組みとなっています。

<シリーズハイブリッドシステム>

エンジンで充電しモーターで車輪を駆動

シリーズハイブリッドは、エンジン動力で発電した電力を使って、モーターで車輪を駆動するハイブリッド方式です。

基本的な構造は、モーター・エンジン・発電機・バッテリー・インバーターからなる構成です。小出力のエンジンを準定常的に運転して発電機を回し、モーターまで直列の関係で伝わっていくことから、“シリーズ・ハイブリッド”と呼ばれています。

TOYOTAテクノロジーファイルより】

元々、日産e-POWERに関しては、フランクフルトモーターショー2015で公開されたクロスオーバーのコンセプトカーの「Nissan Gripz Concept」に搭載されている内容として紹介されていました。

「ニッサン グリップス コンセプト」は、クロスオーバー、SUV、そしてスポーツカーの分野で培った英知を結集し、電気でモーターを駆動する最新のパワートレインを搭載することで、次世代に向けた最新のコンセプトへとチューンアップしました。

同車のパワートレインは、電気自動車(EV)の技術をベースにしたシリーズ・ハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載しています。

同システムの大容量モーターは日産リーフと同じものを採用しており、最高出力80kW、最大トルク254Nmを実現しています。駆動に必要な電気はガソリンエンジンで発電します。「Pure Drive e-Power」には、日産が長年のEV開発の中で培った様々な制御技術が統合されており、このシステムにより、圧倒的な静粛性と優れた燃費効率、そして、スムーズで素早いリニアな加速が可能になります。

日産のニュースリリースより】

この当時は、「シリーズ・ハイブリッドEVシステム」という名称が名づけられていたはものの、今回市販化に至っては、シリーズハイブリッドの文言は使用されておらず、「電気自動車のまったく新しいかたち」というキャッチフレーズの元登場することとなりました。

e-power

つまり日産は、e-POWERをハイブリッドではなく電気自動車として位置づけていることとなります。

では、シリーズハイブリッドが採用されているホンダのアコードハイブリッドとe-POWERはどう違うのかという所ですが、アコードの場合は、70km/h以上の高速領域になるとエンジンで駆動させるようになりますが、e-POWERは高速領域とか関係なくどの速度でもモーターのみで駆動するという所です。

すなわちe-POWERは、常にモーターで駆動する仕組みであり、エンジンはそのモーターを動かす為の発電専用の役割になるということです。

ガソリンエンジンはバッテリーの発電のみを行い、走行時にはそのバッテリーに充電された電気を利用する。

これがe-POWERの特徴となります。

ちなみに、レンジエクステンダーEVと呼ぶ人もいますが、外部充電ができないのでe-POWERはレンジエクステンダーEVではありません。

e-POWERは、実質ピュアなシリーズハイブリッドではありますが、レンジエクステンダーEVとは異なる日産の新エコシステムというのが正しい表現と言えます。

e-POWERは、小型バッテリーを使用することで、プラグインハイブリッド車よりもコストを抑えることができ、また発電専用エンジンを搭載することで、EVのように充電場所が不要で充電切れをおそれる必要もなくなるというメリットを得ました。

つまり、これまで日産が電気自動車「リーフ」で培った技術をようやく大衆車にも活かす時が来たということを言えます。

ちなみに今回の新型ノートe-POWERに搭載されるリチウムイオンバッテリーに関しては、日産が量産EVの駆動用電池として初めて外部調達することになり、パナソニック製のものが採用されることになりました。

気になる燃費性能に関しては、トヨタの新型プリウスのJC08モード40km/Lにはおよばないものの、最軽量モデルの「e-POWER S」のカタログ燃費は37.2km/Lとアクアの37.0km/Lよりも0.2km/L上回る性能となりました。

最軽量モデルのみとは言え、アクアを上回るシステムを開発したことで、今後、日産は遅れをとっていたハイブリッド市場で巻き返しを図ることとなります。

その他のe-POWERグレードの燃費性能については、「e-POWER X」と「e-POWER MEDALIST」が34.0km/Lとなっており、e-POWERが搭載されない通常のガソリングレードの燃費性能については、マイナーチェンジ前と同じく18.2km/L~26.2km/Lとなります。

e-POWER搭載モーターのスペック

駆動と回生発電が行われる新型ノートe-POWERに搭載される「EM57」モーターのスペックについては、リーフと同様の最高出力80kW(109PS)/3008-10000rpm、最大トルク254Nm(25.9kgm)/0-3008rpmを発生という形になっています。

ノートe-POWERの魅力の一つ「e-POWER Drive」

ノートe-POWERには、もう一つ魅力があり、それが「ひと踏み惚れ」とのキャッチフレーズがつけられた「e-POWER Drive」

アクセルをわずかに踏みだけで、電気自動車ならではの、なめらかで気持ちのいい加速のフィーリングを感じることができ、さらにアクセルを戻すだけで強い減速がかかるので、ブレーキペダルを踏む頻度もこれまでよりも少なくて済むようになります。

新型ノートe-POWERのデザイン画像

モデルチェンジ後の新型ノートe-POWERの画像はこちらになります。

まずはエクステリアの画像から。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%a2%e7%94%bb%e5%83%8f

新型ノートのボディカラーには、新色として

  • ギャラクシーゴールド
%e3%82%ae%e3%83%a3%e3%83%a9%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%b4%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%89
  • ソリッドホワイト
%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88
  • オリーブグリーン
%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%96%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3
  • ガーネットレッド
%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89
  • e-POWERモデル専用色の「プレミアムコロナオレンジ」
%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%e3%83%a0%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%8a%e3%82%aa%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8

もラインナップされ、その他含めて全てで全13色という幅広いカラーが用意されています。

Vモーショングリルがバランスよく配置されており、先日公開されたマーチの海外モデルの新型マイクラのデザインとは一味違ったデザインが伺えます。

<新型マイクラ(日本名マーチ)>

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%81%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%a26

新型ノートの内装(インテリア)の画像はこちらになります。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-e-power%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%85 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-e-power%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%8511 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-e-power%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%851 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88-e-power%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%8512

また、新型ノートのe-POWER搭載モデルに関しては、リーフと同様のDレンジとBレンジがシフトモードに設定されており、ドライブモードとして「ノーマル」「S」「ECO」の3種類がセンターコンソールの右側にあるボタン操作で選択できる「e-POWER Drive」も搭載されています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%ab

また、e-POWER搭載グレードには専用メーターパネルが採用されています。

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80e-power%e5%b0%82%e7%94%a8%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab

新型ノートにカスタムカー“モードプレミア”が追加

新型ノートには、今回、より上質なモデルを求めるユーザーを対象に、エクステリアとインテリアの高級感を高めたカスタムカーの“モードプレミア”が追加されることとなりました。

<ノート モードプレミアのエクステリア画像>

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a22 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a21

モードプレミアのエクステリアには、メタル調フィニッシュの専用フロントグリルや専用フロントバンパー、専用リアバンパーフィニッシャー、専用ホイール等を搭載し、力強くもスタイリッシュで上質な印象を与えるデザインとなっています。

次にインテリア(内装)について。

<ノート モードプレミアのインテリア画像>

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%e5%86%85%e8%a3%85 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%89%e3%83%97%e3%83%ac%e3%83%9f%e3%82%a2%e5%86%85%e8%a3%85%ef%bc%91

モードプレミアのインテリアに関しては、ウォームトーンのグレージュ、そしてブラックのシート地のいずれかを選択可能に。

また、専用の本革巻3本スポークステアリングやピアノ調のエアコン吹き出し口、専用シルバーフィニッシャー等を採用し上質な空間を演出しています。

ノートe-POWER NISMOも登場

そしてノートe-POWER NISMOモデルもラインナップすることとなりました。

<ノートe-POWER NISMO>

日産は、ノートe-POWER NISMOの魅力を公式ページで以下のように表現しています。

NISMO専用にチューニングし、高揚感のある加速を実現するe-POWER Driveを搭載。さらに、スポーツドライビングへの機能と快適性を追い求めた専用スエード調スポーツシートをはじめ、
専用ボディ補強や専用サスペンションなどを採用。NISMOにふさわしい質の高いスポーティな走りを叶えるこのクルマが、未体験の領域へと誘う。

ノートe-POWER NISMOの専用装備としては以下の内容になります。

  • NISMO専用エンブレム(フロント/リヤ)
  • e-POWERエンブレム
  • 専用フロントバンパー
  • YOKOHAMA DNA S.driveタイヤ&16インチアルミホイール
  • 専用エキゾーストテールエンド(テール径:Φ85)
  • 専用アルミ製アクセル・ブレーキペダル
  • 専用アルミ製フットレスト(nismoロゴ入り)
  • 専用チューニングコンピューター(VCM)
  • 専用サスペンション
  • フロント強化スタビライザー
  • 専用ボディ補強(フロントクロスバー/フロントサスペンションメンバーステー(トンネルステー)/トンネルステー/リヤサスペンションメンバーステー/リヤクロスバー)
  • 専用車速感応式電動パワーステアリング
  • e-POWER専用ファインビジョンメーター(nismoロゴ入り)
  • 専用スエード調スポーツシート(nismoロゴ入り、レッドステッチ付)&ドアトリム

新型ノートe-POWERの装備について

1

新型ノートは、今回のモデルチェンジ後に、「e-POWER S」以外のグレードに先進装備の「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」「LDW(車線逸脱警報)」「踏み間違い衝突防止アシスト」を標準装備することになりました。

その他一部のグレードには、「インテリジェントアラウンドビューモニター(MOD機能付き)」とインテリジェントアラウンドビューモニターが表示される「スマート・ルームミラー」をセットオプション設定がされています。

インテリジェントエマージェンシーブレーキとエマージェンシーブレーキの違い!どう変わった?

マイナーチェンジ後の新型ノートには、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」という名称の自動ブレーキが採用されています。

これまで日産の自動ブレーキは「エマージェンシーブレーキ」という名称だったため、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」は性能を向上させた「エマージェンシーブレーキ」の進化版かと期待したのですが、そうではありませんでした。

実際に日産に問い合わせた所、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」と「エマージェンシーブレーキ」は名称が異なるだけで中身の性能は同じという回答をいただきました。

今後は、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」という名称になっていくかもしれないとのことです。

<追記>

2016年12月にマイナーチェンジしたデイズルークスには、「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」ではなく「エマージェンシーブレーキ」の名称での自動ブレードシステムが採用されていることが判明。

しかしながら、それには赤外線レーザーレーダー方式が採用されていることから、今後は、カメラ方式が「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」、赤外線レーザーレーダー方式が「エマージェンシーブレーキ」というように名称が差別化されるのではないかと個人的に思います。

新型ノートの詳細スペック

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

新型ノートの詳細スペックは以下の通りとなります。

ボディサイズ

  • e-POWER S 全長×全幅×全高[mm] 4100×1695×1520
  • MEDALIST 全長×全幅×全高[mm] 4100×1695×1525
  • X FOUR 全長×全幅×全高[mm]4100×1695×1535

ホイールベースは各グレード 2600mm

室内

室内長×室内幅×室内高[mm] 2065×1390×1255

パワートレイン

  • e-POWER S 直列3気筒DOHC 1.2リッター+「EM57
  • MEDALIST 直列3気筒DOHC 1.2リッター直噴スーパーチャージャー
  • X FOUR 直列3気筒DOHC 1.2リッター

トランスミッション

CVT

重量

  • e-POWER S 1170kg
  • MEDALIST 1090kg
  • X FOUR 1110kg

タイヤ

  • e-POWER S 185/65 R15 88S
  • MEDALIST 185/65 R15 88S
  • X FOUR 185/70 R14 88S

新型ノートのグレードと価格については、新型ノート モデルチェンジ後の価格とグレード情報について

%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e5%be%8c%e3%81%ae%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88

<e-POWER搭載グレード>

  • e-POWER MEDALIST(2WD) 2,244,240円
  • e-POWER X(2WD) 1,959,120円
  • e-POWER S(2WD) 1,772,280円

<MEDALIST(メダリスト)>

  • MEDALIST(2WD) 1,985,040円
  • MEDALISTX(2WD) 1,627,560円
  • MEDALISTX・FOUR(4WD) 1,843,560円
  • MEDALISTX・FOUR(4WD) スマートセーフティエディション 1,929,960円
  • X・DIG-S(2WD) 1,738,800円
  • X(2WD) 1,495,800円
  • X・FOUR(4WD) 1,711,800円
  • X・FOUR(4WD) スマートセーフティエディション 1,827,360円
  • S(2WD) 1,393,200円

<モード・プレミア>

  • e-POWERモード・プレミア(2WD) 2,207,520円
  • モード・プレミア(2WD) DIG-S 1,933,200円
  • モード・プレミア(2WD) 1,690,200円
  • モード・プレミア FOUR(4WD) 1,906,200円

となります。

新型ノートはマイナーチェンジで「プロパイロット」は搭載なし

新型セレナに搭載された同一車線自動運転技術「プロパイロット」に関しては、新型ノートには搭載されていません。

コンパクトカーであるノートにこの技術が搭載されれば、相当魅力的だったのですが残念です。

今の所、コンパクトカーで追従機能付きのクルーズコントロール搭載車さえないので、もしかするとノートならやってくれるのでは!?と期待していたのですが・・・

まあ、マイナーチェンジなので「プロパイロット」搭載はシステム上難しかったのか、それとも、しばらくは自動運転技術は新型セレナのみでアピールをしていく方針なのかもしれません。

いずれにしてもノートに自動運転技術が搭載されるのは、次回のフルモデルチェンジまでおあずとなります。

各メーカー、コンパクトカーの戦国時代突入へ

nissan-note

日産ノートのライバルであるホンダのフィットは2017年にビッグマイナーチェンジを実施し、新型ノート以上にアクアの燃費性能を超えることが予想されます。

また、マツダのデミオに関してはクリーンディーゼルを採用し、デザイン・機能性に関しても非常にポテンシャルの高いコンパクトカーとして人気を集めています。

スズキも新型スイフトの発売間近ですし、人気絶頂の新型ソリオのストロングハイブリッドモデルの発売も控えています。

そして今回のレンジエクステンダーEVを投入したノートの発売ということもあり、コンパクトカーは2017年にはより現在よりも競争を増す戦国時代に突入することになるでしょう。

そう言っている間に、コンパクトカーの王者アクアのフルモデルチェンジの時期が近づいてきます。

シリーズ・ハイブリッドシステムが、どこまでユーザーの心をつかむことができるかどうかが今後の日産のコンパクトカー成功のカギを握るのではないでしょうか。

個人的には、自動運転技術をどのメーカーよりも早くコンパクトカーに投入することが日産が優位なポジションにつくポイントに思えますが、それを急ぎすぎて安全性がおろそかになっても困りますしね。

ただ、今回は叶いませんでしたが、SWAY風のデザインが取り入れられて、自動運転技術が採用されたノートを次回のフルモデルチェンジで期待したいと思います^^

また新型ノートのモデルチェンジに関する新しい情報が入ればお伝えしますね!

スポンサーリンク
※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。