ホンダ レジェンドのマイナーチェンジが2017年に実施か!ダイヤモンドペンタゴングリルでイメージ刷新に期待

ホンダのフラグシップセダンのレジェンドが2017年秋頃にマイナーチェンジをする見通しです。

今回のマイナーチェンジでは、デザインの大幅変更が見込まれています。

5代目KC2型となる現行レジェンドは、海外ではホンダの高級ブランド「アキュラ」のアキュラRLXのフラグシップセダンとして発売されています。

<アキュラRLX(レジェンド)>

レジェンドは、3モーターハイブリッドシステムの「SPORT HYBRID SH-AWD」といったフラグシップにふさわしい独自の最先端機能を備えているにも関わらず、どうしても存在感を今一つ示すことができていないのが現状です。

スポンサーリンク

西大寺編集長
ホンダの各新型モデルの特集をやってます!

新型レジェンド マイナーチェンジでダイヤモンドペンタゴングリル採用か

レジェンドのマイナーチェンジ後に採用されるデザインとしてほぼ確実と言えるのが「ダイヤモンドペンタゴングリル」です。

ホンダは、2016年1月に開催されたデトロイトモーターショー2016にて、アキュラの将来デザインの方向性を示した「プレシジョン コンセプト」を公開しています。

<アキュラ プレシジョン コンセプト>

このデザインの最大の特徴はダイヤモンド状のフロントグリルであり、そのグリルこそが「ダイヤモンドペンタゴングリル」と名付けられています。

<ダイヤモンドペンタゴングリル>

これまでアキュラの車は、デザインの面で訴求力が弱かったのは否定できません。

レクサスやBMW、メルセデスベンツ・アウディなどプレミアムブランドのデザインと言えば、一目でそのメーカーが分かるインパクトのあるデザインが採用されているものの、アキュラのデザインはそれらのメーカーに比べるとインパクトに欠けていたと僕は思います。

そこで、大胆なイメージ刷新を狙って「アキュラ プレシジョン コンセプト」が発表されたわけですが、早くもこのデザインテイストが採用されています。

まずは、アキュラの大型クロスオーバーSUVの「MDX」。

このMDXが2016年に発表されたマイナーチェンジ後のモデルには、「ダイヤモンドペンタゴングリル」が採用されています。

<アキュラMDX 2017年モデル>

さらに2016年にデビューした中国市場がメインターゲットのコンパクトSUVのCDXにも「ダイヤモンドペンタゴングリル」が採用されています。

<アキュラ CDX>

いずれも日本では未発売の車種ですが、これらの車から見て、今後発売されるアキュラの新車には、「ダイヤモンドペンタゴングリル」が採用されるというのは間違いありません。

それゆえ、アキュラRLX・レジェンドのマイナーチェンジでは、この「ダイヤモンドペンタゴングリル」が採用されるのはほぼ確実だと思われます。

そんなデザインを大幅刷新することでマイナーチェンジ後のレジェンドは注目を集めることになるでしょう。

正直、個人的に「プレシジョン コンセプト」のデザインは、インフィニティやマツダの鼓動デザインに通じるものを感じるのですが、インフィニティにしても鼓動デザインに関してもデザインの評価が高く、それに似たテイストのデザインということであれば、人気が高まるのではとも予想できます。

スポンサーリンク

新型レジェンドは、新デザインでアキュラの存在アピールに期待したい

日産が現在のスカイラインを投入したことでインフィニティブランドが日本でも徐々に知れ渡ってきているように、「ダイヤモンドペンタゴングリル」を採用したマイナーチェンジ後の新型レジェンドが日本でアキュラの存在をアピールできる存在になることを期待してしまうのは僕だけでしょうか。

かつて、2008年に日本でもアキュラ導入が予定されていたものの、リーマンショックの影響で2008年12月に日本でのアキュラブランド導入の白紙撤回が発表されました。

アキュラは、アメリカでレクサスやインフィニティよりも約3年早い1986年に展開を始めた国産初の高級ブランドだけに、やはり日本でも再度導入検討を期待したい所。

その起爆剤としてマイナーチェンジ後のレジェンドのデザインを上手くアピールできるかどうかが重要です。

また、次期レジェンドとなる次期アキュラRLXは国内で投入されない可能性が一部で取りざたされていますが、それはマイナーチェンジ後のレジェンドの販売台数次第になるでしょう。

未知な部分が多い、2017年のマイナーチェンジ後の新型レジェンドですが、最新情報が入れば、また追って更新します。

スポンサーリンク