スズキ スペーシアカスタムZ発売!男性ユーザー取り込みで販売力アップが狙いか

更新日:

スズキがスペーシアの新しいグレードとして「スペーシア カスタムZ」を2016年12月26日に発売されました。

「軽ハイトワゴンにBIGな結論。」とのキャッチフレーズが付けられており、スペーシアカスタムZのデザインはこれまでの印象とは異なる迫力あるものとなっています。

そんなスペーシアカスタムZについてどのような車となるのか現時点での最新情報をお伝えします。

スポンサーリンク


スズキ スペーシアカスタムZ発売!エッジの効いたデザインに注目

これがスペーシアカスタムZのフロントデザインとなります。

どこかトヨタのヴェルファイアを彷彿させるようなインパクトのあるメッキバーを採用した大型フロントグリルが採用されており、現在発売されているスペーシアカスタムと比べても、エッジの効いたデザインとなっていることが覗えます。

<スペーシアカスタム>

%e3%82%b9%e3%82%ba%e3%82%ad%e3%80%80%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0

コンビランプやバンパーのデザインも大きく改良されており、ワイド感が増していることも伺えます。

他にも、タントカスタムやN-BOXカスタムのデザインに対抗したものとも言えます。

<タントカスタム>

%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0

<N-BOXカスタム>

nbox%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0

今回、スペーシアカスタムZには、以下の専用装備が採用されています。

  • スペーシア カスタムZ専用外装(フロントバンパー[エアロ形状]、メッキフロントグリル、大型メッキフロントミドルグリル、ディスチャージヘッドランプ、LEDイルミネーション[フロントバンパー])
  • LEDフロントフォグランプ
  • ブラックメッキバックドアガーニッシュ
  • メッキドアハンドル(カスタムZターボ)
  • 14インチタイヤ&アルミホイール(カスタムZ)
  • 15インチタイヤ&アルミホイール(カスタムZターボ)

スペーシアカスタムZに鮮やかなボディカラー

スペーシアカスタムZには、幅広いカラーバリエーションが用意され、ツートンカラーを含む、以下の全10色が用意されています。

〇クリスタルホワイトパール

%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2-%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0z

〇フェニックスレッドパール
%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2-%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0z1

〇ブリスクブルーメタリック
%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2-%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0z2

〇ブルーイッシュブラックパール3
%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2-%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0z6

〇ムーンライトバイオレットパールメタリック
%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2-%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0z4

〇スチールシルバーメタリック
%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2-%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0z5

〇フェニックスレッドパール ブラック2トーンルーフ

〇ブリスクブルーメタリック ブラック2トーンルーフ

イエロー系のボディカラーのみ発売から遅れて2017年3月に発売される予定となっています。

〇アクティブイエロー

〇アクティブイエロー

スペーシアカスタムZのインテリア

スペーシアカスタムZのインテリアに関しては、ブラックを基調とし、チタンシルバーの加飾を部分的に施すなど質感を向上させた専用の内装仕様としています。

<スペーシアカスタムの特別内装仕様の内容>

  • ファブリックシート表皮
  • ドアアームレスト[チタンシルバー]
  • エアコンルーバーリング[チタンシルバー])
  • 本革巻ステアリングホイール[チタンシルバーガーニッシュ付](カスタムZターボ)
  • 防眩式ルームミラー

スペーシアカスタムZの価格について

スペーシアカスタムZの価格については以下の通りとなります。

機種名 エンジン 駆動 変速機 燃料消費率
JC08モード走行
(km/L)
エコカー減税
(取得税/重量税)
価格
カスタムZ 直列3気筒
0.66LDOHC
吸排気VVT
(S-エネチャージ)
2WD CVT 30.6 免税 1,490,400円
4WD 29.0 1,611,360円
カスタムZ
ターボ
直列3気筒
0.66LDOHC
吸気VVTターボ
(S-エネチャージ)
2WD 26.8 80%/75% 1,598,400円
4WD 25.6 60%/50% 1,719,360円

男性ユーザー獲得が主な狙いか

スペーシアと言えば、ターゲットは女性向けであり、実際スペーシアのCMでは以前は堀北真希さん、現在は佐藤栞里さんを起用する等、女性向けへの訴求が強い傾向にあります。

しかしながら、女性へのフォーカスが強いことから、どうしても男性ユーザーをとりこぼしがちな部分は否定できません。

2016年11月の軽自動車の新車販売台数に関しては、スペーシアは5970台で8位の販売台数となっており、1位のホンダN-BOXの14813台と2位のダイハツムーブの13201台、3位のダイハツタントの10279台と比較すると、かなり差がついている状況です。

参照データURL

スペーシアは、「軽自動車で初めてのデュアルカメラを採用した先進の安全装備」や「軽ハイトワゴンナンバー1の燃費性能」という魅力を備えるだけにこの状況はスズキとしても悩ましい所でしょう。

そこでテコ入れとして、男性に好まれやすいN-BOXやタントカスタム風のデザインを取り入れた「スペーシアカスタムZ」を投入することで、男性ユーザーを取り込み、販売台数の増加を狙うのではないかと思います。

スペーシアの魅力を改めて振り返る

最後にせっかくなのでスペーシアの魅力を振り返ってみましょう。

高い低燃費性能

ノーマルタイプのスペーシアはクラストップレベルの低燃費を実現していますが、スペーシアカスタムもノーマルスペーシアよりも少し劣るものの高い燃費性能を実現しています。

スペーシアカスタムに搭載されているパワートレインのスペックは、

〇S-エネチャージ×改良型R06Aエンジン(XS、GSグレード)
最高出力(ネット) 38kW<52PS>/6,500rpm
最大トルク(ネット) 63N・m<6.4kg・m>/4,000rpm
JC08モードで30.6km/L

〇S-エネチャージ×R06A型ターボエンジン(XSターボ、GSターボグレード)
最高出力(ネット) 47kW<64PS>/6,000rpm
最大トルク(ネット) 95N・m<9.7kg・m>/3,000rpm
JC08モードで26.8km/L

となっており、Sエネチャージや13km/h以下でエンジンが自動で停止する「アイドリングストップシステム」等、スズキのエコシステムが充実しています。

スズキ最先端の安全装備

%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0

スペーシアカスタムには、スズキ最先端の衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」がオプションで搭載可能となっています。

軽自動車初めてとなる2つのカメラを活かして歩行者検知対応の自動ブレーキが装備されており、その他にも

  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • EBD付4輪ABS+ブレーキアシスト
  • エマージェンシーストップシグナル
  • 車両走行安定補助システム

といった安全機能もメーカーオプションとして用意されています。

また、運転席と助手席には、SRSエアバッグが標準装備されており、軽自動車ながら安全に関して大きく配慮されています。

スペーシアカスタムZの発売日は冒頭でもお伝えした通り、2016年12月26日となります。

ちなみに、次期スペーシアの情報が出始めています。

詳しくはこちらの記事を参照下さい。

スペーシアのフルモデルチェンジ情報!2018年発売の可能性

スポンサーリンク
\新車情報の噂が1ページでまるわかり!/

スポンサーリンク

オススメ記事

1

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジに関する最新情報をお届けします。トヨタセーフティセンスPだけでなく、LKAやターボエンジンなど気になるチェックポイントが続々と。

2

トヨタ自動車の新型ハイエースが2019年にフルモデルチェンジを実施する300系になる見通しです。今回のモデルチェンジでは、セミボンネットを採用するなどこれまで以上に安全を考慮されたものとなっていますが、今回は、新型ハイエースの最新情報についてお話します。

3

ホンダのステップワゴンスパーダにハイブリッドモデルが2017年9月に発表予定!その最新情報をお伝えしています。i-MMD採用や、外観デザインの変更、ホンダセンシングの機能充実といった注目ポイントが盛りだくさんあるよ。

-スズキ, 軽自動車

Copyright© 最新自動車情報LIBRARY , 2017 All Rights Reserved.