日産シーマがマイナーチェンジ!2017年6月15日実施。インフィニティ化せず

更新日:

日産のフラグシップセダンであるシーマが2017年6月15日にマイナーチェンジを実施しました。

現行シーマのベースとなっているフーガが2015年2月にビッグマイナーチェンジをしたことから、シーマも同様の改良が行われてると期待されていたものの、あれから2年以上もの間事実上改良のない状態でした。

しかしながら、ようやくマイナーチェンジが実施されることとなります。

スポンサーリンク

シーマのマイナーチェンジ最新情報

画像は現行型シーマ

2010年8月の4代目シーマの生産終了と共に消滅したシーマブランドが2012年4月25日に復活し、HGY51型となる現在の5代目シーマが発売されています。

そこから約5年経った2017年6月15日にようやくマイナーチェンジが行われることになりました。

今回のマイナーチェンジで注目ポイントは以下の通りとなります。

インフィニティ化するかどうかがポイント

今回のシーマのマイナーチェンジでのポイントは、スカイライン、フーガに続いCIマークにインフィニティエンブレムを採用した状態で発売されるのかどうかです。

スカイラインに関しては、V37型へフルモデルチェンジした2014年から、フーガーに関しては、2014年のビッグマイナーチェンジ時にCIマークとして日産のエンブレムを採用せず、インフィニティのバッヂを採用したことが話題となりました。

海外では、スカイラインはインフィニティQ50、フーガはインフィニティQ70として販売されていますから、日本でも徐々にインフィニティ導入を見越してのエンブレム変更と思われます。

ちなみに、スカイラインもフーガも当初は海外モデルと違ってインフィニティのCIマークはフロントのみしか装備されていませんでした。

しかしながら、2015年12月の一部改良時にリアにも装備され、インフィニティへの統一化は進んでいます

現時点ではまだ不明の状況ですが、この流れを受けるとシーマにもインフィニティのバッヂが採用されても不思議ではありません。

ただ、もしもシーマをインフィニティ化させてしまうと日産ブランドの高級セダンはティアナということになってしまいます。

あくまでも日産のフラグシップとして日産のCIマークが残るのではと個人的には予想しています。

【追記】

シーマはマイナーチェンジ後も日産のCIマークを継続採用。

インフィニティ化はしないことに。

 

インフィニティQ70Lが新型シーマの最有力候補だったが・・・

実は、海外にはフーガ(インフィニティQ70)のロングホイールモデルとしてインフィニティQ70Lという車が販売されています。

インフィニティQ70L

現行シーマは、海外ではインフィニティMとして発売されていた現行前期型フーガをロングホイールモデルにしたインフィニティM35hLの日本モデルとして発売されています。

ポイント
シーマとインフィニティM35hLの違いは、フロントグリルやフロントバンパー。ラジエーターグリル、リヤガーニッシュ等に専用パーツが採用されているという点になります。

なので、新型シーマは、インフィニティM35hL後継のインフィニティQ70Lがベースとなり、シーマ用の専用パーツが採用される「マイチェン後のシーマ=インフィニティQ70Lの改良モデルと予想していただけに、マイナーチェンジ後のデザインの変更はありませんでした

スポンサーリンク

シーマ マイナーチェンジで先進装備拡充

最近の日産はプロパイロットやe-POWER等、先進装備のアピールが目立ちますが、シーマに関しては、未だに自動ブレーキが搭載されていないなど、装備の古さが目立っている状況でした。

そこで今回のマイナーチェンジにて、先進運転システムが新たに搭載されることになりました。

【新型シーマに搭載された先進装備】

  • インテリジェント エマージェンシーブレーキ
  • インテリジェント FCW(前方衝突予測警報
  • インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)
  • インテリジェント BSW(後側方車両検知警報)
  • インテリジェント LDP(車線逸脱防止支援システム)
  • インテリジェント LDW(車線逸脱警報)
  • インテリジェント BCI(後退時衝突防止支援システム)
  • インテリジェント BUI(後退時衝突防止支援システム)
  • インテリジェント アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能、駐車ガイド機能)

ただ、これらに関してはすでにスカイラインとフーガで採用されているシステムであり、特にシーマならではの目新しい部分はありませんでした。

管理人A
歩行者検知対応の自動ブレーキに関しては、軽自動車のデイズルークスやコンパクトカーのノートにも採用されている現状、シーマへの搭載が後回しになっているのは、やや寂しい限りですね。
管理人B
今回のマイナーチェンジで、シーマに自動ブレーキが搭載されましたが、フラグシップだからこそ、日産車最高レベルの歩行者検知に対応した自動ブレーキ搭載を期待していたのですが・・・
管理人A
まあ、スカイラインとフーガの自動ブレーキは、現状歩行者検知に対応してないので、まあコストの面も考えて、シーマだけ特別に歩行者検知対応は難しかったということなのかもしれませんね。
管理人B
確かに、車の需要が少ないですから、わざわざコストをかけて日本独自の先進機能を付けるとは思えませんよね。
管理人A
フラグシップであれば、どの車よりも先進的な内容を期待してしまいますが、トヨタのクラウンマジェスタとか見てもそうなってないですよね...

あ、マジェスタはフラグシップではなかった。

管理人B
マジェスタは実質トヨタブランドのドライバーズカーとしてはフラグシップみたいなものですし。

それにシーマOEM車の三菱ディグニティが生産終了しましたし、まだ今回マイナーチェンジがあるだけマシなのかもしれませんね。

管理人A
正直、過去に一度シーマは消滅してるからディグニティと同じく生産終了かとヒヤヒヤしました(苦笑)

けど、復活して一代限りでまたシーマを廃止いうのも日産としては避けたい所でしょうね。

管理人B
先程、トヨタのマジェスタの話がでましたけど、このクラスのセダンは、どのメーカーも残したいけれども中々手を加えられないという状況ですよね。

需要がなければコストがかけられないですし。

管理人A
マジェスタはクラウンロイヤルのロングホイール版みたいになっていますし、フーガのロングホイール版と揶揄されるシーマと同じような状況ですよね。

実際は、どっちも静粛性を始め、結構違うんですけどね。

管理人B
まあ、今回のシーマのマイナーチェンジでQ70Lと統合されなかったのは喜ぶべきなのかどうなのかと。
管理人A
クラウンマジェスタは次期モデル発売の噂もありますし、ひとまずシーマはこれからもインフィニティ化せずに日産のフラグシップとして走り続けてほしいですね。

そんなクラウンマジェスタの次期モデルの噂はこちらの記事にて。

クラウンのフルモデルチェンジ情報!マジェスタの動向は?

ちなみに、ホンダのレジェンドはデザインを大幅に刷新するマイナーチェンジを行う見通しとなっています。

レジェンドがマイナーチェンジ!デザイン刷新へ

【関連情報】

スカイラインV38型のフルモデルチェンジ情報

レクサスESが日本発売の可能性!次期レクサスGS発売は?

スポンサーリンク

今月のクイズ
Q1.2016年にアメリカで一番売れた日本の車は?

※ヒント 日本では意外なあのセダン

>>答えを見る<<

Q2.日本で一番売れている高級車は?

※ヒント 全盛期は年間20万台以上販売していたあの名車

>>答えを見る<<

オススメ記事

1

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジに関する最新情報をお届けします。トヨタセーフティセンスPだけでなく、LKAやターボエンジンなど気になるチェックポイントが続々と。

2

トヨタ自動車の新型ハイエースが2019年にフルモデルチェンジを実施する300系になる見通しです。今回のモデルチェンジでは、セミボンネットを採用するなどこれまで以上に安全を考慮されたものとなっていますが、今回は、新型ハイエースの最新情報についてお話します。

3

ホンダのステップワゴンスパーダにハイブリッドモデルが2017年9月に発表予定!その最新情報をお伝えしています。i-MMD採用や、外観デザインの変更、ホンダセンシングの機能充実といった注目ポイントが盛りだくさんあるよ。

-日産

Copyright© 最新自動車情報LIBRARY , 2017 All Rights Reserved.