新型CX-5のフルモデルチェンジを2017年2月2日に実施!3列シートの派生車発売も決定へ

マツダの高い人気を誇るクロスオーバーSUVのCX-5がフルモデルチェンジを実施しました。

新型CX-5のワールドプレミアの舞台は2016年11月16日から開催されたロサンゼルスモーターショー2016となり、日本では12月15日に具体的な内容が発表されました。

新型CX-5の日本発売日は2017年2月2日であり、月間販売台数は2400台が計画されています。

CX-5は新生マツダに欠かせない「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ・テクノロジー)」や「鼓動デザイン」を初めて採用した車なだけに新型の登場には相当期待がかかります。

今回は、マツダの新型CX-5のフルモデルチェンジに関する見所から価格情報まで最新情報を詳細にお届けします。

スポンサーリンク

西大寺編集長
マツダの新型モデルの大特集をやってます!

マツダ新型CX-5のフルモデルチェンジを2017年2月2日実施!

新型CX-5の情報を見る前に、少しだけCX-5の歴史を振り返って見ましょう。

※CX-5のモデルチェンジ情報を先に読みたい場合はこちらをクリック

初代モデルとなる先代CX-5は、2012年のデビュー時に「SKYACTIV TECHNOLOGY」そして「鼓動デザイン」をマツダ初の全面採用車として大きく注目されました。

その結果、「今までのマツダ車と何か違う」と話題になり、CX-5はマツダ復活の起爆剤となった車種でもあります。

cx-5

CX-5の「CX」という名前の由来はクロスオーバー(cross over)車のラインナップを表すという思いを込められているとされています。

そんな先代のCX-5は、そのスカイアクティブテクノロジーを初めて全面採用した車種でもあります。

<スカイアクティブテクノロジーについて>

エンジン、トランスミッション、プラットフォーム。クルマの基本
ガソリン、ディーゼルともに、圧倒的な低燃費と「走る歓び」を生み出すエンジン。燃費の改善だけでなく、クルマを意のままに走らせる歓びをも実感させてくれるトランスミッション。

軽量ながら高い剛性と、走る・曲がる・止まるというクルマの基本性能を飛躍的に向上させた軽快な乗り心地を両立させたプラットフォーム。妥協を許さず、クルマの基本のすべてに世界一を追求した技術革新が、「SKYACTIV TECNOLOGY」をかたちにしました。

【出典マツダ公式サイト

特に高い燃費と走行性能を両立させられるスカイアクティブテクノロジー(SKYACTIV TECHNOLOGY)ならではのクリーンディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D」を搭載したことで、CX-5が日本で「ディーゼルエンジン」という存在を広く知らしめるきっかけになりました。

<CX-5に搭載されているSKYACTIV-D>

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bc%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%b3

<SKYACTIV-Dの特徴>

ディーゼルエンジンの課題である圧縮比を根本から見直し、世界一の低圧縮比「14.0」を実現させた高効率クリーンディーゼルエンジン、「SKYACTIV-D」。従来比約20%もの燃費改善を達成するとともに、高効率ターボチャージャーによるスムーズでリニアなレスポンスと力強い加速、グローバルの排出ガス規制に対応する高クリーン性能をも生み出しています。

【出典:マツダ公式サイト

CX-5の開発に至って、2015年1月のマイナーチェンジ時には、マツダが考える王道のSUVを進化させるために、「SUVらしさ」「力強さ」を表現するデザインや走りにそれを反映させ、今持っているマツダの技術を全てそそぎこんだとされています。

ちなみに、このCX-5は、2006年から2011年まで日本で発売されていたCX-7の実質後継車として位置づけられます。

そんな初代CX-5は、120ヶ国以上で販売され類型販売台数は150万台にせまる勢い、そして後に発売されたアテンザと共に、これまでのマツダのイメージを刷新させる存在だっただけに2代目となる次期モデルの内容に注目が集まるのは当然ですよね。

先代モデルから約5年ぶりとなるCX-5のフルモデルチェンジの内容を見ていきましょう。

新型CX-5は2017年のフルモデルチェンジでどう変わるのか?

2代目へとフルモデルチェンジした新型CX-5の内容は以下の通りとなります。

<デザインはキープコンセプト>

まず、新型CX-5のデザインに関しては、先代モデルから大幅に変わることなくキープコンセプトとなります。

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5

先代CX-5のコンセプトカーの「勢 (MINAGI/ミナギ) 」の発表時は鼓動デザインというその斬新なデザインに圧倒されましたが、今回はその鼓動デザインをさらに成熟させた形になるので、前回ほどの驚きはありません。

<勢 (MINAGI/ミナギ) >

%e5%8b%a2

フルモデルチェンジしたCX-5のデザインについては、米国にて11月16日開幕したロサンゼルスモーターショー16で世界初公開されました。

新型CX-5のエクステリア

新型CX-5のエクステリア(外装)の画像がこちらです。

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e3%83%95%e3%83%ab%e3%83%a2%e3%83%87%e3%83%ab%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e5%be%8c%e3%81%aecx-5 %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e6%ac%a1%e6%9c%9fcx-5 %e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5-%e3%83%9b%e3%82%a4%e3%83%bc%e3%83%ab %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89 %e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5%e3%81%ae%e7%94%bb%e5%83%8f %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%82%a2 %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e3%80%80%e6%ac%a1%e6%9c%9fcx-5

フルモデルチェンジ前のCX-5と見比べてみると、その面影をかなり感じることができます。

<フルモデルチェンジ前のCX-5>

%e7%8f%be%e8%a1%8c%e5%9e%8bcx-5

<新型CX-5>

%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5

印象的なのは、切れ長のヘッドランプのデザインや、シグネチャーウイングの大きさが増して、フロントグリルがやや凹凸気味になっている所です。

%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5%e3%80%80%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%ab

また、新型からアクセラのように、ウインドウ下部にメッキ加飾がされるようになりました。

このメッキ加飾が下部のみで、ウインドウ周りを一周して装備されていないのは、CX-5がマツダのフラグシップSUVではないからだと思われます。

セダンについても、フラグシップのアテンザはメッキモールがウインドウを一周しているのに対し、アクセラはウインドウ下部のみというようにクラスによってデザインの差別化が図られています。

実際マツダのSUVのフラグシップSUVとなるCX-9には、ウインドウ周りを一周してメッキ加飾がされています。

<CX-9のサイドビュー>

cx-9%e3%81%ae%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89

新型CX-5のエクステリアは、先代以上のスピード感が表現され、またワンクラス以上の質感向上が感じられるデザインになったと言えるでしょう。

ちなみに、新型CX-5のマツダの公式のCM動画はこちらになります。

新型CX-5のインテリア

そして新型CX-5のインテリア(内装)の画像がこちらです。

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%852 %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%853 %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%854 %e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e6%96%b0%e5%9e%8bcx-5%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%855

先代のCX-5の内装と比較してみると、マツダコネクトが採用された7インチセンターディスプレイがアテンザやアクセラのようなデザインと変更され、三連メーター右側にあるマルチインフォメーションディスプレイ(MID)には、高精細な4.6インチカラーTFTが新たに採用されるようになりました。

その他にもメッキパーツも所々に加飾されるなど質感向上が図られています。

ただ、全体的なイメージは先代とそれほど大きく変わっていません。

<先代CX-5の内装>

cx-5%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%85

<新型CX-5の内装>

マツダは2016年に海外でCX-9とクーペSUVのCX-4を発売させていますが、その流れを組むデザインになっていると言えます。

<CX-9>

cx-9

<CX-4>

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80cx-4

新型CX-5に新ボディカラー採用

%e6%96%b0%e3%83%9c%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%80%80%e3%82%bd%e3%82%a6%e3%83%ab%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%a1%e3%82%bf%e3%83%aa

新型CX-5には新しいボディカラーとして「ソウルレッドクリスタルメタリック」が採用されました。

「ソウルレッドクリスタルメタリック」は、マツダ独自の塗装技術「匠塗 TAKUMINURI」をさらに進化させて、透過層に新開発された高彩度な赤色の顔料を用いられ、赤色をよりピュアに発色させています。

また新型CX-5のボディカラーに関しては、「ソウルレッドクリスタルメタリック」を含めて全てで以下の8色が用意されています。

〇ソウルレッドクリスタルメタリック

〇マシーングレープレミアムメタリック

〇スノーフレイクホワイトパールマイカ

〇ジェットブラックマイカ

〇チタニウムフラッシュマイカ

〇ソニックシルバーメタリック

〇ディープクリスタルブルーマイカ

〇エターナルブルーマイカ

新型CX-5のボディサイズ

新型CX-5のボディサイズは、全長4545mm×全幅1840mm×全高1690mmとなっていて、先代の全長4540mm x 全幅1840mm x 全高1705mmよりも全長が5mm拡大、全高が15mm縮小されています。

新型CX-5にはGベクタリングコントロール等の新技術搭載

新型CX-5には以下の新しい機能が搭載されることになります。

  • Gベクタリングコントロール
  • ナチュラルサウンドスムーザー&ナチュラルサウンド周波数コントロール採用
  • 新方式のアクティブ・ドライビング・ディスプレイ
  • マルチインフォメーションディスプレイのフルカラー化
  • 電動ハッチゲートを新設定。ハッチゲートの開け閉めがワンタッチで可能となった
  • オーディオシステムには、BOSE社と共同で開発した10スピーカーシステムの「BOSEプレミアムサウンドシステム」採用。さらに走行ノイズ補償システムAUDIOPILOT 2とサラウンドサウンドシステムCenterpoint2も搭載。
  • i-ACTIVSENSEの自動ブレーキシステムのSCBSがアドバンストSCBSに進化し、性能の大幅向上&歩行者検知対応
  • i-ACTIVSENSEのMRCC(マツダレーダークルーズコントロール)の全車速対応化
  • オートホールド機能付きの電動パーキングブレーキ搭載

といった新機能です。

まず注目したいのが、新方式のアクティブ・ドライビング・ディスプレイ。

これまでマツダのアクティブ・ドライビング・ディスプレイは、コクピットの上に専用モニターが装備されていましたが、新型CX-5からは、フロントガラスに情報を投影する方式となります。

そして特に注目なのが、MRCCの全車速対応化と電動ブレーキのオートホールド機能が採用されたことです。

これらの機能は、すでに海外で発売されている新型CX-9とCX-4で実装されていますが、日本で発売されるマツダ車としては初の採用となります。

これによって、今後、これらの機能がアテンザやアクセラ等の他の車種への展開されることが期待されます。

新型CX-5に2.5Lターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の搭載なし

skyactiv

新型CX-5のエンジンのラインナップはクリーンディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 2.2」、直噴ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G 2.5」、「SKYACTIV-G 2.0」を各国の市場ごとに適切にラインナップされることとなります。

トランスミッションには、6速オートマチックトランスミッションのSKYACTIV-DRIVE、そして、6速マニュアルトランスミッションのSKYACTIV-MTが設定されるとみられていたものの、日本仕様では、CX-3のMT車が構成比率で1割を下まわっている状態ということもあり、設定はされていない。

期待されていた新型CX-9から搭載されている新開発2.5リッター直噴ガソリンターボエンジン「SKYACTIV-G 2.5T」の搭載は残念ながらありませんでした。

新型CX-5の日本仕様のグレードとスペックについて

新型CX-5の日本仕様では、以下のグレードが発売されます。

  • 「20S」「20S PROACTIVE」

⇒直列4気筒DOHC 2.0リッター直噴エンジン「SKYACTIV-G 2.0」を搭載

  • 「25S」「25S PROACTIVE」「25S L Package」

⇒直列4気筒DOHC 2.5リッター直噴エンジン「SKYACTIV-G 2.5」を搭載

  • 「XD」「XD PROACTIVE」「XD L Package」

⇒直列4気筒DOHC 2.2リッター直噴ディーゼルターボ「SKYACTIV-D 2.2」

また各エンジンのスペックについては、以下の通りとなります。

〇SKYACTIV-G 2.0

最高出力114kW(155PS)/6000rpm、最大トルク196Nm(20.0kgm)/4000rpm、燃費は16.0km/L

〇SKYACTIV-G 2.5

・2WD車

最高出力140kW(190PS)/6000rpm、最大トルク251Nm(25.6kgm)/3250rpm、燃費14.8km/L。

・4WD車

最高出力135kW(184PS)/6000rpm、最大トルク245Nm(25.0kgm)/4000rpm、燃費14.6km/L

〇SKYACTIV-D 2.2

最高出力129kW(175PS)/4500rpm、最大トルク420Nm(42.8kgm)/2000rpm

燃費は、18.0km/L(2WD)、17.2km/L(4WD)

新型CX-5のプラットフォームにSKYACTIV GEN2の採用は間に合わず

マツダは、2017年から2019年の間を構造改革ステージ2と設定しています。

マツダの構造改革ステージ2 マツダ構造改革ステージ2

この構造改革ステージ2の期間中にSKYACTIVの第2世代となるSKYACTIV GEN2を搭載した車が投入されることになりますが、残念ながら新型CX-5には、SKYACTIV GEN2の搭載は間に合わず、先代のSKYACTIV GEN1を改良したものが採用されることになります。

また、Aピラーに1180MPa級の超高張力鋼板、サイドシル・Bピラーに980MPa級の超高張力鋼板を新たに採用する等、超高張力鋼板の採用比率をフルモデルチェンジ前のCX-5から約3%拡大させてシャシーの強度の向上が図られています。

さらに静粛性も向上しており、「粗い路面で走行時の低周波のロードノイズの低減」「高速走行時でのタイヤ騒音、高周波の風騒音の低減」に注力されており、その結果、新型CX-5の走行騒音はフルモデルチェンジ前よりも約20km/hもの低い車速の騒音レベルを実現したとされています。

新型CX-5の販売価格について

フルモデルチェンジ後の新型CX-5の販売価格は以下の通りとなります。

機種名 駆動 エンジン 変速機 メーカー希望
小売価格
(消費税込)
JC08モード燃費 減税
レベル
取得税/重量税
17インチ
タイヤ装着車
19インチ
タイヤ装着車
20S 2WD
(FF)
SKYACTIV-
G 2.0
SKYACTIV-
DRIVE
(6EC-AT)
2,462,400円 16.0 km/L 40%/25%
20S
PROACTIVE
2,689,200円 16.0 km/L
25S 4WD SKYACTIV-
G 2.5
2,689,200円 14.6 km/L
25S
PROACTIVE
2,916,000円 14.6 km/L
25S
L Package
2WD
(FF)
SKYACTIV-
G 2.5
2,986,200円 14.8 km/L
4WD 3,213,000円 14.6 km/L
XD 2WD
(FF)
SKYACTIV-
D 2.2
2,775,600円 18.0 km/L 免税/免税
4WD 3,002,400円 17.6 km/L 17.2 km/L
XD
PROACTIVE
2WD
(FF)
3,002,400円 18.0 km/L
4WD 3,229,200円 17.6km/L
[17.2km/L]
17.2 km/L
XD
L Package
2WD
(FF)
3,299,400円 18.0 km/L
4WD 3,526,200円 17.2 km/L

スポンサーリンク
西大寺編集長
余談になりますが・・・

今年の東京モーターショーはかなり盛り上がりそうです!

あなたはどの新車に興味ありますか?

新型CX-5の派生車 3列シートSUV登場について

2016年にプレマシー、MPV、ビアンテと言ったミニバンの生産を終了し、今後はSUVに注力を入れていく方針に舵を切ったマツダですが、プレマシー、MPV、ビアンテの実質後継的存在となる3列シートのSUVが2017年~2018年に発売される見通しです。

その3列シート車として有力なのが新型CX-5の派生モデルです。

CX-7として復活するのでは?といった意見も出ていますが、CX-5が実質CX-7の後継モデルであることを考えるとCX-7と命名されるよりも、CX-5の派生車として別の名称が命名されるのではと私は思っています。

CX-5派生SUVとしては、CX-6という名称が取りざたされています。

【2017.4.28 追記】
CX-8という名称で発売されることが判明!詳しくはこちらの記事にて↓

マツダCX-8が2017年内に日本発売決定!最新情報はこちら

新型CX-5 出だしは好調!

マツダは、新型CX-5の発売日の2月2日に、発売前の12月15日の予約開始から1月31日の約1か月半で、9,055台の予約受注台数となったことを発表しました。

新型CX-5の月間販売計画台数は2,400台とされているので、これを大幅に上回る勢いです。

新型CX-5のライバルの存在

フルモデルチェンジする新型CX-5のライバルとしてまず強力な存在となるのは、トヨタのハリアーと日産のエクストレイルです。

まず、ハリアーについては、2017年6月にビッグマイナーチェンジを行います。

<トヨタ ハリアー>

%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc

今回のハリアーの改良内容は、新型CX-5のことを意識してか、近年のトヨタ車では類を見ない程、相当豪華な内容となっています。

新型ハリアーのマイナーチェンジ最新情報!ターボエンジン搭載へ

日産のエクストレイルについても、2017年にビッグマイナーチェンジが控えています。

<日産 エクストレイル>

日産エクストレイルがマイナーチェンジで最新型に!発売時期は2017年か

フルモデルチェンジとマイナーチェンジという違いはあれど、同時期にそれぞれ新型が発売されるということもあって、激しい競争になるのは必須です。

そして、スバルのフォレスターについては、2018年にフルモデルチェンジする見通しです。

<スバル フォレスター>

次期フォレスターへのSGPや次世代アイサイトの搭載は、大きく注目を集めることになりそうです。

新型フォレスターのフルモデルチェンジが2018年に実施か!SGPとアイサイトver4に期待がかかる

トヨタC-HRの存在は大きい

また、何よりも、新型CX-5にとって、トヨタのC-HRの存在が一番大きいと言ってもいいでしょう。

トヨタC-HRの最新情報! ヴェゼル対抗のプリウスSUVデビュー

本来ならば、C-HRのライバルはCX-3がふさわしいですが、今最も注目されている最新のSUVでかつ、トヨタの新たな世界戦略車と言うと言う部分もあって新型CX-5にとって無視できない存在です。

新型CX-5の魅力とC-HRとのバトル戦突入へ

フルモデルチェンジした新型CX-5の魅力を上げると、

  • 欧州プレミアムメーカー車並の高い質感へ向上
  • 全車速対応のクルーズコントロール+オートホールド機能付きの電子パーキングブレーキに対応という充実した装備
  • 質感と機能性の両方が大幅に向上にしているにもかかわらず、先代からほぼ販売価格の据え置きというコスパの高さ

という部分と言えます。

新型クロスオーバーSUVとしては、トヨタのC-HRが頭一つ抜けて人気が出ると思われたものの、新型CX-5の予想を越える質感向上と価格据え置きというコストパフォーマンスの高さ等から、2017年初頭は、新型CX-5とC-HRでかなりいい勝負になるのではないでしょうか。

C-HRの発売日の翌日に新型CX-5の日本発表会を持ってくるというマツダの徹底した対策ぶりにもアッパレですが、現時点での評判の高さを見ると、C-HRへの奇襲は成功していると言えそうです。

正統な進化を遂げ、同価格帯のSUVではズバ抜けた質感を手に入れた新型CX-5が初代モデル以上にマツダを背負うSUVになるのは間違いありませんが、どこまでシェアを伸ばせるのかに注目です。

西大寺編集長
近々、MCした新型ハリアーとエクストレイルも発売されるので、SUV市場はさらに盛り上がることになりそうです。

今後、次期CX-5の最新情報が入れば追ってお伝えします。

スポンサーリンク
※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。