トヨタ プリウスα 新型 最新情報! フルモデルチェンジの予想変更点!2018年の発売予定はなしか?

新型プリウスα

トヨタ自動車のミニバンであるプリウスαのフルモデルチェンジが「2017年に実施されるのでは?」という予想の声が挙がる現在。

しかしながら、次期プリウスαは、エスティマと統合されて2020年以降にデビューする可能性が出てきました。

そこで今回は、プリウスαのフルモデルチェンジに関する話題を中心にお話します。

次期プリウスαの最新情報を要約!フルモデルチェンジの変更点の注目ポイント

次期プリウスαのポイント

  • 次期プリウスαのテストカーの可能性がある車が2017年にスクープされて話題に
  • プラットフォームはTNGA世代の新型プラットフォーム
  • 先進安全機能は第2世代トヨタセーフティセンスが有力
  • パワートレインは4代目プリウスゆずりの最新式ハイブリッドシステムに注目

その他、トヨタの新車発売予想スケジュールはこちら

トヨタ新型プリウスαの外装・外観(エクステリア)デザイン情報

次期プリウスαのスクープと見られたテストカー

「次期プリウスα(プリウスV)のテストカーのスクープではないか。」

2017年に海外にて撮影されたスパイショット画像が話題となりました。

次期プリウスαのテストカーと疑われたスクープ記事

この記事に掲載されている画像を見ると、

  • 4代目プリウスのフロントマスクに酷似
  • サイドとリヤビューはSUVスタイル

となっていることから、新型プリウスαは3列シートクロスオーバーSUVスタイルのミニバンになるのではとネットメディアでは話題に。

しかしながら、このテストカーはレクサスUXのテストカーだった可能性が有力です。

レクサスUXの最新情報

予想できる新型プリウスαの外観

新型プリウスαは、4代目プリウスがベースになると見られるだけに、マイナーチェンジ後のプリウス 2018年モデルの外観に近いスタイルになると予想。

プリウスのマイナーチェンジ最新情報

それゆえ、デザインが好評の2代目プリウスPHVのスタイルを活用したデザインになる可能性が考えられます。

ただ、現行プリウスαのデザインが3代目プリウスとは異なってアンダープライオリティを活かしたデザインであることから、カローラハッチバック(新型オーリス)風のフロントマスクになることも考えられます。

カローラハッチバック

カローラハッチバック(新型オーリス)の最新情報はこちら

トヨタ新型プリウスαのボディサイズ予想

トヨタ新型プリウスαのボディサイズについては、

  • 全長4,710~4,725mm
  • 全幅1,795mm
  • 全高1,555㎜~1,580㎜

と予想。

※現行型は全長4,630~4,645mm×全幅1,775mm×全高1,575~1,600mm

これは、3代目プリウスが4代目プリウスへフルモデルチェンジした時に、「全長80mm拡張、全幅15mm拡張、全高20mm縮小」とサイズ変更されたことを参照として計算したボディサイズとなります

トヨタ新型プリウスαの内装(インテリア)デザイン予想

4代目プリウスの内装(インテリア)

画像は4代目プリウスの内装

トヨタ新型プリウスαの内装(インテリア)をベースとしたデザインで、

  • 2列シート5人乗り(ステーションワゴンタイプ)
  • 3列シート7人乗り(ミニバンタイプ)

タイプの室内空間が用意されると予想。

トヨタ新型プリウスαのプラットフォーム TNGA-Cプラットフォーム

TNGAプラットフォーム

トヨタ新型プリウスαのプラットフォームには、4代目プリウス同様にTNGA(Toyota New Global Architecture)テクノロジーを活用したGA-Cプラットフォームの活用が有力。

GA-Cプラットフォーム採用のポイント

  • アルミ材と超高張力鋼板について使用を拡大
  • 構造接着剤を最適に使用
  • ねじり剛性を現行比60%向上(スポット溶接の打点追加等による)
  • ボディ剛性の強化
  • 低重心化

トヨタ新型プリウスαのパワートレイン

トヨタ新型プリウスαのパワートレインには、4代目プリウス同様に直列4気筒DOHC 1.8リッターエンジン「2ZR-FXE」搭載が有力視されています。

HV 4WD E-four

前輪と後輪を電気的につなぎ、エンジンではなくモーターで後輪を駆動させる動力源があるという特徴のシステムであるHV 4WD E-four。

このシステムを活用して日常使用において4WD制御が可能となった4代目プリウスに続いて次期プリウスαにもE-four採用の可能性が考えられます。

トヨタ新型プリウスαのエンジンスペック(予想)

トヨタ新型プリウスαの予想エンジンスペックは、次の通りです。

  • 最高出力ネット72kW(98PS)/5,200r.p.m.
  • 最大トルクネット142N・m(14.5kgf・m)/3,600r.p.m.
  • フロントモーター最高出力 53kW(72PS)
  • フロントモーター最大トルク:163N・m(16.6kgf・m)
  • リヤモーター最高出力5.3kW(7.2PS)
  • リヤモーター最大トルク55N・m(5.6kgf・m)

トヨタ新型プリウスαの燃費性能を予想

トヨタ新型プリウスαの燃費性能に関しては、30台後半km/Lと予想。

4代目プリウスのJC08モードにて37.2km/L~40.8km/Lにどこまで近い燃費性能が実現できるかに注目です。

トヨタ新型プリウスαの先進安全装備

先進安全装備トヨタセーフティセンス

トヨタ新型プリウスαの先進安全装備として有力なのが第2世代トヨタセーフティセンス。

2018年から発売する新型車からこの第2世代トヨタセーフティセンスを搭載させる傾向にあります。

第2世代トヨタセーフティセンスの機能

  • 自動ブレーキ機能:プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • ハンドル操作サポート機能:レーントレーシングアシスト(LTA)
  • 追従ドライブ支援機能:レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
  • 自動ハイビーム:オートマチックハイビーム(AHB)
  • 標識読み取りディスプレイ:ロードサインアシスト(RSA)

より詳しい情報はこちらにて。

第2世代トヨタセーフティセンスの詳細情報はこちら

トヨタ新型プリウスαの価格・値段予想

トヨタ新型プリウスαの予想販売価格は、約265万円スタートという金額。

装備の充実化や4代目プリウスの価格等を参考にすると現行よりも10万円前後の価格向上と予想します。

トヨタ新型プリウスαの発売時期(発売日)いつ頃か。2018年に予定なし?

トヨタ新型プリウスαの発売時期に関しては、

  • 2018年
  • 2020年以降

という2つの可能性が存在しています。

実は、2020年以降にプリウスαはエスティマと統合するという可能性も取りざたされているのです。

次期プリウスαと次期エスティマが2020年以降に統合の可能性

エスティマ

次期エスティマについては、2020年頃にフルモデルチェンジが予想され、PHV化されることも有力となっています。

プリウスαは、この次期エスティマと統合して新たなミニバンとして誕生する可能性が出てきたというわけです。

詳しい情報はコチラにて。

エスティマのフルモデルチェンジ最新情報

その他、トヨタの新車発売予想スケジュールはこちら

【次のページ】増えすぎたミニバン車種の整理は避けられない