新型アルファード ヴェルファイア最新情報!マイナーチェンジ変更点解説。第2世代トヨタセーフティセンス搭載でプロパイロット対抗へ

新型アルファード

トヨタの高級ミニバンのアルファードとヴェルファイアの最新情報を紹介します。

2018年のマイナーチェンジの変更点の主なポイントは最新安全装備の第2世代トヨタセーフティセンスの搭載です。

さらに2018年11月にはさらに一部改良が行われました。

詳しい情報を見ていきましょう。

新型アルファード、ヴェルファイアのマイナーチェンジ最新情報!変更点紹介

【追加情報】2018年11月に一部改良

トヨタ新型アルファード

2018年10月25日にアルファードとヴェルファイアの一部改良が実施されました。

その変更点としては、

  • インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ<静止物>)を全グレードに標準装備
  • ナビゲーションとセットオプションにしていたブラインドスポットモニター(BSM)を、デジタルインナーミラーとの組み合わせ変更

という内容になります。

>>トヨタのモデルチェンジ・新車発売予想スケジュールはこちら
ここからは、2018年1月のビッグマイナーチェンジ情報を記載します。

新型アルファード、ヴェルファイア外観(エクステリア)デザインの変更点

こちらがマイナーチェンジ後の新型アルファードと新型ヴェルファイアの外装画像になります。

アルファード(マイナーチェンジ後)

マイナーチェンジしたアルファード
マイナーチェンジしたアルファード
マイナーチェンジしたアルファード
マイナーチェンジしたアルファード

ヴェルファイア(マイナーチェンジ後)

マイナーチェンジしたヴェルファイア
マイナーチェンジしたヴェルファイア
マイナーチェンジしたヴェルファイア
マイナーチェンジしたヴェルファイア

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジ後のエクステリア(外観)デザインの変更点は以下の通り。

  • グリル
  • バンパー
  • 17インチのアルミホイールのデザイン
  • テールランプ

全体的には、クールでモダンなイメージがより進化したデザインに。

LEDシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)搭載

ちなみに、高級志向車であるハリアーでは、マイナーチェンジで流れるウインカーこと“シーケンシャルウインカー”が採用されました。

ハリアーのマイナーチェンジ最新情報!変更点を徹底解説

アルファード、ヴェルファイアにもマイナーチェンジでこのLEDシーケンシャルウインカー搭載がメーカーオプションとして設定されることになります。

新ボディカラー

ボディカラーとしては、

  • スティールブロンドメタリック
  • グラファイトメタリック
  • ダークレッドマイカメタリック(エアロ専用)

の3つの新カラーが追加。(全てで7色をラインナップ)

その反面、

  • シルバーメタリック
  • グレーメタリック
  • グレイッシュブルーマイカメタリック

については廃止されました。

エアロボディに新グレード追加

エアログレードに関しては、

  • ExecutiveLoungeグレードをエアロボディ(GAS,HV)に追加
  • Zグレードをエアロボディ(HV)に追加
  • エアロボディ(GASグレード)からZAグレードを廃止

という内容に変更されます。

インテリア(内装)デザインの変更点

内装(インテリア)デザイン

内装デザインに関しても改良が行われ、より高級感ある室内空間へと進化することとなります。

変更点は主に以下の通り。

  • 合成皮革については、ファブリック+合成皮革だったものから、サイド材に採用されていた合成皮革を全面採用へ変更(V,ZA-G,Z-G,ZRグレード)
  • ExecutiveLoungeグレードに関してはセミアニリン本革からプレミアムナッパ本革へ変更
  • ExecutiveLoungeグレード、エアロボディにメーカーオプションとしてホワイトレザータイプが新設定

その他、木目調パネルのデザインが変更されより質感高いデザインとなります。

アルファード/ヴェルファイア マイナーチェンジの目玉!第2世代トヨタセーフティセンス搭載

今回のマイナーチェンジの最大の注目ポイントとしては、第2世代トヨタセーフティセンスがトヨタ車で初搭載されるという所です。

トヨタセーフティセンスには、簡易タイプのCと、上級タイプのPが存在しますが、新型アルファードと新型ヴェルファイアにはより進化したトヨタセーフティセンスが全車標準搭載されています。

第2世代トヨタセーフティセンスにの内容に関しては、日産のプロパイロット対抗とも言える内容であり、様々な内容がパワーアップされているので要注目です。

第2世代トヨタセーフティセンスの詳細情報はこちら

アルファード/ヴェルファイア マイナーチェンジでさらなる先進装備追加へ

また、第2世代TSSだけでなく、新型アルファードとヴェルファイアの先進装備はさらに充実することとなります。

その内容としては、以下のものとなります。

  • インテリジェントパーキングアシスト2に機能追加(巻き込み警報機能+バックガイドモニター機能+音声案内機能付)
  • 電子インナーミラー、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラート、ITS Connectを搭載

アルファード/ヴェルファイア マイナーチェンジ後の価格

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジ後の価格は、次の通りとなります。

+価格を表示する

アルファードの価格表

定員(人)駆動価格
(消費税込み)
X82WD3,376,080
“サイドリフトアップチルトシート装着車”73,561,000
S83,714,120
73,757,320
“サイドリフトアップチルトシート装着車”3,810,000
“A パッケージ”3,926,880
“C パッケージ”4,383,720
G4,206,600
“サイドリフトアップチルトシート装着車”4,240,000
GF2WD5,227,200
“サイドリフトアップチルトシート装着車”4,652,000
SC4,969,080
Executive Lounge7,028,640
Executive Lounge S7,177,680
X8リダクション機構付のTHSⅡ(2AR-FXE 2.5L)+E-Four(電気式四輪駆動)4,384,800
74,426,920
“サイドリフトアップチルトシート装着車”4,513,000
S4,632,120
G4,997,160
“F パッケージ”5,551,200
SR5,141,880
“サイドリフトアップチルトシート装着車”5,139,000
“C パッケージ”5,695,920
Executive Lounge7,352,640
Executive Lounge S7,502,760

ヴェルファイアの価格表

定員(人)駆動価格
(消費税込み)
X82WD3,376,080
“サイドリフトアップチルトシート装着車”73,561,000
Z83,714,120
73,757,320
“サイドリフトアップチルトシート装着車”3,810,000
“A エディション”3,926,880
“G エディション”4,383,720
V4,206,600
“サイドリフトアップチルトシート装着車”4,240,000
VL2WD5,227,200
“サイドリフトアップチルトシート装着車”4,652,000
ZG4,969,080
Executive Lounge7,028,640
Executive Lounge Z7,177,680
X8リダクション機構付のTHSⅡ(2AR-FXE 2.5L)+E-Four(電気式四輪駆動)4,384,800
74,426,920
“サイドリフトアップチルトシート装着車”4,513,000
Z4,632,120
V4,997,160
“L エディション”5,551,200
ZR5,141,880
“サイドリフトアップチルトシート装着車”5,139,000
“G エディション”5,695,920
Executive Lounge7,352,640
Executive Lounge Z7,502,760
【次のページ】
アルファードとヴェルファイアの歴史!トヨタ新世代のフラグシップミニバンの誕生