スバルWRX S4 2017年にD型へマイナーチェンジするもどう変わる?予想と希望について

スバルのスポーツセダンとして2014年にデビューしたWRX S4。

そんなWRX S4も2017年には発売4年目を迎えてD型となり、モデルライフ後半に突入することとなります。

インプレッサG4ともレガシィB4とも異なるスポーツセダンとして徐々に支持されつつあるWRX  S4がマイナーチェンジされる2017年について予想と希望を含めて語りたいと思います。

スポンサーリンク

スバルWRX S4 2017にD型へマイナーチェンジ アイサイト最新Ver搭載か

wrx s4

スバルの車は発売1年目がA型、そして翌年がB型へ改良されるというように毎年何らかの改良が行われるイヤーモデル制を採用しています。

近年のスバル車は、発売4年目となるD型でビッグマイナーチェンジを実施してモデルライフ後半に突入する傾向にあり、WRX S4もD型となる2017年にビッグマイナーチェンジが行われるのはほぼ間違いないと言えます。

WRX S4は、以前はインプレッサシリーズの一員だったインプレッサWRXが独立し、STIとは別にファミリーカー的要素としても使える車として登場しました。

どちらかというと4代目までのレガシィB4の後継的車種という位置づけがしっくりくるのではないでしょうか。

レヴォーグとは兄弟車であることから、レヴォーグセダンと言われることもあります。

日本向けに本気で作ったレヴォーグのセダンモデルという部分から考えても、スバルが日本で本気で力を入れているセダンはWRX S4だと私は思います。

その証拠に、インプレッサG4やレガシィB4のCMはほとんどないにも関わらず(大抵インプレッサスポーツとレガシィアウトバックのCMが放送されている)、WRX S4のCMは年次改良する時期になれば「大人になったらスポーツセダン」というキャッチフレーズを掲げてよく放送されています。

セダン不況の中、セダンになじみ深く、旧来のレガシィB4のユーザー層も多い中高年齢層のユーザーや、走り好きだが通常の乗用車としても使えるスポーツカーを探しているユーザー層にターゲットを絞ることで、WRX S4は独自の存在を発揮していると言える状況です。

さて、前置きが長くなりましたが、2017年のビッグマイナーチェンジで可能性が高いのは、最新式のアイサイトが採用されるということです。

スバルは、2017年にアイサイトの新型搭載車を投入することをすでに発表しています。

アイサイト2017

この新型アイサイトについては、レベル2の自動運転が可能となり、これまで65km/h以上でしか利用できなかった車線からはみ出ず、車線の中央を自動的に走る機能が65km/h以下の低速時でも使用可能となり、これを利用することで単一車線上での自動走行が実質可能となるわけです。

この新型アイサイトの初搭載車に関しては、レヴォーグが最有力候補となっています。

レヴォーグは2017年登場のD型でビッグマイナーチェンジか。アイサイトver4で自動運転アピールなるか!?

WRX S4は実質レヴォーグセダンということもあって、これまでレヴォーグが年次改良で実装された機能は、レヴォーグの改良後すぐに搭載されるという傾向があります。

つまり2017年のマイナーチェンジでレヴォーグに新型アイサイトが搭載されれば、ほぼ間違いなく、同時期にWRX S4のD型で新型アイサイト搭載がされることになるでしょう。

スポンサーリンク

WRX S4の質感向上が課題

WRX S4に関しては、走行性能という部分だけで見れば、輸入車よりもコストパフォーマンスが高いのは間違いありません。

ただ、その分、車の質感を犠牲にしている部分があるのは否めません。

WRXということで、メッキ加飾といったギラギラした演出はなく、レヴォーグに比べて控えめのデザインとなっているのは承知の通りです。

ただ、ベース価格で400万近くするということを考えると、今の質感は、4代目のインプレッサG4と100万円以上の差があるとは到底言えません。

それに2016年10月にフルモデルチェンジを行って登場する5代目の新型インプレッサの質感は大幅に向上し、正直今のWRX S4よりも内装等の質感が高いレベルへと進化しています。

<新型インプレッサG4の内装>

【出典:新型インプレッサG4公式サイト

<現行WRX S4の内装>

s4%e3%81%ae%e5%86%85%e8%a3%85

【出典:WRX S4公式サイト

これをD型となる2017年のマイナーチェンジでどう克服してくるかが焦点となります。

新型インプレッサにスバル初搭載される新型プラットフォームのSGP(スバルグローバルプラットフォーム)は、フルモデルチェンジする車に搭載していくと発表されているため、マイナーチェンジとなるWRX S4のD型では搭載されません。

subaru2019

WRX S4のラグジュアリーモデルがあってもいいのでは

個人的には、レガシィのようにLimitedグレードを設定して、ラグジュアリー志向のWRX S4があってもいいと思っています。

2015年に限定発売した特別仕様車「SporVita(スポルヴィータ)」のようにサイドウインドウ下部にメッキ加飾をするだけでもやや質感の高さが演出されますよね。

<WRX S4 SporVita(スポルヴィータ>

wrx-s4-sporvita%ef%bc%88%e3%82%b9%e3%83%9d%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%bf%ef%bc%89 s4%e3%80%80%e3%83%a1%e3%83%83%e3%82%ad%e5%8a%a0%e9%a3%be

レヴォーグや新型インプレッサG4の上級モデルには、このようにメッキ加飾されているので、S4もマイナーチェンジで是非、これをオプション設定でもいいので選べるようになればなと思います。

S4のラグジュアリーモデルを設定することで、キャラクター的にやや近いスカイラインのユーザーや、日本向けのサイズであることからトヨタSAIやマークXのユーザーも演出しだいでは囲むことができると思うのですが。。。

まあ、さすがにそれをしてしまうとレガシィB4の立場がなくなってしまいますし、ましてや需要が少ないこのジャンルでそういったコストをかけるのは困難だとは思います・・・

それにWRXというキャラクターを考えるとラグジュアリーというのは似合わないかもしれませんが、従来のWRXのイメージはSTIに任せて、新規ユーザー獲得のためにも高級志向のWRXへと変貌するのは悪いとは思いません。

本来ならばレガシィB4がふさわしい存在ですが北米が主な市場の為に日本向けに作るわけにもいかず、セダンファンとしては、国産でコンパクトでスポーティな高級車がない今、WRX S4は、今後スバルが今まで手を出せなかったスカイラインやクラウンアスリートといった国内の高級スポーツカーのユーザー層にも訴えかけることのできる可能性のある車だと思います。

これの質感を向上させれば・・・(画像はWRX S4)

↓こんな風になるのも夢の話ではないと思いませんか?(画像はスカイライン)

%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3

なんとか2017年のD型となるマイナーチェンジでそういった形が少しでも見れれば嬉しいのですが。

WRX S4のマイナーチェンジに関する最新情報が入れば、お伝えするのでお互い楽しみにしていましょう。

スポンサーリンク

※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。

車の最高買取金額の無料チェックはこちら