トヨタ新型86のフルモデルチェンジ最新情報!2020年頃発売で1.6ℓ直噴リーンバーンターボ搭載か

トヨタの人気スポーツカーの86(ハチロク)とスバルのBRZのフルモデルチェンジが2020年頃行われる可能性が出てきました。

2代目となる新型86は、初代と同じくトヨタ・スバルの共同開発となり、スバルの新世代プラットフォームSGPをベースに新開発の1.6ℓ直噴ターボ搭載が現時点では有力となっています。

2019年にはBMWと共同開発しているスープラ、2021年頃にはS-FRというようにトヨタの新世代のスポーツカーが発売される見通しですが、その中でも中核となる次期86の最新情報について今回はお伝えします。

スポンサーリンク

トヨタ新型86は、マツダではなく引き続きスバルと共同開発!

2代目となる新型86は、マツダと共同開発し、ロードスターをベースとして作られるのではないか。

2015年5月にトヨタとマツダの提携が決まったことで、そんな噂が一時期出回ったことがありました。

しかしながら、それは真っ赤なガセだったことが判明しました。

実際には、モデルチェンジ後の新型86も、初代86に引き続きスバルとの共同開発が行われることとなります。

走る楽しさを追及した「直感ハンドリングFR」のコンセプトの実現のもと、2012年にデビューしたトヨタ86。

86は、若年層だけではなく、かつてのAE86型カローラレビン・スプリンタートレノのユーザーだった中高年層も狙った幅広い層をターゲットとしたFRレイアウトのスポーツカーとなっています。

そんな86は今や唯一のトヨタブランドのスポーツカーとなっており、スポーツカー好きのユーザーにとっては、ややおとなしい性格のクルマながらも気にせずにはいられない存在となっています。

そんな86の歴史を振り返って見ると、現行型86のコンセプトモデル だったFT-86が公開された2009年の第41回東京モーターショーまで戻ることとなります。

<FT-86Concept>

ft-86

このデザインは、一つ前の東京モーターショー2007で公開されていたトヨタのハイブリッドスポーツタイプのコンセプトカー「FT-HS」を彷彿するものとなっており、新しい時代のライトウェイトスポーツカーとして印象づけました。

<FT-HS>

ft-hs

【出典:トヨタ公式サイト

そして2年後の2011年に開催されたジュネーブモーターショーではさらにデザイン等を改良した「FT-86 II concept(エフティー・ハチロク・ツー・コンセプト)」を公開。

<FT-86 II concept>

ft86-2

【出典:トヨタ公式サイト

そしてその翌年2012年にようやく市販モデルとなる86が発売に至ったというわけです。

<トヨタ86>

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf86

それから4年った2016年には、ビッグマイナーチェンジを実施してデザインだけでなく足まわりやボディ剛性の強化を行い、次期86がデビュー予定の2020年までさらなる現役続行をすることとなりました。

<マイナーチェンジ後の86>

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%ef%bc%98%ef%bc%96%e3%80%80%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b8%e5%be%8c

言わば、初代86は8年以上という長期のモデルライフを設定されていることとなります。

前置きが少しながくなりましたが、ここから2020年にデビューが見込まれる2代目86について見てきましょう。

2代目新型86のプラットフォームはSGPをベースに

sgp

新型86に使用されるプラットフォームは、現行の旧インプレッサ系のプラットフォームを改良したものではなく、スバルの新世代プラットフォームであるSGP(SUBARU GLOBAL PLATFORM)をベースに後輪駆動用に改良される見通しとなっています。

新型86にはセダンやコンバーチブルモデルといった派生車登場の可能性も

これまで86には、86をベースにホイールベースを延長させたセダンモデルの追加やコンバーチブルモデルの追加の話がありました。

しかしながら、結局は、スバルの生産ラインのキャパシティの問題があって実現できなかったと言われています。

しかしながら、今後スバルが全生産ラインをSGPに特化することから、そのSGPをベースとすることでこれまでの生産ラインの問題を解消でき、86のセダンモデルやコンバーチブルモデル誕生の可能性が高まっています。

過去の過ちは繰り返さないという理由もあってSGP採用とも言えそうです。

スポンサーリンク

新型86には1.6ℓダウンサイジングターボ搭載か!?

スバルは、2019年に新開発したダウンサイジングターボユニットを投入することを2016年の決算説明会で発表しました。

<スバル 新中期経営ビジョン際立とう2020>

subaru2019

この新世代ダウンサイジングターボには、1.6ℓと2ℓの2つのモデルがあり、どちらもスバルで初めてとなるリーンバーン(希少燃焼)を採用することになっています。

リーンバーン(希薄燃焼)とは

希薄燃焼とは、理論空燃比よりも薄い混合気で燃焼させることである。「リーンバーン」ともいう。
希薄燃焼では従来のエンジンよりも大量の吸気が必要となる。そのため通常よりも「スロットルバルブ」が大きく開かれ、通気の抵抗を少なくしてより多くの空気を燃焼室へ取り込む。空気は燃焼ガスよりも温度が上がりやすいため、同等の燃焼エネルギーでもより大きく膨張し、熱効率が良くなるのである。
こうした希薄燃焼を行っているエンジンのことを「希薄燃焼エンジン」と呼ぶ。

【出典:AUTOMOTIVE JOBS

この新世代1.6ℓダウンサイジングターボエンジンが新型86で採用される可能性が高いのです。

最高出力の想定は220psとなっており、型式名は現在のレヴォーグ搭載のものと同様のFB16となるのだとか。

ちなみに、エンジンとミッション周りが小型されることによって、ボディの全長がやや短縮されることになる見通しで、新型86は現行もでるよりも若干サイズダウンとなる可能性が高いと見られます。

2021年にはトヨタのスポーツカーのラインナップが充実

新型86の発売時期は、2020年~2021年となっています。

そしてその前年となる2019年には、待望のスープラ―が復活。

さらに2021年には、ヨタハチ復活をにおわせる新ライトウェイトスポーツカーのS-FRがデビュー。

現在の86一本しかないトヨタのスポーツカーのラインナップも数年後にはかなり充実した状況となる見通しです。

そこで中核となる新型86がどこまで存在感を見せられるのかに注目です。

まだまだ、先行開発開始状況であるものの、SGPをベースにしたプラットフォーム採用に、次世代の直噴リーンバーンターボ搭載等々、次期86の今後の情報には目を離せませんね。

新型86の続報が入れば、追ってお伝えします。

スポンサーリンク

※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。

車の最高買取金額の無料チェックはこちら