Lexus Safety System+Aと第2世代版Lexus Safety System +がスゴイ!Lexus CoDriveで自動運転へ一歩近づいた

第2世代レクサスセーフティシステムプラスの最新情報

レクサスの新しい先進安全システムであるLexus Safety System+A、そして「第2世代版のLexus Safety System +」について本記事では紹介します。

Lexus Safety System+A(レクサスセーフティシステム)は、これまでのLexus Safety System+の技術を大幅に向上させた進化型であり、さらに自動運転関連の技術となるLexus CoDriveも搭載。

これまで、自動運転関連の技術では、やや遅れ気味のイメージのあったトヨタ(レクサス)ですが、高速道でのレーンチェンジまで自動化が可能となったLexus Safety System+Aを投入することで、一気にレクサス車(トヨタ車を含む)の先進化が進むことになりそうです。

そして第2世代Lexus Safety System +は、性能向上やLexus CoDriveの機能の活用等が行われ2018年から導入されています。

この記事のポイント!
  • Lexus Safety System+Aの機能
  • 第2世代版のLexus Safety System+について
  • 第2世代版のLexus Safety System +の搭載車種
  • Lexus Safety System+Aの最新情報

    Lexus Safety System+(トヨタセーフティセンスP)に比べて、大幅に安全性能や自動運転技術が向上したLexus Safety System+A。

    Lexus Safety System+が備わっていた機能に加えて、様々な新機能が搭載されています。

    では、Lexus Safety System+AがこれまでのLexus Safety System+に比べてどのように進化したのか詳細に解説します。

    スポンサーリンク

    衝突回避支援が可能な範囲が大幅に拡大した

    これまでのLexus Safety System+では、車が事故を起こしそうになった時に、それを防ぐためのサポートとなる対象ケースが、

    • 追突事故
    • 歩行者事故
    • 走路逸脱事故

    でしたが、Lexus Safety System+Aでは、これらに加えて、

    • 自転車に対する事故
    • 夜間の歩行者に対する事故
    • 交差点での出会い頭での事故
    • ガードレール等の路外逸脱事故
    • ドライバーが異常な状態になった場合

    のケースにも対抗できることとなりました。

    そのために追加された機能が次の通りです。

    自動ブレーキシステムの範囲拡大~全方位センシング~

    これまでは、

    • 単眼カメラ
    • 前方でのミリ波レーダー

    の装備によって、車の前方部分が監視されている状況でした。

    これがLexus Safety System+Aでは、

    • ステレオカメラ
    • 前方ミリ波レーダー
    • 前側方レーダー
    • 後側方レーダー

    へと装備内容が変更されました。

    これによって、

    • 前方にいる車両
    • 横断している歩行者
    • 横断している自転車
    • 後方からの接近車両
    • 前側方から割り込んでくる車両

    を検知することが可能となり、車両の全方位での監視を実現できるようになりました。

    歩行者衝突回避に新システム~アクティブ操舵回避支援~

    自動ブレーキシステムであるプリクラッシュセーフティシステムにアクティブ操舵回避支援機能を今回新たに追加。

    アクティブ操舵回避支援機能は、車が歩行者との衝突が不可避となるとシステムが判断した場合に、操舵制御によって車体を歩行者にぶつからないように支援する内容となっています。

    ~Lexus Safety System+Aの自動ブレーキシステム作動の流れ~

    Lexus Safety System+Aの自動ブレーキシステム(プリクラッシュセーフティシステム)の作動についての流れは以下の通りとなります。

    1. 前方車線内の歩行者と接触する危険性がある場合に、警報音と同時にヘッドアップディスプレイによる歩行者の存在を表示して注意喚起
    2. さらに衝突の危険がある場合に、プリクラッシュブレーキシステムが作動し、ブレーキ制御の支援が行われる
    3. ブレーキ制御だけでは衝突する可能性が非常に高いとシステムが判断した場合に、自動で操舵制御が行われ衝突回避支援が行われる(アクティブ操舵回避支援)

    さらに、ガードレールのように連続した構造物にも同じように対応しています

    ドライバーの体調急変等の運転異常事態にも対応

    ドライバーが運転中に体調が急変して運転ができなくなったという緊急事態が発生した場合に、

    • ドライバーの早期救命救急
    • 事故回避

    に対応するためのシステムドライバー異常時停車支援システムも新採用されました。

    これは、高速道路の運転支援システムである“レーントレーシングアシスト (LTA)”機能をオンにして使用している場合に作動される仕組みとなっています。

    その仕組みとしては、ドライバーのステアリング無操作状態が続き、ステアリングマッチセンサー等のシステムが異常を検知した場合に、車外にホーンとハザードランプ点灯で異常を知らせ、そして走行車線内でゆっくりと減速して自動で停車するようになっています。

    そして、停車後は、ドア解錠やヘルプネット自動接続による救命要請が行われるようになっています。

    Lexus CoDrive~自動運転に近づいた新システム~

    Lexus Safety System+Aで最も注目ポイントと言えるのが、高度運転支援技術「Lexus CoDrive」

    Lexus CoDriveには、以下の機能が採用されています。

    レーントレーシングアシスト (LTA)

    レーントレーシングアシスト (LTA)は、いわゆるレーンキープアシスト(LKA)機能のこととなります。

    車線からはみ出ないように自動で制御し、さらに車線の中央維持をして走行できるシステムとなっています。

    車線中央維持機能があることで、なめらかでふらつきが少ないレーン中央での走行が可能となっています。

    渋滞による車間が詰まった状態での低速走行時等の車線を認識できないケースでもこのシステムが使えるように、カメラによる白線の検知に加えて、先行車の走行軌跡を利用した追従をすることによって適正な走行ラインを算出させて対応しています。

    これは、スバルのアイサイトツーリングアシストに近い内容と言えるでしょう。

    スバル アイサイトツーリングアシストの詳細情報はこちら

    レーンチェンジアシスト (LCA)

    レーンチェンジアシスト (LCA)は、レーンチェンジ(車線変更)を支援する高度運転支援システムです。

    ドライバーが、高速走行時に方向指示レバー操作を動かすことで、ミリ波レーダーが車両周辺の安全を確認し、ステアリング操作を支援してレーンチェンジが実施される仕組みとなっています。

    パーキングサポートブレーキ~駐車場でもより安心に停車・発進~

    これまで採用されていた「インテリジェントクリアランスソナー」「リヤクロストラフィックアラート」に加えて、世界初となる対後方歩行者サポートブレーキが新採用されることになりました。

    世界初のシステムとなる対後方歩行者サポートブレーキは、車両後退時に歩行者等を発見すると自動ブレーキが作動するシステムになっています。

    Lexus Safety System+A

    Lexus Safety System+Aのポイントを大きくまとめると、

    • 全方位に対応した安全システムの充実化
    • 自動運転に近づいたLTA、LCAという新システムの採用

    という2つのポイントが重要な所となります。

    Lexus Safety System+A初搭載車種はレクサスLS

    Lexus Safety System+Aの初搭載車両は、レクサスのフラグシップセダンであり、2017年にフルモデルチェンジとなる新型レクサスLSからとなります。

    レクサスLSのフルモデルチェンジ最新情報はこちら

    2018年からレクサス、トヨタ車の全車で展開開始

    Lexus Safety System+Aの技術に関しては、2018年からレクサス、トヨタ車で展開されていくことが発表されました。

    いずれは、アクアクラスのコンパクトカーまでこのLexus Safety System+Aの技術が採用されていくことになるでしょうが、早い段階での展開を期待したいですね。

    第2世代Lexus Safety System +について

    第2世代版となるLexus Safety System +を2018年から導入することが2017年11月29日にレクサスより発表されました。

    第2世代版Lexus Safety System +は、Lexus Safety System + A」の衝突回避支援や高度運転支援「Lexus CoDrive」を展開した内容となります。

    また、その内容は、同時に発表された第2世代トヨタセーフティセンスとほぼ同様の内容となっています。

    なので、詳しい内容に関しては以下の記事で詳しく解説しているので是非、ご参照下さい。

    第2世代Lexus Safety System +の搭載車種

    第2世代Lexus Safety System +の搭載が搭載されているのは、以下の車種となります。

    • 新型プレミアムコンパクトSUVのレクサスUX
    • フルモデルチェンジで日本導入の次期レクサスES
    • レクサスLSの一部グレード

    各情報はこちらとなります。

    レクサスUXの最新情報

    レクサスESのフルモデルチェンジ情報

    レクサスLSのモデルチェンジ情報

    さらに今後は、

    • レクサスNX
    • レクサスRX

    が2019年の改良にて第2世代Lexus Safety System +が搭載される見通しです。

    詳しくはこちら
    新型レクサスNX最新情報!モデルチェンジ変更点と予想する次期モデル情報 新型レクサスRXの最新情報 新型レクサスRXのモデルチェンジ最新情報!2019年マイナーチェンジ予想変更点について