1. ホーム
  2. コンパクトカー
  3. ≫レクサスCTのマイナーチェンジが2017年8月24日に実施!次期モデルまでのつなぎか

レクサスCTのマイナーチェンジが2017年8月24日に実施!次期モデルまでのつなぎか

レクサスCTのマイナーチェンジが発表されました。

今回のマイナーチェンジは、現行型2度目となり、変更点はデザイン改良以外に、予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」の新採用が目玉となります。

MCされたレクサスCTの日本発売時期は2017年8月24日となります。

レクサスCTの新型モデルに関しては、近年注目されているレクサスUXの存在や、すでに発売から6年以上経過していることも含めこれまで様々な憶測が出ていました

今回は、レクサスCTのマイナーチェンジ最新情報を含めてお話します。

スポンサーリンク

レクサスCT 2017年の改良内容に注目が集まっていた

レクサスCTは、2011年1月12日に日本発売し、すでに6年以上が経過。

それゆえ、以前は2017年にフルモデルチェンジされるという情報も一部で出ていました。

ただ、いずれにしても、レクサスは2017年度末までにレクサス車すべてに予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を搭載する必要があるため、2017年にレクサスCTには大きな改良がされることはほぼ確定している状況でした。

それがフルモデルチェンジなのか、それともマイナーチェンジという形で延命するのか。

この話に関しては、当サイトでは以前から取り扱っていました。

レクサスCTのフルモデルチェンジ最新情報はこちら

結果としては、マイナーチェンジという形で現行型の延命が図られることになったというわけです。

また、レクサス初のコンパクトSUVのレクサスUXの発売を優先させるために、大幅に延期される可能性も出ています。

※次期レクサスCTのSUVモデル レクサスUXとは?

レクサスUXの最新情報はこちらで徹底解説!

レクサスCTのマイナーチェンジ最新情報!2017年8月24日に日本発売

レクサスCTのマイナーチェンジに関する変更点は、次の通りとなります。

マイナーチェンジ後のエクステリアデザイン

レクサスCTは、前回のマイナーチェンジでデザインが大幅に改良されましたが、今回も新たにデザインがリニューアルされることになりました。

そのエクステリアの画像がこちらです。

フロントのグリルには、新たな造形のメッシュデザインを採用。ヘッドランプに関しても、上部部分にアローヘッド形状のクリアランスランプを搭載。

リアのコンビランプもデザインが変更され、レクサスIS風でスタイリッシュでシャープなデザインとなりました。

テールライトに関してはフルLEDを採用。

バンパーの左右には、角(つの)のようなデザインをしたブラックラインが付け加わりました。

後、惜しいのは、流れるウインカーことシーケンシャルインカーの追加装備がなかったということです。

<Fスポーツ>

レクサスCTのFスポーツモデルもマイナーチェンジ後も健在。

マイナーチェンジ後のFスポーツモデルのデザインとしてフロントグリルには、新型レクサスLSのFスポーツに似たメッシュデザインを採用。

※新型レクサスLSの画像はこちらにて↓

新型レクサスLSのフルモデルチェンジ最新情報

また、フォグランプ周辺のデザインが特に存在感をアピールする押しの強いデザインとなっています。

リアに関しては、バンパー左右部分が通常モデルのデザインと異なっています。

※その他新型レクサスCTの画像はこちら

その他 新型レクサスCTの画像を表示

マイナーチェンジ後のインテリア(内装)デザイン

今回のレクサスCTのマイナーチェンジは、インテリア(内装)に関しても変更点がいくつかあります。

新型レクサスCTの内装

内装のポイント

ナビゲーションディスプレイを固定式の10.3インチへと大型化

ナビ画面は2画面表示が可能に。

そしてシート表皮にオーナメントパネルとの一体感を感じさせるツートンカラーを採用。

スポンサーリンク

【最新自動車特集】
モデルチェンジ情報が満載!

新車情報をまとめて一気読みできるページがこちら

Lexus Safety System+はレクサスISと同じものに

MC後のレクサスCTに搭載されるLexus Safety System+(LSS+)には、レクサスISと同じ内容のものが採用されます。

Lexus Safety System+はレクサスISには、

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート(LDA)
  • オートマチックハイビーム(LDA)
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御タイプ)

の機能が採用されています。

レクサスISがマイナーチェンジで変更されたポイントを解説

実は、この外にも、

  • 全車速対応のレーダークルーズコントロール
  • レーンキープアシスト(LKA)
  • アダプティブハイビームシステム

といった上級システムが存在し、各モデルによって採用されていたりします。

しかしながら、マイチェン後のレクサスCTには、これら3つの機能は備わらないこととなります。

新型レクサスCTの発売時期と価格

マイナーチェンジされた新型レクサスCTの発売時期は、2017年8月24日となります。

価格に関しては、以下の通りとなります。

ハイブリッドシステム 駆 動 価 格(消費税込み)
CT200h “version L” リダクション機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L直列4気筒)
2WD(FF) 4,770,000円
“F SPORT” 4,400,000円
“version C” 3,990,000円
ノーマルグレード 3,770,000円

次期レクサスCTに関して

次期レクサスCTに関する情報は、次の記事をご覧ください。

レクサスCTのフルモデルチェンジ最新情報

レクサスCTに関する最新情報が入り次第更新します。

レクサスNXのマイナーチェンジ情報はこちら

レクサスES&GSのフルモデルチェンジ情報はこちら

スポンサーリンク

気に入ったらシェアをお願いします!

【人気コンテンツ】新車情報の噂が1ページでまるわかり!

レクサス車の新車・次世代モデル特集