1. ホーム
  2. SUV
  3. ≫ランドクルーザープラドがマイナーチェンジ!2017年9月12日発表で外観デザイン変更や安全装備を充実へ

ランドクルーザープラドがマイナーチェンジ!2017年9月12日発表で外観デザイン変更や安全装備を充実へ

トヨタのオフロードSUVのランドクルーザープラドがのマイナーチェンジが2017年9月12日に実施されました。

4代目となる150系の現行プラドは、すでに7年以上前となる2009年にモデルチェンジをしてデビューをし、2013年に一度マイナーチェンジを行っています。

現行型2度目となる今回のマイナーチェンジでは、デザインの改良だけでなく、トヨタセーフティセンスPが装備され安全機能が大幅にパワーアップすることとなります。

トヨタは、C-HRが新車販売台数ランキングで一位を獲得するなどクロスオーバーSUV部門での躍進が目立ちますが、ランクル系のオフロードSUVも負けてられません。

今回は、ランドクルーザープラドのマイナーチェンジに関する最新情報をお届けします。

スポンサーリンク

海外ではレクサスGX470として販売されているランドクルーザープラド

【出典:レクサスGX470公式サイト

元々、三菱パジェロの対抗車としてデビューし、今では海外でレクサスブランドのGXシリーズとして販売されるまでに成長したランドクルーザープラド。

そんなプラドのルーツと歴史についてこちらで詳しく解説しています。

ランクルプラドの歴史とルーツを徹底解説!

ランドクルーザープラドのマイナーチェンジ最新情報

ランドクルーザープラドの今回のマイナーチェンジに関する内容は以下の通りとなります。

外観デザインと内装デザインを変更

エクステリア(外観)デザインの変更点

まずは、エクステリア(外観デザイン)のフロントから。

エクステリアの改良内容としては、以下の通り。

〇ヘッドランプ

⇒マイナーチェンジ前のLEDポジションランプはドット状で縦型に配置されているが、横型でフロントグリルと一体化感あるデザインとなり、導光LEDのものへ変更。

デザインとしてはランドクルーザー200に近いものとなる。

これに伴い全車のヘッドランプをLED採用へ。

〇フォグランプ

ヘッドランプと同様、フォグランプは、左右ダクトを含め形状を変更。

光源にはLEDが採用される。

〇フロントグリル

バーの太みが増し、縦型リブでより力強いデザインへ改良。

〇フロントバンパー

バンパー形状も刷新され、改良前よりもすっきりとして、全体的に一体感のあるデザインに。

次にリアのリーク画像がこちらです。

リアデザインの変更点としては以下の通り。

〇リアコンビランプ

リアコンビランプの形状は、改良前の押しが強いデザインから一転、ボディと一体感のあるスッキリとしたデザインへと改良されています。

クリアランプ部分のデザインの範囲が少なくなったと言えます。

ホイールに関しては、17インチアルミホイールに関してはスポークのデザインを改良。

そして、最上級グレードのTZ-Gグレードで採用されていた18インチのものは新仕様の19インチ(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)へと変更されます。

<カラーバリエーションも変更へ>

カラーバリエーションに関しても、マイナーチェンジを機に変更が加えられます。

新たに採用されるカラーは、

・アバンギャルドブロンズメタリック

・ブラキッシュアゲハガラスフレーク

廃止されるカラーは、

・ダークスチールマイカ

・ブロンズマイカメタリック

となります。

その他のカラーは次の通りです。

+その他カラーを表示

インテリア(内装)デザインの変更点

新型ランドクルーザープラドのマイナーチェンジ後のインテリア(内装)の内容の変更点は以下の通りとなります。

〇メーターパネル

改良前の円筒状のデザインを廃止し、質感高い一枚もののパネルへ変更。

〇センタークラスター

センタークラスターは、金属調のものへ変更されます。

〇ナビ画面

ナビゲーション画面については、タブレット風のモニターを採用へ。

その他、フラクセンの内装色は、ベージュに変更されたり、パワーウインドウ周辺の木目調パネルがブラックパネルへ変更されるなど、全体的にモダンなデザインに。

〇エアコン吹き出し口

エアコン吹き出し口(レジスターリング)の上部分を下げて、視認性向上が図られました。

〇ステアリングの変更

握りやすさが考慮され、専用加飾が施されたステアリングホイールへ変更。

MCの目玉ポイントのトヨタセーフティセンスP

ランドクルーザープラドの今回のマイナーチェンジの目玉ポイントとしては、最新安全装備のトヨタセーフティセンスP(Toyota Safety Sense P)が採用されることです。

トヨタセーフティセンスPは、すでにランクル200系では2015年から採用されていますが、ランクルプラドに関しては今回初搭載となります。

改良前のランクルプラドの安全装備には、衝突回避技術としてミリ波レーダー搭載によるプリクラッシュセーフティシステムが採用されていましたが、あくまで先行車・路上障害物・対向車が対象であり、歩行者に関しては対象外でした。

しかしながら、ミリ波レーダーと単眼カメラを併用するトヨタセーフティセンスPを採用することで、自動ブレーキが歩行者検知にも対応することとなりました。

その他、新型ランクルプラドに搭載されるトヨタセーフティセンスPに関しては、

  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)

といった機能が備わっています。

詳しくは、こちらの記事で解説しているのでご参照下さい。

トヨタセーフティセンスの詳細情報

スポンサーリンク

【最新自動車特集】
モデルチェンジ情報が満載!

新車情報をまとめて一気読みできるページがこちら

マイナーチェンジ後もパワートレインは変わらず

ランドクルーザープラドのマイナーチェンジ後のパワートレインに関しては、現行の

2.8リッター直列4気筒ディーゼルターボ 2.7リッター直列4気筒DOHC
最高出力<ネット>kW(PS)/r.p.m. 130(177)/3,400 120(163)/5,200
最大トルク<ネット>N・m(kgf・m)/r.p.m. 450(45.9)/1,600~2,400 246(25.1)/3,900
使用燃料 軽油 無鉛レギュラーガソリン

と同じ仕様で変更を伴うグレードアップは行われませんでした。

新型プラド その他マイナーチェンジの内容

新型ランドクルーザープラドの、その他のマイナーチェンジの内容としては以下のものとなります。

  • TZ-Gグレードにドライブモードセレクトを採用

⇒「ノーマル」「エコ」「コンフォート」「スポーツS」「スポーツS+」の5つから選べる

  • 助手席ミラーのリバース連動機能搭載(TX-L以上のグレードに限る)
  • 5人乗りモデルと7人乗りモデル共にTX、TX-Lグレードで設定
  • 特別仕様車G-FRONTIERの生産終了
  • TRDからエアロパーツが用意

新型ランクルプラドの発売日は2017年9月12日

マイナーチェンジした新型ランドクルーザープラドの発売日は、2017年9月12日です。

販売価格は以下の通りとなります。

+販売価格を表示

また、同日には、あのハイラックスが13年ぶりに国内復活を発表して話題となっています。

ハイラックスピックアップが復活!最新情報はこちら

いよいよ後期型へと移行する4代目ランドクルーザープラド。マイナーチェンジに関する最新情報が入り次第追って続報をお届けします。

【次のページ】ランドクルーザープラドの歴史とルーツを解説!

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

気に入ったらシェアをお願いします!

【人気コンテンツ】新車情報の噂が1ページでまるわかり!

トヨタ車の新車・次世代モデル特集