トヨタ 新型ハリアーのマイナーチェンジ最新情報!ダウンサイジングターボ搭載で2017年6月8日に発売

トヨタ自動車の人気クロスオーバーSUVのハリアーが2017年6月8日にビッグマイナーチェンジを実施しました。

トヨタのSUVと言えば、2016年12月にコンパクトSUVのC-HRが発売されたばかりであり、今後ハリアーとの住み分けが上手くいくのかどうかが注目されています。

今回のハリアーのマイナーチェンジの内容としては、デザインの改良や衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」が搭載されるという所もありますが、一番の注目は2.0Lのダウンサイジングターボモデルが新たにラインナップされるという所です。

その他にも近年のトヨタ車では類を見ない程の充実した改良がされることが判明しました。

そこで今回は、価格情報を含めて新型ハリアーのマイナーチェンジに関する最新情報をお話します。

スポンサーリンク

SUVの概念を塗り替えたハリアーの歴史について

ハリアーは、クロスオーバーSUVという存在をいち早く世界中で注目を集めた輝かしい歴史を持つ車です。

世界中でのSUVに対する概念を塗り替えた、まさに次世代SUVの先駆けとも言えるハリアー。

そんなハリアーのこれまでの軌跡はこちらにて解説しています。

新型ハリアーのマイナーチェンジ最新情報

3代目として2013年から発売されている現行ハリアーですが、ついに2017年6月8日にビッグマイナーチェンジを実施して後期型へと移行します。

冒頭でもお伝えしましたが、今回のマイナーチェンジのポイントとしては

  • ターボエンジン追加
  • 安全装備の充実

この2つが大きなポイントとなります。

では、ハリアーがMCでどのように変わるのか詳しく見ていきましょう。

新型ハリアーはマイナーチェンジの改良内容はコレだ!

ハリアーのマイナーチェンジの内容は以下の通りになります。

新型ハリアーのデザイン画像について

シャープで彫の深い造形となっているハリアー。

そんなハリアーのマイナーチェンジ後の画像がこちらになります。

マイナーチェンジ後のハリアーの内装画像はこちらになります。

その他、新型ハリアーの画像と動画はこちらにて。

その他、マイナーチェンジでの改良内容について

その他マイチェン後のハリアーの内容は以下の通りになります。

  • リアのクリアテールランプがレッドのコンビランプに変更
  • PREMIUMグレード以上のグレーに、流れるウィンカーことLEDシーケンシャルターンランプが装備
西大寺編集長
トヨタブランドの車として初めてこの流れるウインカーがC-HRに搭載されたばかりですが、続いて新型ハリアーにも採用となります。

ちなみにシーケンシャルウインカーとは実際にはこんな感じになります。

西大寺編集長
アーバンスタイルでラグジュアリーSUVのハリアーだからこそ、この装備でより高級感あるスタイルが引き立つことになりそうです。
  • オートホールド機能付き電動パーキングブレーキ搭載
  • ナビ画面が9.2インチマルチタッチスクリーン液晶モニターへと拡大(MC前は8インチマルチファンクション液晶モニターだった)
  • 室内灯にLED採用
  • プレミアムホーン設定
  • カードキーを装備
  • GRANDグレードが廃止
  • 最上級グレードとして”PROGRESS”、”Metal and Leather Package”グレードを追加
  • PROGRESSとPREMIUMグレードにレザーパッケージを設定
  • 前席シートベンチレーションを搭載(レザーパッケージ)
  • 運転席オートスライドアウェイ機能搭載(レザーパッケージ)
  • 運転席8ウェイ&助手席4ウェイパワーシート(レザーパッケージ)
  • ウェルカムライトを導入(上級グレード)
  • ボディ剛性強化でより上質な乗り心地を実現

ボディカラーについて

ボディカラーについては、

〇ダークブルーマイカメタリック

〇ダークレッドマイカメタリック

の2色が新たに追加。

その代わり

〇ダークブラウンメタリック

〇ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

〇ブラッキッシュレッドマイカ

が廃止へ。

大人の色気のある新ボディカラー追加によって、ハリアーのスタイリッシュでプレミアムな部分が協調されることになりそうです。

また、内装カラーは、ブラック、ダークサドルタン(茶系)、ボルドーの3色を設定へ。

トヨタセーフティセンスPを採用へ

西大寺編集長
ハリアーの今回のマイナーチェンジの目玉の一つとして、トヨタセーフティセンスPの採用が挙げられます。

現在のハリアーには、安全装備として、ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムが採用されていますが、これがトヨタ最新の衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」へと変更されることになります。

Toyota Safety Sense Pの主な特長はこちらをタッチ
西大寺編集長
「Toyota Safety Sense」に関しては、2017年末までにトヨタの主要車全てに搭載することが発表されているので、ハリアーも例外なくセーフティセンスが搭載されることになったということです。

これまで、Toyota Safety Sense Pのレーダークルーズコントロールに関しては、

  • 新型プリウスように全車速対応のタイプ
  • クラウンやランドクルーザーのように制限速度のあるブレーキ制御

と2つのタイプに分かれていました。

マイナーチェンジ後のハリアーには全車速タイプのものが採用されます。

クラウンやマークXですらマイナーチェンジで対応できなかったレーダークルーズコントロールの全車速対応化されるという点は、重要なポイントです。

関連記事トヨタセーフティセンスについて解説

電動パーキングブレーキも新採用

電動パーキングブレーキもクラウンには未だに採用されていませんが、今回の新型ハリアーに新搭載されることになりました。

電動パーキングブレーキの例

ハリアーのライバルとなるマツダCX-5には、すでに電動パーキングや全車速対応ACCが採用されており、装備面でも負けられない事情があったと言えるでしょう。

SUVという売れ筋ジャンルで、ハリアーという人気車種だからこそ、ここまでの豪華な内容のマイチェンになったのでしょう。

その内容の豪華さゆえ、レクサスNXの立場が心配です。

ちなみに、レクサスNXも2017年秋にマイナーチェンジが実施されますが、この流れだと、ハリアーが優勢なのは否めません。

※レクサスNXの最新情報はこちらの記事にて↓

新型レクサスNXのマイナーチェンジ最新情報!日本発売時期は9月頃

新型ハリアー マイナーチェンジの目玉は2.0ターボモデルの追加

そして今回のハリアーのマイナーチェンジで大目玉となるのが、2Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載したモデルが新たにラインナップするということです。

搭載されるエンジンは、レクサスNXから採用され始めた8AR-FTS型の直4 2.0L直噴ターボエンジンで、性能は、238ps/35.7kgmとなります。

燃費性能は

  • 2WDモデルが13.0km/L
  • 4WDモデルが12.8km/L

となります。

このターボエンジンは、クラウンでも実用化されていますが、ハリアーに搭載されることで、トヨタブランドの車として初めてのFF車への採用となります。

さらにそのターボモデルに関しては、専用パーツ採用に加えて、専用のサスペンションや大型ホイールが採用される特別な仕様になる見通しです。

新庄 誠
イメージとしては、スバルのレヴォーグのSTIスポーツのような感じなんかな。

けど、やっとハリアーにもターボ追加って感じやな。

ガソリングレードは引き続きラインナップ

ちなみにガソリンモデルは廃止されず、現行型にラインナップされている

  • ガソリンエンジンの2.0ℓNAモデル
  • 2.5ℓのハイブリッドモデル

はマイナーチェンジ後も継続してラインナップされます。

ハリアーのマイナーチェンジ後の価格について

マイナーチェンジした新型ハリアーの価格は、以下の通りとなります(全て税込価格)。

こちらをタッチすると価格表が表示されます

次にハリアーの弟分とも言えるC-HRとの比較と、新型ハリアーのライバルSUVについて見ていきましょう。

次のページ新型ハリアーとC-HRの比較、そしてライバル達の存在について

スポンサーリンク
※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。