フォレスター E型へマイナーチェンジ(年次改良)が2017年4月実施!現行型SJ系最後の改良へ

スバルのクロスオーバーSUVのフォレスターが2017年4月にE型へマイナーチェンジ(年次改良)します。

これは、2012年から発売されている4代目のSJ系として最後のモデルとなる見通しであり、現行型フォレスターの完成形とも言えます。

ちなみにD型フォレスターについては、すでに1月22日に注文受付となっており、そのフォレスターE型の発売時期としては、4月3日になります。

そんなフォレスターE型の最新情報を今回、お話します。

スポンサーリンク

フォレスターE型 2017年4月3日に発売!その内容について

2017年4月3日に発売されるフォレスターE型の内容は以下の通りとなります。

アイサイトver3を全グレードに搭載

フォレスターE型では、ほぼ全てのグレードにアイサイトver3が搭載されることになります。

※6MTの2.0i-Lグレードのみ非搭載

それに伴って、D型までアイサイトが設定されていなかった「2.0i」と「2.0i-L」グレードは廃止となります。

※2.0i-Lグレードは、6MTモデルのみ継続でラインナップ

アイサイトのアクティブレーンキープが進化

フォレスターE型に搭載されるアイサイトver3のアクティブレーンキープは、これまで65km/h以上で作動していた条件が、60km/h以上から作動可能へと変更されます。

これは2016年に発売されたレガシィC型と同様の改良です。

特別仕様車「Brown Leather Selection」「Style Modern」の廃止

2016年7月11日に、スバル初となる水平対向エンジン搭載車「スバル1000」の発売50周年を記念して発売された特別仕様車「Brown Leather Selection」、そして続いて同年10月3日に同じく「スバル1000」50周年記念として発売された特別仕様車「Style Modern」がフォレスターE型では廃止されることになります。

<Brown Leather Selection>

<Style Modern>

2016年に50周年記念として発売された特別仕様車なので、2017年に廃止というのは当然の流れとも言えます。

X-BREAKに特別仕様車設定

X-BREAK特別仕様車

そしてフォレスターE型には、オレンジカラーをアクセントにしたX-BREAKの特別仕様車が設定されます。

その特別仕様車の内容は、

  1. 17インチアルミホイール(ダークグレーメタリック塗装)
  2. ブラックルーフレール
  3. X-BREAKリヤオーナメント
  4. フロントフォグランプ(オレンジ加飾付)
  5. キーレスアクセス&プッシュスタート(標準装備)
  6. 運転席・助手席8ウェイパワーシート(標準装備)
  7. フロントグリル(シルバーメッキ+ブラック塗装)
  8. ブラックカラードドアミラー
  9. サイドクラッディング(オレンジモール付)
  10. アドバンスドセイフティパッケージ

となります。

その価格2,754,000円。

ブラックのルーフレールかっこいいですよね。

ブラックルーフレールと言えば、初代フォレスターや初代インプレッサXVを思い出してしまうのは私だけでしょうか。

<インプレッサXV>

ボディカラーの「タンジェリンオレンジ・パール」「デザートカーキ」廃止

フォレスターX-BREAKに設定されていたボディカラーの

  • タンジェリンオレンジ・パール
  • デザートカーキ

この2色のボディカラーは廃止されることになります。

デザインや足回りの変更は行われず、新型インプレッサに採用されている電動パーキングブレーキ搭載は、次期モデルまでおあずけとなります。

2018年に新型フォレスターへ世代交代

2018年には、5代目フォレスターへフルモデルチェンジをしていよいよ世代交代をする見通しです。

次期フォレスターは、スバル新世代プラットフォームSGPの採用や次世代アイサイトの搭載など魅力的な部分が多く、2017年3月にフルモデルチェンジする新型XVとは一味違うクロスオーバーSUVとして期待されます。

成熟した現行型フォレスターのE型を買うのか、それとも2018年以降に出る次世代フォレスターまで待つのか。これは、悩みどころですね。

フォレスターに関する最新情報が入れば、追ってお伝えしますね。

新型フォレスターのフルモデルチェンジが2018年に実施か!SGPとアイサイトver4に期待がかかる

スポンサーリンク
※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。