スバル アセント最新情報!日本発売の動向や価格、エンジンスペック、外観・内装デザインを解説

スバル アセント

スバルの新型SUVのアセントの最新情報を本記事ではお伝えします。

新型SUVアセントは、最新のプラットフォームSGPを搭載したフォレスター、アウトバックを上回る大型SUVとなり、かつて発売されていたトライベッカの実質新型モデルとも言える存在です。

日本発売はなく、2018年初夏に米国で発売されましたが、今回はそのスバルの新型の大型SUV「ASCENT(アセント)」の最新情報をお話します。

スバル アセントのコンセプトがこれだ!外観・内装デザイン

スバル 新型SUV「アセント」誕生!ニューヨークオートショー2017でコンセプト公開

スバルが新規車種を発表するのは、レヴォーグ以来となります。

新型SUVの名称がついに「ASCENT(アセント)」に決まったわけです。

まずは、市販モデルに近いコンセプトカーの「SUBARU ASCENT SUV CONCEPT」が「2017年ニューヨーク国際オートショー」にて公開されたわけですが、そのデザインを見ていきましょう。

アセントコンセプトのエクステリア(外観)デザイン

こちらがアセントのエクステリアの画像になります。

スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を元に3列シートSUVとして堂々たるサイズ感を表現。

アセントconceptのボディサイズ

全長5050mm

全幅1990mm

全高1840mm

ホイールベース2970mm

レガシィ以上に大型でワイルドなグリルデザイン。そして先代インプレッサの後期型を彷彿させるフォグランプ前のキバ状のメッキが目を惹きます。

サイドビューに関しては、アウトバックの上級モデルといった印象を受けるデザインに。

リアデザインは、新型インプレッサ、新型XVのコンセプト時と同系統のデザイン。また、アウトバックを上回る上級感が漂います。

アセントコンセプトのインテリア(内装)デザイン

こちらが、アセントコンセプトのインテリア(内装)の画像です。

あくまでコンセプトカーではあるものの、上質で次世代感が漂うスバル史上最高峰のデザインと言えるのではないでしょうか。

一つ気になったのが、コクピットがアウディのバーチャルコクピット風に見えるという所。

アセントは、スバルのフラグシップSUVになると言えるだけに、どこまで最新のテクノロジーが市販モデルで採用されるのか注目処。

次期レガシィ等でもこのようなデザインが採用されていくことが想定できますし、新型インプレッサ以降、スバル車の内装のクオリティの向上は凄まじいものを感じさせられます。

アセントコンセプトの公式動画

すでにアセントコンセプトのスバル公式動画も公開されているので、是非一度ご覧下さい。

スバル アセントの市販モデルの最新情報!新型3列シートSUV登場

スバル アセントの外観・外装(エクステリア)デザイン

スバル アセントの外観(エクステリア)

ポイント
  • スバルのデザインアイデンティティ「ダイナミック&ソリッド」を活かしたフロントマスク
  • 6角形のフロントグリルは、レガシィと同テイストであり、これはフラグシップモデルに与えられるデザインと思われる

スバル アセントの外観(エクステリア)

ポイント

ヘッドライトにはスタイリッシュなコの字型ランプを採用

スバル アセントの外観(エクステリア)

ポイント
  • ウインド周り、ドアハンドル、サイドバンパーには、メッキバーを装備
  • ロングボディを活かしたダイナミックなスタイル

スバル アセントの外観(エクステリア)

ポイント
  • リアコンビランプの間をメッキバーが埋め込むようなデザインを採用
  • アセントは各部分にメッキパーツが採用されており、フラグシップらしさを表現

アセントのボディサイズ

・全長4,998mm

・全幅1,930mm

・全高1,819mm

スバル アセントの内装(インテリア)デザイン

スバル アセントの内装(インテリア)

ポイント
  • 5代目新型インプレッサと同テイストの内装デザインを採用
  • フラグシップSUVらしく質感高いデザインが特徴

スバル アセントの内装(インテリア)

ポイント
  • 6.5インチ・タッチスクリーンを採用
  • マルチメディア・システム「SUBARU STARLINK」を標準装備(「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応)
  • 上級グレードでは8インチバージョンを装備

スバル アセントの内装(インテリア)

ポイント
  • トリプルゾーン・エアコンを採用
  • 上級グレードには、革巻きステアリングホイール、レザーシート、プライバシーガラス、電動調節式ドライバーシート、フロントワイパーデアイサー、ヒーター内臓フロントシート等を装備

スバル アセントの内装(インテリア)

ポイント
  • 乗員数は8名。ただし、オプションにてキャプテンシートに変更する「7人乗り」も可能
  • 7人乗り仕様の2列目シートに2名掛けとなるキャプテンシートはスバル車初

最上級グレードには、

  • クロームの外装トリム
  • ウッドトリム
  • ベンチレーション機能内蔵フロントシート
  • 自動ワイパー
  • レザー張りインテリア(ジャワブラウン)
  • ヒーター内臓ステアリングホイール

等を装備。

スバル アセントの動画一覧

スバル アセントのプラットフォームにSGP

新型SUVのアセントには、スバルの新世代プラットフォームSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されます。

<SGPのメリットについて>

スバルグローバルプラットフォームのメリットは走りだけに留まらず、SUBARUの強みである総合安全性能のレベルも大幅に引き上げます。

徹底した高剛性化と低重心化により、優れた危険回避性能を実現。高められたブレーキ性能と相まって、突然の回避操作に対してもクルマが素早く反応します。

また衝突安全性能も進化を遂げています。車体強度を高めるとともにフレームの通しを最適化し、衝撃を効果的に吸収するボディ構造を実現。世界中の安全アセスメントで高い評価を得ているSUBARUの衝突安全性能を、一段と高めています。

【出典:スバル公式サイト

 大型SUVということで、SGPの限界範囲最大のボディサイズとなります。

スバル アセントのパワートレイン情報

スバル アセントのパワートレインには、新開発エンジンとなる「2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジン(FA24型)」を搭載。

FA24型エンジンスペック性能

・最高出力:260hp

・最大トルク:38.3kgm

トランスミッション

アセントのトランスミッションは8速の変速ロジックが与えられたフル電子制御自動無段変速(CVT)「スポーツリニアトロニック」を採用。

ステアリングホイールにあるパドルにて8段のステップシフトが可能となっている。

スバル アセントの先進安全装備に「アイサイト」+「アイサイトアシストモニター」

スバル アセントの先進安全装備には、

  • アイサイト
  • アイサイトアシストモニター
  • ステアリング連動ヘッドランプ
  • ハイビームアシスト
  • 後退時自動ブレーキ
  • 後側方警戒支援システム

を採用。

日本で人気のアイサイトツーリングアシストは搭載されていない。

スバル アセントの発売日、価格・値段情報

スバル アセントの発売時期(発売日)は、米国で2018年初夏となります。

価格については、グレードごとに以下の通り。

アセントの価格
  • ベースグレード:3万1,995ドル(日本円で約348万円)
  • アセント プレミアム:3万4,195ドル(日本円で約372万円)
  • アセント リミテッド:3万8,995ドル(日本円で約425万円)
  • アセント ツーリング:4万4,695ドル(日本円で約487万円)

※1ドル109円で計算

スバルアセントの日本発売はなし!代替車種は・・・

スバル アセントの日本発売は現時点ではありません。

日本では、ボディサイズのこと等を考えると需要が少なく、今後も可能性は低いと思われます。

しかしながら、ライバルのマツダに関しては、CX-9をベースにしたCX-8を日本発売させてヒットさせています。

このことから、日本のスバリストの間ではスバル版のCX-8ことミニアセント導入に期待が集まります。

今後予想できるのは、

  • アセントをベースにした日本向け大型SUV
  • レガシィアウトバックの3列シートモデル
  • フォレスターの3列シートモデル

のいずれかの発売といった所です。

その他 スバルのSUV モデルチェンジ情報

スバルXV新型スバルXVのフルモデルチェンジ情報!2018年以降にPHV化でプリウス並みの低燃費実現か!? 新型フォレスタースバル 新型フォレスター最新情報! フルモデルチェンジの変更点!外観・内装・スペック・価格情報まで解説 新型レガシィ次期レガシィB4&アウトバックのフルモデルチェンジ最新情報!予想できる変更点はこれだ!発売時期は2019年が有力

>>スバルの新車発売予想スケジュールはこちら
【次のページ】アセントは実質トライベッカの復活か?PHVモデルに期待も