スバル 新型SUVのアセントを2018年発売へ!実質トライベッカ復活でCX-9対抗の大型SUVに

更新日:

スバルは、ニューヨークオートショー2017年にて3列シートの新型SUV「ASCENT(アセント)」を発表し、そのコンセプトカーを公開ました。

新型SUVアセントは、最新のプラットフォームSGPを搭載したフォレスター、アウトバックを上回る大型SUVとなり、かつて発売されていたトライベッカの実質新型モデルとも言える存在です。

今回はまだ発表されていませんが、スバル初のPHVモデルとなる可能性も秘めている状況です。

これまで、ロサンゼルスモーターショー2016では、コンセプトと見られる「VIZIV-7 SUV CONCEPT」が公開されていました。

2018年に発売が予定されていますが、今回はそのスバルの新型の大型SUV「ASCENT(アセント)」の最新情報をお話します。

スポンサーリンク

スバル 新型SUV「アセント」誕生!ニューヨークオートショー2017でコンセプト公開

スバルが新規車種を発表するのは、レヴォーグ以来となります。

後ほど、紹介しますが、これまで新型SUVが発表されることは、スバルも公表しており、どのような車となるのか注目が集まっていました。

その名称がついに「ASCENT(アセント)」に決まったわけです。

まずは、市販モデルに近いコンセプトカーの「SUBARU ASCENT SUV CONCEPT」が「2017年ニューヨーク国際オートショー」にて公開されたわけですが、そのデザインを見ていきましょう。

アセントのエクステリア(外観)デザイン

こちらがアセントのエクステリアの画像になります。

スバルのデザインフィロソフィー「DYNAMIC×SOLID」を元に3列シートSUVとして堂々たるサイズ感を表現。

アセントconceptのボディサイズ

全長5050mm

全幅1990mm

全高1840mm

ホイールベース2970mm

レガシィ以上に大型でワイルドなグリルデザイン。そして先代インプレッサの後期型を彷彿させるフォグランプ前のキバ状のメッキが目を惹きます。

サイドビューに関しては、アウトバックの上級モデルといった印象を受けるデザインに。

リアデザインは、新型インプレッサ、新型XVのコンセプト時と同系統のデザイン。また、アウトバックを上回る上級感が漂います。

アセントのインテリア(内装)デザイン

注目なのが、アセントのインテリア(内装)です。

その画像がこちら。

あくまでコンセプトカーではあるものの、上質で次世代感が漂うスバル史上最高峰のデザインと言えるのではないでしょうか。

一つ気になったのが、コクピットがアウディのバーチャルコクピット風に見えるという所。

アセントは、スバルのフラグシップSUVになると言えるだけに、どこまで最新のテクノロジーが市販モデルで採用されるのか注目処。

次期レガシィ等でもこのようなデザインが採用されていくことが想定できますし、新型インプレッサ以降、スバル車の内装のクオリティの向上は凄まじいものを感じさせられます。

アセントの公式動画

すでにアセントコンセプトのスバル公式動画も公開されているので、是非一度ご覧下さい。

【次のページ】アセントは実質トライベッカの復活か?さらなる詳細情報も

次のページへ >

※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。

車の最高買取金額の無料チェックはこちら

オススメ記事

1

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジに関する最新情報をお届けします。トヨタセーフティセンスPだけでなく、LKAやターボエンジンなど気になるチェックポイントが続々と。

2

トヨタ自動車の新型ハイエースが2019年にフルモデルチェンジを実施する300系になる見通しです。今回のモデルチェンジでは、セミボンネットを採用するなどこれまで以上に安全を考慮されたものとなっていますが、今回は、新型ハイエースの最新情報についてお話します。

3

ホンダのステップワゴンスパーダにハイブリッドモデルが2017年9月に発表予定!その最新情報をお伝えしています。i-MMD採用や、外観デザインの変更、ホンダセンシングの機能充実といった注目ポイントが盛りだくさんあるよ。

-SUV, スバル

Copyright© 最新自動車情報LIBRARY , 2017 All Rights Reserved.