トヨタ 新型ハリアーのマイナーチェンジを2017年初夏に!ターボエンジン搭載へ

トヨタのクロスオーバーSUVのハリアーがいよいよ2017年にビッグマイナーチェンジを実施します。

トヨタのSUVと言えば、2016年12月にコンパクトSUVのC-HRが発売されたばかりであり、今後ハリアーとの住み分けが上手くいくのかどうかが注目されています。

今回のハリアーのマイナーチェンジの内容としては、デザインの改良や衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」等が搭載されるというのもありますが、一番の注目は2.0Lのダウンサイジングターボモデルが新たにラインナップされるという所です。

そこで今回は、新型ハリアーのマイナーチェンジに関する最新情報をお話します。

スポンサーリンク

ラグジュアリーSUVとして人気高い現行ハリアー

3代目として2013年にデビューした現行型ハリアー。

一時期は、レクサスRXへの統合によってハリアーブランド消滅かと思われましたが、人気の高さゆえ、国内専用モデルとして新たに発売されたのは記憶に新しいです。

3代目ハリアーは、ラグジュアリーなクロスオーバーSUVという従来の路線は引き継ぎつつも、海外専売となった4代目RAV4をベースに日本のユーザー向けとも言えるダウンサイジングが図られました。

フロントには、シャープで切れ長のヘッドライトに一体感のあるレンズタイプのグリルデザイン、サイドビューにはメッキモールが加飾され、より高級感あるSUVを演出。

特にインテリアに関しては、ボルドータイプが印象的であり、2017年の今見ても全体的に先進的で美しいデザインと言えます。

車格や価格以上のプレミアム感を実現させた現行ハリアーは、デートカーとしても定評であり、30代以下の若年層に大人気の車種となっています。

そんなハリアーが2017年にいよいよ後期モデルへとバトンタッチをすることになります。

新型ハリアーのマイナーチェンジが2017年初夏実施の見通し!

新型ハリアーのマイナーチェンジの実施時期は、2017年の6月頃が濃厚となっています

ビッグマイナーチェンジということもあってデザインも改良され、ランプ類やバンパーなども一新される見通しです。

新型ハリアーはマイナーチェンジでどう変わるのか

ハリアーは、2017年のマイナーチェンジでどのように進化するのか。

その内容については、以下の通りとなる見通しです。

新デザインとしてキーンルック採用か

シャープで彫の深い造形となっている現行型ハリアー。

大まかなイメージは変わらないものの、今やトヨタ車で当たり前となったデザインのキーンルックがいよいよハリアーにも採用されると見られています。

他には、ヘッドランプとフォグランプの造形や、フロントバンパーの形状変更。そして、ヘッドライトとリアコンビネーションランプにLEDイルミネーションを採用といったことが予想されます。

また、新たなボディカラーバリエーション追加の可能性も高いです。

マイナーチェンジでトヨタセーフティセンスPを採用へ

現在のハリアーには、安全装備として、ミリ波レーダー方式のプリクラッシュセーフティシステムが採用されていますが、これがトヨタ最新の衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」へと変更されることになります。

<Toyota Safety Sense Pの主な特長>

ミリ波レーダーとカメラを用いて優れた認識性能・信頼性を確保。衝突回避支援型PCS、LDA、AHBの3種類の予防安全機能に加え、PCSに歩行者検知機能を付加。対歩行者の衝突回避支援/被害軽減を可能にするとともに、レーダークルーズコントロールも装備する。

▼歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ(PCS)
ミリ波レーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者を検出し、警報、ブレーキアシスト、自動ブレーキで衝突回避支援および被害軽減を図る。自動ブレーキは、歩行者に対しては10~80km/hの速度域で作動し、例えば、歩行者との速度差が30km/hの場合には、約30km/h減速し、衝突回避を支援。また、車両に対しては、10km/h~最高速の幅広い速度域で作動し、例えば、停止車両に対し自車の速度が40km/hの場合には約40km/hの減速が可能。

▼レーダークルーズコントロール
先行車との車間距離の検知にミリ波レーダーを使用し、設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロールを採用。前方車両の車線変更をミリ波レーダーとカメラで検知し、よりスムーズな加減速制御を実現。

TOYOTA Global Newsroomより】

「Toyota Safety Sense」に関しては、2017年末までにトヨタの主要車全てに搭載することが発表されているので、ハリアーも無事にセーフティセンスが搭載されることになったということです。

ただ、この「Toyota Safety Sense P」のレーダークルーズコントロールに関しては、新型プリウスように全車速対応のタイプと、クラウンやランドクルーザーのように制限速度のあるブレーキ制御の2つのタイプに分かれます。

MC後のハリアーにどちらのタイプが採用されるかはまだ情報が出ていませんが、マイナーチェンジ後に「Toyota Safety Sense P」が搭載されている車はブレーキ制御タイプなので、ハリアーもブレーキ制御タイプになる可能性が高そうです。

新型ハリアー マイナーチェンジの目玉は2.0ターボモデルの追加

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%83%8f%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%bc

そして今回のハリアーのマイナーチェンジで大目玉となるのが、2Lのダウンサイジングターボエンジンを搭載したモデルが新たにラインナップするということです。

搭載されるエンジンは、レクサスNXから採用され始めた8AR-FTS型の直4 2.0L直噴ターボエンジンで、性能は、238ps/35.7kgmとなります。

燃費性能は13.0km/Lあたりに落ち着く見通しです。

このターボエンジンは、クラウンでも実用化されていますが、ハリアーに搭載されることで、トヨタブランドの車として初めてのFF車への採用となります。

そしてこのターボモデルに関しては、専用パーツ採用に加えて、専用のサスペンションや大型ホイールが採用される特別な仕様になる見通しです。

まあイメージとしては、スバルのレヴォーグのSTIスポーツのような感じといった所でしょうか。

ちなみに、現行型にラインナップされているガソリンエンジンの2.0ℓNAモデルと2.5ℓのハイブリッドモデルはマイナーチェンジ後も継続してラインナップされます。

スポンサーリンク

新型ハリアーはC-HRと共にトヨタを引っ張るSUVとして期待

今、世界的にSUVブームとなる中、その流れを受けて、2016年12月には新型SUVのC-HRをトヨタは発売を開始させます。

<新型SUV C-HR>

トヨタC-HRの最新情報!ヴェゼル対抗のプリウスSUVデビューsannkak

発売前から大きく注目されており、ブレーク間違いなしと思われますが、このC-HRと共に新型ハリアーはトヨタを引っ張っていくSUVになるのは間違いありません。

何と言ってもハリアーは、一度は実質レクサスRXへ移行したものの、その後、国内専用モデルとして返ってきた程の人気を誇る車です。

比較的コンパクトで先進的なSUVを求めるならばC-HR、ラグジュアリ-で大人のSUVを求めるならばハリアーといった形で上手く住み分けもできるでしょう。

<ボディサイズの比較>

ボディサイズ C-HR ハリアー
全長 4,360mm 4,720mm
全幅 1,795mm 1,835mm
全高 1,550mm 1,690mm

東洋経済では、C-HRがデビューしてもハリアーの人気が衰えていないことが記事にされています。

昨年末に発売されたトヨタ自動車の新型SUV「C-HR」が人気を博している。発売1カ月後の1月14日時点で、受注台数は約4.8万台に達したという。日本自動車販売協会連合会の統計によると、約半月しか販売していなかった昨年12月の新車乗用車車名別販売ランキングで4654台の15位に入った。今月はベスト10圏内入りが確実だろう。

ところで同じ12月のランキングを見ると、2つ下の17位にもう1台、トヨタのSUVがある。4560台を売った「ハリアー」だ。前年同月比66%増という健闘ぶりを見せた。SUVでこの2台の上をいくのは14位のホンダ「ヴェゼル」だけで、日産自動車「エクストレイル」、マツダ「CX-5」、スバル「フォレスター」などをおさえている。

【出典:東洋経済

この調子だと、SUV市場でトヨタが大きくシェアを伸ばすことになるのは間違いないでしょう。

マツダの新型CX-5がマイチェンする新型ハリアーの最大のライバルか

ハリアーのライバルのSUVには、日産のエクストレイルやマツダのCX-5等が存在しますが、特に2017年2月2日に発売する新型CX-5が強力なライバル車となるのは確実です。

新型CX-5のフルモデルチェンジが2017年2月に実施!

新型CX-5は、欧州のプレミアムメーカーの車並みの高い質感を得ており、その上、全車速対応のクルーズコントロール等、最先端の機能が盛り込まれています。それにも関わらず、先代から価格据え置きな上、マツダは2016年12月にJNCAP自動車アセスメントの平成28年度前期結果でトップの成績を取って、安全装備のレベルの高さを実証したばかり。

そのマツダ最新の安全装備はもちろん新型CX-5にも搭載されるので、そんな充実した新型CX-5は、トヨタが一押しで投入したC-HRをすでに脅かす存在となっています。

ここで、マイナーチェンジするハリアーが質感と装備という部分で対抗できなければ、新型CX-5はC-HRどころかハリアーさえにとっても脅威となるでしょう。

日産エクストレイルとスバルフォレスターも改良へ

また、日産のエクストレイルに関しては、2017年内に同じくビッグマイナーチェンジしてフェイスチェンジをする見通しです。

日産エクストレイルがマイナーチェンジで最新型に!発売時期は2017年か

そして、スバルのフォレスターに関しては、2018年にフルモデルチェンジが控えています。

▷新型フォレスターのフルモデルチェンジが2018年に実施か!SGPとアイサイトver4に期待がかかる

そんな状況の中で、デザイン刷新とターボエンジン搭載といった目玉でマイナーチェンジ後のハリアーがユーザーの心を惹きつけることができるのかどうか。

マイナーチェンジした新型ハリアーを待つべきか悩むユーザーは、まずは現在発売されているC-HRと新型CX-5を試乗して、どこまで自分に合った車かどうかを吟味してみてはいかがでしょうか。

2017年はトヨタにとってSUVが熱い年になりそうです。

新型ハリアーのマイナーチェンジに関する最新情報が入ればまたお伝えするので楽しみにしていて下さいね!

スポンサーリンク

※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。

車の最高買取金額の無料チェックはこちら