ホンダ グレイスのマイナーチェンジ情報!デザイン変更+ホンダセンシング搭載

新型グレイス

グレイスのルーツは、かつてのシティだった!

ホンダのグレイスは、2014年12月1日に、海外では約1年前に先行して発売されていたグローバルモデルのコンパクトセダンである4代目シティを日本では「グレイス」の名称にて発売されました。

ホンダ グレイス

ポイント

発売当初はハイブリッド専用のコンパクトセダンとして登場し、ホンダはプリウスをライバルと指名。

ただ、現実的にはトヨタのカローラアクシオハイブリッドのライバル車と言えるでしょう。

またグレイスは、ヴェゼルと同じく、コンパクトカーのフィットをベースとした車であり、それゆえ、当初はかつてフィットのセダンモデルとして発売されていたフィットアリアの後継と見るユーザーも少なくありませんでした。

出典:Wikipedia

実際、このフィットアリアは、海外で発売されている2代目シティを日本へ輸入したモデルになるので、

フィットアリア=海外モデルの2代目シティ

グレイス=海外モデルの4代目シティ

ということになり、それゆえグレイスはフィットアリアの後継モデルといっても間違いではありません。

これによって、グレイスのルーツはシティと言っても過言ではありません。

ただ、グレイスは単に海外の4代目シティを輸入したというわけではありません。

海外の4代目シティにはないハイブリッド仕様を導入し、ホンダ最新の国内生産拠点として稼働した埼玉製作所寄居工場にて「インナーフレーム構造」と呼ばれる最新の工法が採用されるなど、日本オリジナル仕様となっています。

また、コンビランプのデザインも海外モデルのシティとグレイスでは異なります

シティ

グレイス

他にも、ベースとなるフィットよりもホイールベースを70mm延長させることで、アコードにせまる後席スペースを確保し、その他、静粛性や乗り心地、質感といった部分をフィットよりも向上させた上級セダン並の性能を目指したコンパクトセダンとなっています。

ちなみに、グレイスは、2014年3月まで発売されていたハイブリッドカーの2代目インサイトの事実上後継ポジションにも位置していることも忘れてはなりません。

インサイト

だからこそ、単に海外のシティを輸入しただけではなく、ハイブリッド仕様+質感向上が図られていると思われる所です。

エレガントスタイルでラグジュアリーなコンパクトセダンに変身

個人的にグレイスで好きなのは、オプションのホンダ純正アクセサリーをまとった「エレガントスタイル」で、これはラグジュアリーなデザインで美しく、トヨタのプレミオにも十分対抗できるレベル。

グレイス エレガントスタイル

また、スポーティスタイルのリアに関しても、このクラスのセダンとしてはカッコいいと思っています。

グレイス スポーティスタイル

管理人A
なんとなくBMWチックに見えませんか?正直、このデザインでマツダのアクセラぐらいのサイズにするとかなり様になったデザインになると思います。

正直、私的には、海外のシビックセダンを日本に導入するよりも、このグレイスをやや大型化させて質感を上げたセダンを新型アコードとして発売してくれるといいのにとひそかに思っているのはここだけの話です笑

そんなグレイスも2017年7月に後期型へとマイナーチェンジを行います。

⇒グレイスのマイナーチェンジ最新情報へ戻る