カローラ フィールダー、アクシオのマイナーチェンジが2017年10月頃!TNGA世代移行前最後の改良か

更新日:

トヨタ自動車のカローラフィールダーとカローラアクシオが2017年10月頃にマイナーチェンジを行う見通しです。

カローラと言えば、現在、セダンのアクシオが11代目、ステーションワゴンのフィールダーが3代目モデルが発売されていますが、今回が今モデルの最後の大幅改良となる見通しです。

2018年には、TNGA思想を取り入れた次期モデルがラインナップする予定もあり、TNGA世代移行前の最後のモデルとなる可能性が高いです。

現時点で出ているカローラフィールダーとカローラアクシオのマイナーチェンジに関する最新情報をお話します。

スポンサーリンク


カローラ フィールダー、アクシオのマイナーチェンジ変更点は?

2017年10月にマイナーチェンジの実施見通しのカローラーフィールダーとカローラアクシオの変更点は以下の通りになる見通しです。

外観、内装の改良

2015年3月30日のマイナーチェンジで、キーンルックとアンダープライオリティというトヨタのグローバルモデルに用いられる最新のデザインを採用したカローラ。

そんな外観に若干の改良が行われると見られています。

変更ポイントの1つとしては、LEDヘッドランプの標準搭載モデルのラインナップについて。

現在、1灯の光源でハイビームとロービームの切り替えが行えるBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)がHYBRID G“W×B、1.8S“W×B”、1.8S、1.5G“W×Bグレードに標準装備。

そしてHYBRID G“AEROTOURER”、HYBRID G、HYBRID、1.5G“AEROTOURER”、1.5G、1.5Xグレードにオプション設定可能という形になっています。

これが、さらに標準装備グレードが増える可能性があると見られています。

マイナーチェンジと言うと、流れるウインカーことシーケンシャルターンランプ搭載を期待しますが、それの採用の可能性は現在低い状況です。

内装に関してもパネル素材やメッキパーツ等の変更といった若干の質感向上が予想されますが、ナビゲーション画面の拡大やシート表皮の変更といった部分にも期待したい所。

カローラの次期モデルが約1年後に控えているとあって、全体的に小改良にとどまる見通しです。

ハイブリッドモデルの燃費性能向上か

燃費性能に関しても、ハイブリッドモデルを主に向上する見通しです。

現在のカローラフィールダー&アクシオのハイブリッドグレードには、1NZ-FXE型 VVT-iエンジン(1.5L)とリダクション機構付きのTHS IIを組み合わせたパワートレーンが採用されています。

<現行カローラハイブリッドのスペック>

  • エンジン最高出力(kW[PS]/rpm):54[74]/4,800
  • エンジン最大トルク(Nm[kgm]/rpm) :111[11.3]/3,600-4,400
  • モーター最高出力(kW[PS]) :45[61]
  • モーター最大トルク(Nm[kgm]): 169[17.2]
  • システム最高出力(kW[PS]) :73[100]
  • バッテリー:ニッケル水素

燃費性能に関しては、JC08モードで33.8km/Lと高い性能を実現。

これが今回のマイナーチェンジによって、34.0km/L以上になる可能性が取りざたされています。

※新型カムリは、燃費性能が大幅向上!その内容は?
新型カムリ フルモデルチェンジの注目ポイントがこちら

2018年に次世代カローラ誕生へ

画像は現行カローラフィールダー

2018年には、カローラがフルモデルチェンジをして、

  • 12代目となる次期カローラアクシオ
  • 4代目となる次期カローラーフィールダー

がデビューをする見通しです。

海外モデルと統合した新たなグローバルセダンとしての誕生が予想されます。

そんな次世代カローラの最新情報はこちらの記事でお話しています。

次期カローラはここが進化⁉注目ポイントを紹介
新型カローラのフルモデルチェンジ最新情報!

【こちらの記事もよく読まれています】

・新型シビックセダンがカッコ良すぎる件・・・
関連記事新型シビックが日本発売!詳細情報について

・グレイスがスタイリッシュへセダンへ進化
関連記事グレイスのマイナーチェンジでデザイン変更!

・あのスポーツセダンが大幅リニューアル!
関連記事WRX S4 D型でビッグマイナーチェンジ実施

スポンサーリンク
\新車情報の噂が1ページでまるわかり!/

スポンサーリンク

オススメ記事

1

アルファードとヴェルファイアのマイナーチェンジに関する最新情報をお届けします。トヨタセーフティセンスPだけでなく、LKAやターボエンジンなど気になるチェックポイントが続々と。

2

トヨタ自動車の新型ハイエースが2019年にフルモデルチェンジを実施する300系になる見通しです。今回のモデルチェンジでは、セミボンネットを採用するなどこれまで以上に安全を考慮されたものとなっていますが、今回は、新型ハイエースの最新情報についてお話します。

3

ホンダのステップワゴンスパーダにハイブリッドモデルが2017年9月に発表予定!その最新情報をお伝えしています。i-MMD採用や、外観デザインの変更、ホンダセンシングの機能充実といった注目ポイントが盛りだくさんあるよ。

-セダン, トヨタ, ハッチバック

Copyright© 最新自動車情報LIBRARY , 2017 All Rights Reserved.