スズキ 新型ジムニー&ジムニーシエラへフルモデルチェンジ!2018年7月に20年ぶりの全面改良実施

スズキのジムニーが2018年7月に約20年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施しました。

ジムニーと言えば、そのコンパクトなサイズにもかかわらず非常に高い悪路走破性を持ち、国内外問わず、熱狂的なファンが多いスズキの伝統的なオフロード四輪駆動車になります。

そんなジムニーの新型モデルと、1300㏄エンジンを搭載する「ジムニー・シエラ」に関しても同時期に全面改良となります。

今回は、スズキの新型ジムニーのフルモデルチェンジに関する最新情報をお届けします。

新型ジムニーはフルモデルチェンジでこう変わる!

エクステリアデザイン

デザインに関しては、一目でジムニーだとわかるデザイン、コンセプトを取り入れられており、キープコンセプトとなります。

デザインコンセプトは、「合理的で無駄のない機能美“プロの道具”をデザインする」というもの。

これまでのジムニーよりも、車両の後方部分へAピラーを立たせています。

ジムニーらしい武骨でオフロードなデザインに、現代のスタイリッシュなデザインが組み合わされています。

新型ジムニーのボディサイズ

新型ジムニーのボディサイズ関しては以下のものとなります。

  • 全長3395mm
  • 全幅1475mm
  • 全高1725mm
  • ホイールベース 2250mm

インテリアデザイン

プラットフォーム

プラットフォームには、新開発ラダーフレームが採用されました。

新型ジムニー&ジムニーシエラのパワートレイン

新型ジムニーのパワートレインに関しては、専用チューニングされたR06A型ターボエンジンが搭載。

【スペック】

「R06A」型直列3気筒DOHC 0.66リッターターボエンジン
・最高出力:47kW(64PS)/6000rpm
・最大トルク:96N・m(9.8kgf・m)/3500rpm

そして新型ジムニーシエラに関しては、1.5Lの新開発K15B型エンジンが搭載されます。

【スペック】

・「K15B」型直列4気筒DOHC 1.5リッターエンジン
・最高出力:75kW(102PS)/6000rpm
・最大トルク:130N・m(13.3kgf・m)/4000rpm

トランスミッション

トランスミッションに関しては、5速MTと4速ATを搭載しています。

新型ジムニーの安全装備は「デュアルセンサーブレーキサポート」(DSBS)を採用

新型ジムニーには、ついにフルモデルチェンジで初の自動ブレーキといった最先端の安全装備が採用されることになりますが、スズキは、

  • ステレオカメラを活用した「デュアルカメラブレーキサポート」
  • 単眼カメラとレーザーレーダーを活用する「デュアルセンサーブレーキサポート」

という2つの衝突被害軽減システムが主流となっています。

新型ジムニーは、新型スイフトや新型ワゴンRに続いて最新の安全装備となる「デュアルセンサーブレーキサポート」が採用となります。

新型ジムニーの日本発売日は2018年7月5日

新型ジムニーと新型ジムニーシエラは2018年7月5日にフルモデルチェンジを行って発売されました。

より詳しい情報はこちらの公式サイトにてご覧ください。

>>ジムニー公式サイト

>>ジムニーシエラ公式サイト

【次のページ】ジムニーが長年愛される理由と芸能人の愛好家とは