次期ヴェゼル最新情報!フルモデルチェンジ予想時期と変更点について

新型ヴェゼルのモデルチェンジ最新情報

ホンダのクロスオーバーSUVの次期ヴェゼルのフルモデルチェンジに関する最新情報を本記事では紹介します。

トヨタのC-HR発売以降、巻き返しを狙うヴェゼルが今後どのように進化を遂げるのか注目が集まっています。

新世代ハイブリッドや先進装備の搭載が期待される2代目ヴェゼルへのフルモデルチェンジ情報と予想変更点をお話します。

ヴェゼル最新情報!ターボモデル「ツーリング」を2019年1月投入

ヴェゼルのターボモデル「ツーリング」

ヴェゼルは、1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載した「VEZEL TOURING・Honda SENSING」を2019年1月31日に新発売します。

+ヴェゼルターボモデルの主要装備の内容を表示
ヴェゼルツーリングのポイント
  • 専用ヘッドライトガーニッシュ(ブラック塗装)
  • 専用フロントグリル(クロームメッキ)
  • 専用フロントバンパーロアーグリル
  • 専用ボディーロアーガーニッシュ(グレーメタリック)
  • エキパイフィニッシャー(左右2本出し)
  • 専用エンブレム
  • ルーフレール
  • コンビシート(ダークグレー〈ウルトラスエード〉/ブラウン)&専用インテリア
  • 運転席&助手席シートヒーター
  • アジャイルハンドリングアシスト
  • 18インチアルミホイール(グレー塗装)
  • 新ボディカラー「プレミアムクリスタルブルー・メタリック」「スーパープラチナグレー・メタリック」

次期ヴェゼル最新情報!フルモデルチェンジの変更点(予想含

次期ヴェゼルがフルモデルチェンジで変更が噂されるのは以下の内容です。

次期ヴェゼルのハイブリッドシステムはi-DCDからi-MMDへ変更か

次期ヴェゼルのハイブリッドシステムには、2 モーター式の「SPORT HYBRID i-MMD」採用が有力視されています。

ヴェゼルの現行モデルには、1モーター式の「SPORT HYBRID i-DCD」が採用となっていますが、モーターが駆動の主役となるi-MMD採用となれば一気にハイブリッドシステムが進化する事となります。

i-MMDのポイント

  • ハイブリッド専用エンジンに発電用モーターと走行用モーターの2つのモーターを備える
  • “EVドライブモード””ハイブリッドドライブモード””エンジンドライブモード”の3つの走行モードがある
  • i-MMDの名称の意味はインテリジェントマルチモードドライブ
  • 基本モーター走行となるため電気自動車に近い走りを楽しむことができる
  • 走行状況によってモーターのみかエンジンも活用するか切り替わる
  • モーターが駆動の主役だが、エンジンは基本発電の役割となる。
  • “エンジンドライブモード”では、エンジンは発電専用ではなく高速走行時にクラッチとエンジンが直結されてタイヤに直接エンジンの出力を伝える事もできる

i-MMDは現在第3世代

ホンダの先進ハイブリッドシステムi-MMDは、現在第3世代と見られる段階にあります。

ポイント

  • 第1世代:アコードハイブリッド(2013年)
  • 第2世代:オデッセイハイブリッド(2016年)
  • 第3世代:新型アコードハイブリッド北米仕様(2018年)

また、2018年12月発売の新型インサイトにも第3世代i-MMDを搭載へ。

さらに2019年にフルモデルチェンジが有力な4代目フィットハイブリッドにもインサイトに続いての搭載が予想されます。

次期ヴェゼルにはこの第3世代もしくは、第4世代と思われるi-MMD搭載が予想されます。

第4世代i-MMDは、サイズが小型化されてよりコストが抑えられると予想。

次期ヴェゼルにPHEV(プラグインハイブリッド)モデル設定か?

ZEV規制など、車の環境に対する規制は世界的に厳しくなりつつあり、海外ではハイブリッドではなくPHEVやEVのラインナップも必要な状況となりつつあります。

注目は、4輪車のグローバル販売台数の中で3分の2を2030年に電動化させることをホンダは目標としているということ。

ハイブリッドシステムをベースとするホンダ独自の高効率なプラグインハイブリッドシステムを採用したモデルを、今後の開発の中心とすることが掲げられていることから、次期ヴェゼルにPHVモデルの追加も予想されます。

次期ヴェゼルの外観デザイン予想

次期ヴェゼルの外観デザインは、フィット4がベースになると予想。

※フィット4の最新情報はこちら

ボディサイズは大型化か?

次期フィットに派生となるSUVモデルがラインナップされる可能性が取りざたされているため、次期ヴェゼルのボディサイズはやや大型化される可能性も。

CR-Vよりはコンパクトながらも、現行ヴェゼルよりも大型化されることが予想できます。

次期ヴェゼルの先進安全装備ホンダセンシングの予想変更点

次期ヴェゼルの先進安全装備のホンダセンシングの機能には、以下の内容がフル装備と予想。

ホンダセンシングの機能

  • 衝突軽減ブレーキ (CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • 渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロール (ACC)
  • 車線維持支援システム (LKAS)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム

全車速でレーンキープ機能が使える「トラフィックジャムアシスト」が搭載されるかどうかにも注目となります。

次期ヴェゼル フルモデルチェンジ・発売時期はいつ?

ホンダ ヴェゼル

次期ヴェゼルへフルモデルチェンジする時期としては、現在2021年前後が有力視されています。

ヴェゼルのライバル車の状況

トヨタ C-HR

C-HRトヨタC-HRの最新情報!2018年最新モデルの燃費、エンジンスペック、価格等から歴史まで幅広く解説

日産 ジューク

新型ジューク候補新型ジューク フルモデルチェンジ最新情報!発売時期は2019年が有力!変更点の予想(e-POWER、プロパイロット)

スバル XV

スバルXV新型スバルXV モデルチェンジ最新情報!C型変更点とPHV(プラグインハイブリッド)について

マツダ CX-3

cx-3マツダ新型CX-3の最新情報!フルモデルチェンジが2019年~2020年の可能性

次期ヴェゼルのフルモデルチェンジに関する最新情報が入れば更新します。