次期アウトバックのフルモデルチェンジ最新情報!外観と内装画像の一部判明。2019年ニューヨークにて発表

次期アウトバックのフルモデルチェンジ最新情報

スバルのクロスオーバーSUVのアウトバックのフルモデルチェンジに関する最新情報を本記事でお伝えします。

外観デザインのカッコ良さが評判の現行型ですが、次期モデルのデザインが気になりませんか?

SGPやツーリングアシスト採用によって、理想的な形へと進化する次期アウトバックの情報が徐々に出始めています。

それでは新型アウトバックの最新情報を見ていきましょう。

この記事のポイント!

  • ワールドプレミア
  • 外観・内装デザイン
  • 予想できる変更点
  • ライバル車種

次期アウトバックのワールドプレミアはニューヨークモーターショー2019

アウトバックがフルモデルチェンジ

次期アウトバック(日本名レガシィアウトバック)は、ニューヨークモーターショー2019にて世界初公開されました。

次期アウトバックのフルモデルチェンジ最新情報

新型アウトバックの外観(エクステリア)デザイン

次期アウトバックの外観に関しては次の通りです。

新型アウトバックの外観

新型アウトバックの外観

新型アウトバックのエクステリア

新型アウトバックの外観デザインのコンセプトは「Active & Tough」。

注目ポイントは次の通りです。

  • セダンの新型モデルと異なり、フロントグリルにはメッキ加飾あり
  • LEDヘッドライトを全車に標準装備
  • フォグランプ周辺の黒い樹脂パーツの面積が大きい
  • 縦型3連LEDフォグランプを採用
  • フォグラングがアウトバック伝統の丸形デザインを廃止してSK型フォレスターに近いスタイルに
  • ウィンドウフレームと連続性を持たせた、新デザインのアウターミラー採用
  • ドアハンドルにメッキ加飾
  • ホイールアーチがブラックアウト化
  • サイドバンパーのメッキ部分の拡大
  • リヤコンビランプの内側までランプが発光
  • 非接触式のハンズフリーパワーリヤゲートをスバル初採用

新型アウトバックのボディサイズ

新型アウトバックのボディサイズは以下の通りです。

新型アウトバックのボディサイズ

  • 全長4,860mm
  • 全幅1,855mm
  • 全高1,680mm
  • ホイールベース2,745mm

現行型アウトバックのサイズは以下の通り。

現行アウトバックのボディサイズ

  • 全長4,820㎜
  • 全幅1,840mm
  • 全高1,605mm
  • ホイールベース2,745mm

新型アウトバックの内装(インテリア)デザイン

次期アウトバックの内装デザインは次の通りです。

新型アウトバックの内装新型アウトバックのインテリア新型アウトバックの内装

セダンの新型レガシィとほぼ同様のインテリアデザインとなっています。

フルモデルチェンジした新型レガシィの内装

新型レガシィセダンの内装

内装の注目ポイント

次期アウトバックの内装の注目点は以下の通りです。

  • 11.6インチFull HD縦型ディスプレイを備えた最新型インフォテインメントシステムの採用
  • 最上級グレードにシートベンチレーション装備
  • 最上級グレードにブラウンのナッパレザー採用
  • エンジン始動直後から車内を素早く暖めるPTCヒーター採用
  • 運転席クッション座面長の調整機能を採用
  • ドライバーモニタリングシステムの採用
  • アイサイトアシストモニター採用

これらは、新型レガシィセダンに採用される装備とほぼ同様となっています。

XBREAK相当の新グレード 「Onyx Edition XT」

新型アウトバック Onyx Edition XT

タフでラギッドなイメージをより一層強調する新グレード 「Onyx Edition XT」が北米仕様には設定されます。

  • フロントグリルとバンパーをブラック加飾
  • 18インチアルミホイール
  • ターマークとドアミラーをブラックでコーディネート
  • シート表皮に、本革のような質感を持つ防水マテリアルStarTexを採用
  • グレー表皮とイエローグリーンステッチのシート配色
  • 使用シーンに応じて「SNOW・DIRT」、「D.SNOW・MUD」の2つのモードを切り替えられる新型X-MODEを採用

この「Onyx Edition XT」は、日本仕様ではXBREAK相当のグレードになると見られます。

次期アウトバック フルモデルチェンジのその他変更点

新型アウトバックのパワートレイン ターボエンジン

次期アウトバックのパワートレインには、新型レガシィセダン同様に以下の2つのエンジンが採用されます。

・FA24型 2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボ
・FB25型 2.5 L水平対向4気筒DOHC直噴

日本仕様ではハイブリッドのe-BOXER搭載か

XV、フォレスターと日本仕様のスバルの新型SUVには、ハイブリッドシステムのe-BOXERが搭載される傾向にあります。

この傾向から見て、日本仕様の次期アウトバックにもe-BOXERが搭載される可能性が高いと予想できます。

新型アウトバックにSGP採用 新世代プラットフォームで乗り心地向上へ

次期アウトバックには、新世代プラットフォームとなるSGPが採用されます。

インプレッサやフォレスターなどですでに採用されて定評を得ているSGPを採用することで、現行モデル以上の走行性能と乗り心地の大幅向上が期待できます。

フルインナーフレーム構造採用

ボディ骨格を強固に組み立ててからアウターパネルを溶接するフルインナーフレーム構造が新型レガシィ同様にアウトバックにも採用されます。

フルインナーフレーム構造採用によって、高剛性化と軽量化を両立させることができるようになります。

新型アウトバックにアイサイトツーリングアシスト 先進安全装備を充実化へ

次期アウトバックには、先進安全装備となるアイサイトツーリングアシストが採用されます。

高速道路走行時の運転負担を大幅に軽減させてくるアイサイトツーリングアシストがフルモデルチェンジで待望の搭載となります。

新型アウトバック その他先進装備

  • 後退時自動ブレーキ
  • 後側方警戒支援システム
  • 後側方警戒支援システム
  • フロントビューモニター
  • リヤビューカメラウォッシャー
  • アイサイトアシストモニター
  • ドライバーモニタリングシステム

次期アウトバックの発売時期は2019~2020年頃

次期アウトバックの発売時期に関してでずが、米国ではセダン同様に2019年秋に発売予定です。

日本発売時期は2020年か

日本市場での発売時期に関しては、2020年前半頃と予想されています。

※最新情報が入り次第、本記事に追記していきます。

>>その他スバルのモデルチェンジ情報はこちら

アウトバックのライバル車種情報

トヨタ ハリアー

新型ハリアーのモデルチェンジ最新情報 新型ハリアーのフルモデルチェンジ最新情報!2020年5月頃予定の次期モデル予想変更点等々

トヨタ RAV4

RAV4の最新情報 トヨタ 新型RAV4 最新情報!2019年モデルの外観・内装、スペック、燃費性能、価格について

マツダ CX-8

cx-8 マツダ 新型CX-8 最新情報!マイナーチェンジの変更点(燃費等)を紹介

三菱 アウトランダー

アウトランダー 三菱 アウトランダーPHEVが2017年2月9日にマイナーチェンジ!新型プリウスPHVを迎え撃つ

スバル車の注目情報

次期レヴォーグ候補 次期レヴォーグ最新情報!フルモデルチェンジ予想変更点。発売時期は2020年が有力 次期WRX情報 スバル新型WRX S4と新型WRX STIのフルモデルチェンジ最新情報!発売時期、外観・内装デザイン、価格等の変更点を予想 新型フォレスター スバル 新型フォレスター最新情報! 2020年STIスポーツをC型で追加か?モデルチェンジの変更点情報あり