マツダCX-30 最新情報!日本発売は2019年。後部座席がMazda3より広い

CX-30の最新情報

2019年内に発売予定のマツダの新型SUV「CX-30」に関する最新情報を本記事ではお伝えします。

この新型SUVは次期CX-3の候補とされていましたが、全く別の新車種であり、名称もまさかの二桁台で驚かせてくれました。

CX-30は、新型Mazda3の実質SUVバージョンとも言えるだけにかなり期待のできる内容となっています。

詳しく見ていきましょう。

この記事のポイント!

  • 外観・内装デザイン
  • CX-3やMazda3との比較
  • 後部座席の広さ

CX-30はMazda3がベースの新世代商品第二弾

新型アクセラと見られる新型Mazda3

新型Mazda3

新型SUVは、次期アクセラと見られる新型Mazda3がベース。

それゆえ、新型SUVも新プラットフォームの「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ・ビークル・アーキテクチャー)」、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」等を採用し、マツダの新世代商品として質の高い内容としてデビューすることになります。

新型Mazda3に関しては、こちらの記事をご参照ください。

マツダ3のモデルチェンジ最新情報 Mazda3の情報特集!アクセラがフルモデルチェンジで名称変更。

マツダCX-30 最新情報!2019年デビュー

新世代SUVとして2019年にデビューを飾るCX-30。

まずは、デザインについてチェックしていきましょう。

CX-30の外観(エクステリア)デザイン

マツダCX-30

新世代の鼓動デザインを活用し、

新型マツダ3とCX-5を足して2で割ったようなイメージを持つ。

ウインドウモールのメッキが下半分だけ採用というのは、CX-5と同じ。

バンパー部分の黒い樹脂部分が大きい所が特徴的であり、このデザイン部分は賛否両論出ることになりそうです。

CX-5等とのデザインでの差別化を図るためにこのようなデザインを採用したと思われます。

クーペスタイルが特徴的であり、リヤコンビランプは、CX-5よりも横長デザインを採用。

リヤに関しても、バンパーの黒い樹脂部分が目立つデザインとなっています。

CX-30のボディサイズ

全長4395mm×全幅1795mm×全高1540mm

CX-30の内装(インテリア)デザイン

レクサスに引けを取らないと言えば、大げさかもしれないが、パッと見た目の質感の高さは新型マツダ3以上。

また、マツダ3の内装デザインと全く同じではなく、8.8インチセンターナビディスプレイ周りのダッシュボードのデザインが異なっています。

Mazda3の内装

マツダ3の内装

CX-30の内装

CX-30の内装

CX-30とCX-3,CX-4,CX-5,Mazda3とサイズ比較

CX-30とCX-3,CX-4,CX-5、Mazda3それぞれのボディサイズを比較すると以下の通りになります。

全長全幅全高
CX-304395mm1795mm1540mm
CX-34275mm1765mm1550mm
CX-44633mm1840mm1535mm
CX-54545mm1840mm1690mm
Mazda3(HB)4459mm1797mm1440mm

これを大きさ順で比較すると、CX-4>CX-5>マツダ3>CX-30>CX-3となります。

CX-30の後部座席の動画!広さに注目

Mazda3のハッチバックは、デザイン優先の為かどうしても後部座席の狭さが気になります。

しかしながら、CX-30の後部座席の動画を見る限りMazda3よりかは視界は良さそうです。

この動画の3:52秒からCX-30の後部座席の様子が撮影されています。

後席部分にもエアコン吹き出し口があることが伺えます。

他には、Cピラー部分に小さな窓ガラスが見えるところがポイントです。

CX-3やMazda3ハッチバックでは、後部座席やラゲージが狭すぎると感じている人にとっては、CX-30はやや広くなっていて良い感じになりそうです。

※CX-30のトランク容量は、床下収納を合わせて430リットル

CX-30の後部座席に対する話題

後部座席が気になる方は、Twitterを見ても多いです。

その一部の方の意見を紹介させていただきます。

CX-30の読み方はシーエックスサーティ

CX-30と書いて、何て読むのだろうと思った方もおられるかと思います。

読み方は「シーエックスサーティ」となります。

CX-30のエンジン(パワートレイン)

CX-30の欧州仕様には、以下の3種類が用意されます。

  • ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」
  • ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.8」
  • SPCCI技術採用の「SKYACTIV-X」

SKYACTIV-G 2.0 とSKYACTIV-Xに関しては、新開発されたマイルドハイブリッドシステム「Mハイブリッド」が活用されます。

CX-30の先進装備

CX-30に採用される先進安全装備に関しては、Mazda3同様の機能が採用されると予想できます。

先進装備

  • ドライバー・モニタリング
  • CTS(クルージング・トラフィック・サポート)
  • リアクロストラフィックアラート
  • i-ACTIVSENSE
  • 新型マツダコネクト

CX-30の価格予想

CX-30は、Mazda3のハッチバックモデルに近い価格になると予想。

Mazda3よりも5~10万円程度プラスされた価格になると予想します。

(参考)Mazda3ハッチバックの価格

  • 2Lガソリンモデル:247万円~
  • 1.8Lディーゼルモデル:274万円~
  • スカイアクティブXモデル:325万8,800円~

CX-30の日本発売時期

CX-30の日本発売時期は、2019年後半が有力です。

マツダのモデルチェンジ・新車発売予想スケジュールはこちら

マツダ新型SUVは次期CX-3ではなかった

新型SUVに関しては、次期CX-3、もしくはCX-3後継モデルのことではないかと予想されていました。

しかしながら、CX-3は販売終了せずに継続販売されます。

個人的には、デミオベースのCX-3は、次期モデルではCX-20といった名称になると予想しています(デミオは海外でMazda2という名称)。

そして、CX-20が出た時点で、これまでのCX-3のポジションをCX-30が実質的に引き継ぐといった形になると予想します。

そこで、合わせてこちらのCX-3の記事もお読みいただければと思います。

cx-3 マツダ新型CX-3の最新情報!フルモデルチェンジは2020年以降か。CX-20としての登場を予想

マツダのモデルチェンジ・新車発売予想スケジュールはこちら