レクサスLQ最新情報!レクサス新型SUVはフラグシップ級の高級モデルか

レクサス新型SUVのレクサスLQ最新情報

レクサスの新型SUVとして今後デビューが有力視されるレクサスLQの最新情報を紹介します。

LEXUS LQの存在は2018年から話題となり、いずれクロスオーバーSUVのフラグシップモデルとなる可能性が噂される状況。

コンセプトと見られる「LF-1 limitless」の内容を含めて、レクサスの新型高級SUVの情報を見ていきましょう。

この記事のポイント!

  • LF-1 limitlessのデザイン
  • レクサスLQという商標登録
  • 予想されるパワートレイン
  • レクサスの新型SUVコンセプト「LF-1 limitless」

    レクサスの新型SUVコンセプト

    レクサスの新型SUVコンセプトとして「LF-1 limitless」がデトロイトモーターショー2018にて世界初公開。

    ポイント

    • LEXUSの次世代デザインを提示し、自動運転をはじめとする先進技術の可能性も示されている
    • 将来的な電動車の普及を見据えて、EV等の幅広いパワートレーンを搭載
    • レクサスの新しいラグジュアリーの方向性を提案したフラッグシップ クロスオーバーSUVとして公開。

    この「LF-1 limitless」が今後、レクサスLQの名称で発売されるのではないかと注目を集めたのも2018年となります。

    レクサス新型SUVの名称はレクサスLQか?商標登録が話題に

    レクサスLQの商標登録が、2018年5月7日に米国USPTO(特許商標庁)にて登録されていることが判明して話題となりました。

    ポイント

    • レクサスのフラグシップ車種の名称の先頭にはLがつく
    • 先程の「LF-1 limitless」がフラグシップクロスオーバーとして公開されていたことから、レクサスLQが市販モデルの可能性が予想できる

    レクサスLQ デザイン情報

    外観(エクステリア)デザイン

    レクサスの新型SUVコンセプト
    レクサスの新型SUVコンセプト
    レクサスの新型SUVコンセプト
    レクサスLQのコンセプトカーと見られる「LF-1 limitless」の外観の特徴は以下の通りです。

    外観のポイント

    • クロスオーバーながらも重心を低く感じさせるボディで長いノーズと後方に構えたキャビンを採用して走りを予感させる力強いプロポーションを実現
    • 造形としては鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受けたような流れるような動きを表現
    • ワイド感のあるスピンドルグリル
    • ヘッドライトには一体化された立体的な造形を採用
    • 横一直線につながったリアコンビランプデザイン
    • 大きなガラスルーフの開放感を引き立てる左右に分かれたリヤスポイラー
    レクサスの新型SUVコンセプト

    力強いワイルドなスピンドルグリルを採用

    レクサスの新型SUVコンセプト

    立体的な造形に一体化されたヘッドランプ

    レクサスの新型SUVコンセプト

    デジタルアウターミラーと思われるミラーデザイン

    レクサスの新型SUVコンセプト

    レクサスUXを彷彿させるテールランプ

    LF-1 limitlessボディサイズ

    LF-1 limitlessボディサイズ

    • 全長:5014mm
    • 全幅:1986mm
    • 全高:1605mm
    • ホイールベース:2974mm

    内装(インテリア)デザイン

    レクサスの新型SUVコンセプトの内装

    レクサスの新型SUVコンセプトのインテリア

    レクサスLQのコンセプトカーと見られる「LF-1 limitless」の内装の特徴は以下の通りです。

    内装ポイント

    • 前席に操作するためのモーションコントローラーを採用してドライバーのジェスチャーを検知
    • ディスプレイ表示が直感的に操作を行える等最先端のインターフェイス採用
    • パーキングやリバースなどを含めたシフト操作をステアリング上に集約
    • 運転に集中しやすいコクピット&シンプルな空間実現のためにスイッチが少なくなっている
    • マルチオペレーションパネルにて快適機能やリヤシートエンターテインメントシステムを一括操作できる
    • 後席に開放的なレッグスペースを採用してフラッグシップのクロスオーバーSUVにふさわしいくつろぎの空間を提供

    動画

    その他パワートレインにEVやPHV、燃料電池(FCV)を想定

    これまでのガソリンエンジン搭載やハイブリッドだけでなく、パワートレインには、プラグインハイブリッド(PHV)、電気(EV)、燃料電池(FCV)が搭載されることも想定されています。

    それゆえレクサスLQは多種のバリエーションが設定される可能性が予想できます。

    先進機能 自動運転技術を提案

    「LF-1 limitless」には、レクサスの自動運転技術が提案されています。

    提案内容

    • ショーファーモード(目的地までの運転操作を車両側が担う)
    • 4Dナビゲーションシステムを搭載(ホテル予約やレストランの案内等を可能にするためにナビゲーションに時間の概念を導入)
    • 情報は、ナビディスプレイやリヤシートエンターテインメントシステムだけでなく、乗車している人のスマホやタブレットにも表示可能

    レクサスLQはレクサスLXと異なる最上級SUVへ

    レクサスLQは、クロカン系のレクサスLXとは異なる「クロスオーバー」というジャンルでのレクサスの最上級SUVになると思われます。

    レクサスLQをレクサスのクロスオーバーSUVとなるレクサスUX,NX,RXの上に新たに設定して発売することで、さらなる話題を生むことになるでしょう。

    レクサスLQの最新情報が入れば、更新します。