スバルの新型車・モデルチェンジ最新情報2016-2019

スバルが2016年~2019年に発売する新型車のモデルチェンジに関する最新情報をこの記事では、まとめて紹介します。

※中には予想を含む見込みの内容も含みます

スバルは、2017年4月1日付で社名を「株式会社SUBARU」に変更し、2016年から新世代プラットフォームの「SGP」を搭載させた新型車を発売する等、新しい時代に入ろうとしています。

車の安全に関しても非常に評判の高いスバルですが、どんな新車を発売するのか見ていきましょう。

スポンサーリンク

スバルの新型車・モデルチェンジ最新情報2016-2019

スバルのモデルチェンジする新車に関して、順番に紹介します。

2016年9月 レガシィB4&アウトバック年次改良でC型に

新型レガシィ 新カラーのブラウン

発売から3年を迎えるレガシィB4とアウトバックがマイナーチェンジ(年次改良)を実施して、C型になります。

新型レガシィB4・アウトバックがC型へ年次改良!2016年9月8日登場でついにあの機能が・・・

今回、これまで、レヴォーグとWRX S4にしか付いていなかったアイサイトのレーンキープアシストの車線中央維持機能がついにレガシィにも搭載されることになりました。

発表は2016年9月8日です。

2016年11月 インプレッサG4&スポーツがフルモデルチェンジ

新型インプレッサ

セダンのインプレッサG4とハッチバックタイプのインプレッサスポーツがフルモデルチェンジを実施して5代目の新型が発売されます。

スバルの新世代プラットフォームであるSGP(Subaru Global Platform)がスバルで初めて採用され、またスバルのデザインフィロソフィーとなる「Dynamic × Solid」のデザインをエクステリア・インテリア共に全面採用した、新世代スバルの幕開けとなる車になります。

インプレッサG4&スポーツのフルモデルチェンジ最新情報!

2016年11月 ジャスティが復活!新型トールワゴン車として発売へ

新型コンパクトトールワゴン車としてトヨタが「ルーミー・タンク」、ダイハツが「トール」を発売しますが、それのスバルバージョンが「ジャスティ」となります。

ジャスティは日本では1994年に生産しているため、実質22年ぶりのフルモデルチェンジと言えます。

その新型ジャスティを含む、新型トールワゴンの詳細はこちらにて。

トヨタ「ルーミー・タンク」、ダイハツ「トール」を新発売!bBとラクティス等の後継トールワゴンとして2016年11月誕生

2016年11月 フォレスター年次改良でE型へ

フォレスター

スバルの人気クロスオーバーSUVのフォレスターがマイナーチェンジ(年次改良)を実施してE型となります。

このE型フォレスターが4代目となる現行モデルの最終モデルとなる見通しです。

2017年内にアイサイトver4(仮)搭載車を発売

アイサイト2017

2017年に新世代アイサイトであるアイサイトver4(仮)を搭載した車が発売されることがすでに発表されています。

この新型アイサイトは、TJF(トラフィックジャムアシスト)という、渋滞時のカーブ追従も含めて、低車速(0~65km/h)での車線中央維持機能が可能になる機能が追加されるところが最大のポイントです。

これによって、高速道路での実質単一車線での自動走行が可能になります。

この新型アイサイトの初搭載車は、レヴォーグのD型からと予想されます。

2017年春 スバルXVがフルモデルチェンジを発表

新型スバルXVコンセプト

2017年の春に、クロスオーバーSUVのスバルXVがフルモデルチェンジを発表して3代目新型XVとなり、日本では秋に発売される見通しです。

スバルXVと言えば、元々はインプレッサの派生モデルになりますが、2016年に発売した新型インプレッサにつづいて新世代プラットフォーム「SGP」が採用されることになります。

ハイブリッドシステムは、この新型XVから、トヨタのシステムが採用される見込みで、プラグインHVモデルも発売される可能性が取りざたされています。

スバルのプラグインハイブリッド車に関しては2018年に登場することが予定されているので、新型XVのプラグインハイブリッドモデルに関しては、2代目XVの時のように、フルモデルチェンジから1年後にハイブリッド車を追加ということになる可能性が高そうです。

<参考資料>

中期経営ビジョン「際立とう2020」より

中期経営ビジョン「際立とう2020」より】

スバルXVの新型が2017年にフルモデルチェンジ!PHV化でプリウス並みの低燃費実現か!?

2017年春 レヴォーグがビッグマイナーチェンジでD型に

レヴォーグ

2014年にレガシィツーリングワゴンの後継的存在のステーション ワゴンとして発売されたレヴォーグがビッグマイナーチェンジを実施してD型になります。

新世代プラットフォームや質感向上が目覚ましい等、驚異の進化を遂げた新型インプレッサに対して、車格が上の車としてどう改良が行われるのかに注目が集まっています。

新世代のアイサイトであるアイサイトver4(仮)を搭載してくる可能性が取りざたされています。

レヴォーグのビッグマイナーチェンジ2017年に関して

2017年春~夏 WRX S4がビッグマイナーチェンジでD型へ

wrx s4

レヴォーグに少し遅れて、2017年の春から夏にかけて、WRX S4もビッグマイナーチェンジを実施してD型になる見通しです。

WRX S4は、レヴォーグの実質セダン版ということもあり、これまで同様に改良される内容は、ほぼレヴォーグのD型と同様のものになると考えられます。

2017年秋 レガシィB4&アウトバックがビッグマイナーチェンジでD型に(予想)

6代目レガシィ1

スバルのフラグシップモデルであるレガシィが、発売から4年目を迎えビッグマイナーチェンジを実施してD型となります。

すでにビッグマイナーチェンジを済ませたレヴォーグ&WRX S4の改良の内容がレガシィにも適用されることになることが考えられますが、現行の6代目になってから高級化が進んだレガシィが、さらなる質感向上が図られることになりそうです。

また、セダンのレガシィB4をベースとした「レガシィS403」の発売もこの時期に開始される可能性が高まっています。

スポンサーリンク

2017年秋 新型インプレッサG4&スポーツが年次改良でB型に(予想)

新型インプレッサ 日本仕様

華々しいデビューから一年経った新型インプレッサG4とスポーツが、初めてのマイナーチェンジ(年次改良)が行われてB型となります。

ここで、STIスポーツグレードがラインナップ化され、そのインプレッサSTIスポーツのパワートレインには、1.6ℓ直噴ターボエンジンが搭載される可能性があります。

また、2017年に登場するアイサイトver4(仮)がこの改良で新型インプレッサに搭載されるのかどうかにも注目です。

2017年~2018年 フォレスターがフルモデルチェンジ(予想)

次期フォレスターコンセプト

現行モデルの発売から6年目を迎える2017年から2018年にかけてクロスオーバーSUVのフォレスターがフルモデルチェンジを実施する見込みです。

新世代プラットフォーム「SGP」に、新型アイサイト搭載と、充実した新技術を搭載したスバル自慢の次世代クロスオーバーSUVとして登場することが予想されます。

フォレスターのフルモデルチェンジ2017最新情報

2018年 北米でトライベッカ後継の新型SUV発売の見通し

日本未発売だったものの、2014年まで北米市場を中心に発売されていた大型SUVトライベッカの実質後継車となる新型SUVが2018年に発売の見通しです。

この新型SUVの発表は2017年にも行われると思われます。

スバル 新型トライベッカ復活か?2017年にCX-9対抗の大型SUVを北米で発表の見通し

2019年 レヴォーグ・WRX S4、レガシィのフルモデルチェンジを実施か?

近年のスバル車は、発売6年目でフルモデルチェンジされるケースが多いため、2014年に発売されてから6年目を迎えるレヴォーグ、WRX S4、レガシィB4・アウトバックがフルモデルチェンジを実施することが予想されます。

これら全ての車種にはスバル新世代プラットフォームのSGPが搭載されることになるため、これでようやくスバルの主要車種が本格的に新世代に移行することになります。

また、2019年には新設計のダウンサイジングターボエンジン搭載車が登場することや、2020年までに次世代HVを展開していくことがすでに発表されていることから、次期レヴォーグ、次期WRX S4、次期レガシィに、これらの次世代エンジンが搭載される可能性は非常に高いと言えそうです。

subaru2019 際立とう2020より

2020年以降のスバル

スバルは、2020年には、高速道路で自動運転が可能になるアイサイト搭載車を発売する見込みです。

アイサイト2020年

そして、2021年に電気自動車を発売させることになっています。

スバルは、2020年に向けて「大きくはないが強い特徴を持ち質の高い企業」となることを目指しており、高い安全技術を軸に、環境・自動運転等といった分野でさらなる独自の強みを活かしていくと思われます。

アイサイトで大成功を収めていると言えるスバルですが、その次にはどのような内容で成功を収めていくのか今後に要注目です。

スポンサーリンク

※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。

車の最高買取金額の無料チェックはこちら

4 件のコメント

    • おそらくトライベッカ後継車のことをおっしゃておられるのだと思いますが、日本導入の話は現時点で聞いた事がないですね。。。

  • 最近、いずれの自動車メーカーもモデルチェンジの周期が早い傾向が高いですね。とりわけ、スバルは間髪をいれずにモデルチェンジを行って好感が持てますね。2017年にスバルがモデルチェンジする車種は何でしょうか?今、不動の人気を誇るレヴォーグ、否、S4だったりして…いずれにせよ、アイサイトがどれほど進化しているのか、次期スバル車はどのようなデザインを採用するのか、非常に楽しみです。

    • スバルはイヤーモデル制をとっているということもあって、毎年興味をそそられる新車がでてきますよね。

      新型インプレッサがあれだけの進化をしたことを考えると、2017年以降のスバル車には今まで以上に楽しみですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です