新型レクサスCTのフルモデルチェンジは2017年!SUVモデル優先で延期の可能性も

レクサスのプレミアムコンパクトハッチバックカーのレクサスCTが2017年にフルモデルチェンジを実施する見通しです。

新型レクサスCTは、TNGAを採用したレクサス新世代の車と生まれ変わり、また近年世界的にブームとなっているSUVを派生車として発売されることも見込まれています。

ただ、その派生のSUV車の発売を優先させて、レクサスCTの発売を遅らせるのではといった話も出てきています。

そこで今回は、新型レクサスCTのフルモデルチェンジに関するお話をします。

スポンサーリンク

新型レクサスCTのフルモデルチェンジは2017年

レクサスCTは、レクサス初のC型セグメントカーとして2011年に発売されました。

%e5%88%9d%e4%bb%a3%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9ct

初代レクサスCTとなる現行型は、3代目プリウスと同じハイブリッドシステムを採用したハイブリッド専用として発売されたことから、プリウスのレクサスバージョンと見られることも少なくありません。

スタート価格が約366万円というレクサスのエントリーモデルという事もあって親しみやすく、そのおしゃれでファッショナブルなデザインから、海外を含めて人気が高い車種です。

<オシャレを全面に演出するレクサスCT・NX・RCのCM>

2代目となる新型レクサスCTは、大幅にデザインが向上し、次世代のプレミアムコンパクトハッチバックとしてふさわしいものになります。

新型レクサスCTはノーマルとは別に派生のSUVも登場

新型レクサスCTは、ノーマルタイプとは別に、派生車として新たにSUVモデルが登場することになります。

このSUVモデルは、レクサスUXという名称になる見通しで、すでに次期CTよりも先駆けてパリモーターショー2016でコンセプトモデルの「UX Concept」が公開されています。

レクサスUX最新情報!発売時期は2019年が濃厚

このハッチバックのレクサスCTとコンパクトSUVのレクサスUXとの関係は、BMWで言う1シリーズとX1、メルセデスベンツのAクラスとGLA、アウディのA3とQ3といった関係になると見ていいでしょう。

新型レクサスCTのデザインは、スポーティでエレガントなデザインになるとされていますが、これは「UX Concept」の画像が大きくヒントになります。

<UX Concept>

%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9ux%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%88 %e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%b5%e3%82%b9ux%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%97%e3%83%8811

このUX Conceptをハッチバック型にしたものが、新型レクサスCTのデザインとなるのはほぼ間違いないと思われます。

現行型レクサスCTのデザインは、スピンドルグリルを採用したインパクトのあるフロントに対し、リアのデザインがかなり控えめだったので、このような先進的なリアデザインになってくれるとより魅力を感じることになりそうです。

新型レクサスCTの内容について

フルモデルチェンジされる新型レクサスCTのプラットフォームに関しては、4代目プリウスと同様のTNGA(Toyota New Global Architecture)に基づいた新世代の「Cプラットフォーム」が採用されることになります。

tnga

パワートレインに関しても、4代目プリウスと同様のハイブリッドシステムとなる2ZR-FXEの1.8Lエンジンに電動モーターを組み合わたものが採用となる見込みです。

※4代目プリウスのハイブリッドシステムについては、こちらのトヨタ公式動画がかなり参考になります。

レクサスCTは、プリウスのレクサスバージョンと見られることも多いですから、新型レクサスCTが4代目の新型プリウスがある程度ベースとなるは必然と言えます。

<4代目プリウス>

4%e4%bb%a3%e7%9b%ae%e3%83%97%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%82%b9

【出典:プリウス公式サイト

ただ、そのプリウスとの差別化を明確にするために、エンジンの排気量を1.8Lではなく2Lに拡大される可能性も取りざたされています。

他にも、レクサスNXの2.0Lターボからターボ機能を抜いた8AR-FSという2.0LNAエンジンや、1.2~1.6Lクラスのダウンサイジングターボモデルも検討されているという情報もあります。

新型レクサスCTの価格は現行モデルと同様の300万円代後半スタートになる可能性が高く、新型レクサスCTの予想ボディサイズは、全長4350㎜×全幅1780㎜×全高1500㎜になります。

スポンサーリンク

新型レクサスCTにPHVモデルが後にラインナップされる可能性も

phv

【出典:トヨタ公式サイト

そして僕が最も注目している情報が、新型レクサスCTにPHV(プラグインハイブリッド)モデル追加が検討されているという情報です。

PHVの普及は、今後のトヨタの課題となっており、それはZEV規制が大きく関係します。

<ZEV(Zero Emission Vehicle)とは>

排出ガスを一切出さない電気自動車や燃料電池車を指す。

カリフォルニア州のZEV規制は、州内で一定台数以上自動車を販売するメーカーは、その販売台数の一定比率をZEVにしなければならないと定めている。

ただし、電気自動車や燃料電池車のみで規制をクリアすることは難しいため、プラグインハイブリッドカー、ハイブリッドカー、天然ガス車、排ガスが極めてクリーンな車両などを組み入れることも許容されている。

次世代自動車振興センターより】

2018年にアメリカの最大市場となるカリフォルニア州のZEV規制が強化されて、ハイブリッド車がZEVの対象から外されることが決定しています。

その為に、今後はハイブリッド車よりもエコカーとして認定されるPHVやEVカーの普及が不可欠となります。

もしも、ZEV規制の基準に満たさない場合は、会社は、罰金を支払うか、他社からクレジットを購入しなければなりません。

トヨタは、2015年に初めてそのクレジットの買い手側となってしまったこともあり、今のままハイブリッド車を主に販売していると2018年以降、ますます厳しい状況になってしまいかねません。

そうならないためにも、新型プリウスがノーマルモデルではなくPHVモデルを本命としてかなり力を入れていたり、MIRAIを始めとする燃料電池自動車( FCV)の開発に取り掛かっているわけです。

それゆえ、レクサスCTについても、PHV化は必然の流れと言えます。

注目すべきポイントは、新型レクサスCTのPHVモデルが、単に「レクサスCT PHV」といった名称になるのか、それともレクサスUXのように派生車として別のネーミングが与えられるのかという所です。

これに関しては、続報を待ちましょう。

新型レクサスCTのモデルチェンジが延期の可能性が浮上

実は、新型レクサスCTは、2017年にフルモデルチェンジされると見られているものの、派生SUVのレクサスUXの開発を優先させるために、モデルチェンジの時期を延期する可能性があるという情報があります。

確かに、パリモーターショー2016にて、レクサスCTではなく、レクサスUXのコンセプトカーを先に公開している所を見ると、CTよりもUXの方が優先されていることが分かります。

レクサスUXの発売は2019年頃の見通しとなっており、次期レクサスCTのモデルチェンジはその数年後の2021年頃まで伸びるのではという話もあるくらいです。

ただ、2017年末までにはレクサス全車に予防安全パッケージのLexus Safety System +を搭載することが発表されているので、いずれにしてもレクサスCTは、2017年にはLexus Safety System +を搭載するための大掛かりな改良をする必要性にせまられています。

ここで考えられるのは、

・従来の見通し通り2017年にフルモデルチェンジを実施する

・ビッグマイナーチェンジという形をとり、次期モデル投入まで延命を図る

・一旦カタログ落ちする

のいずれかになります。

発売が約1年以内にせまっているにも関わらず、次期CTのコンセプトモデルが発表されておらず、先に派生SUVのUXのコンセプトが公開されていることから、「2017年にはマイナーチェンジにとどめて、レクサスUXの開発に注力する」といった展開になるのでは?と僕は予想します。

新型レクサスCTのフルモデルチェンジに関する最新情報が入れば、またお伝えしますね。

【関連記事】

レクサスUX最新情報!発売時期は2019年が濃厚

スポンサーリンク

※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。

車の最高買取金額の無料チェックはこちら