新型ハイエースのフルモデルチェンジが2019年に発表見込み!300系の内容について

トヨタのハイエースが2019年に15年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施する見込みです。

ハイエースといえば、広い室内空間に、高い耐久性、積載量が多いとあって、働く人に役立つ車として人気で、介護の送迎用としての福祉車両や、キャンピングカー、社用車等々幅広く使用されています。

それゆえ、世界130カ国で累計生産台数は約700万台で、年間販売台数は約18万台と言われるほど、日本と海外で人気のある車でもあります。

現在は200系として販売されているハイエースですが、フルモデルチェンジ後の新型ハイエースは300系へと進化をすることになります。

そこで今回は、300系となる新型ハイエースのフルモデルチェンジについて今回お話します。

スポンサーリンク

300系の新型ハイエース 2019年に15年ぶりのフルモデルチェンジへ

ハイエース

現行型の200系ハイエースが発売されたのは2004年8月です。

実は現在のハイエースは、5代目になります。

そこから15年の歳月を経て、いよいよ6代目へとフルモデルチェンジされることになります。

ハイエースには3種類が存在

ハイエースという名前は有名ですが、実はそのハイエースには3種類が存在することは意外にも知られていません。

その3種類とは、

・ハイエースバン(VAN)

200系ハイエース

・ハイエースワゴン(WAGON)

ハイエースワゴン

・ハイエースコミューター(COMMUTER)

ハイエースコミューター

です。

<ハイエースバンの用途>

ハイエースバンは、貨物車であり、基本荷物を載せるための車になります。

ナンバープレートとしては、1ナンバーと4ナンバーの2つのタイプがあります。

<ハイエースワゴンの用途>

ハイエースワゴンは、人を乗せることを考えて作られた人を乗せることが目的の車です。

3ナンバーサイズとなり、乗車定員は10人です。

<ハイエースコミューターの用途>

ハイエースコミューターに関しては、14人乗りのマイクロバスになります。

2ナンバーになるため、普通免許では運転することができません。

300系新型ハイエースはセミボンネットを採用

現行型の200系ハイエースでは、ボディタイプにキャブオーバーを採用していますが、これが新型ハイエースではセミボンネットが採用されることになります。

<キャブオーバーに関して>

キャブオーバーとは、自動車の構造としてエンジンの上に運転席がある形状を指します。

200系ハイエースの画像を見ると分かりやすいですが、運転席が最前面へ出ていて、普通の車のようにボンネットが前に飛び出ていません。

セミボンネットに関しては、ミニバンのアルファードのような形状になります。

<アルファード>

アルファード

<キャブオーバーのメリットとは?>

このキャブオーバーのメリットは、荷室を広くとれるという所になります。

運転席の前にボンネットがない部分を後ろに伸ばして、その分を荷室にすることができます。

特に4ナンバー( 小型貨物車)の基準に沿って、かつ、荷室を出来る限り広く作ろうとするとこのキャブオーバーというのは大きく役立つ構造になります。

<ではなぜキャブオーバーを辞めるのか>

なぜ、今回のフルモデルチェンジでキャブオーバーを辞めるのかを一言で言うと、安全を考慮した結果と言えます。

キャブオーバーの場合、ボンネットが前にない分、前方の安全性が欠け、歩行者との衝突時等にも衝突の危険が高まります。

また、キャブオーバーだと運転席と助手席の下にエンジンがあるため、熱や騒音問題も少なからずありました。

もちろん、衝撃吸収性のあるシートを使ったり、ボディ・フレームを頑丈にする等、衝突安全性を十分なものに工夫はされていましたが、より安全性を高める為に300系の新型ハイエースではセミボンネットを採用するに至ったというわけです。

セミボンネットを採用した場合は、歩行者への衝突緩和だけでなく、運転席と助手席の安全の確保にもつながります。

新型ハイエースのパワートレイン クリーンディーゼルエンジン採用が濃厚

300系の新型ハイエースには、2015年6月に登場したランドクルーザープラドと同タイプの2.8Lクリーンディーゼルエンジンを採用する見込みです。

では、ハイブリッドは?ということになりますが、トヨタ自動車はハイブリッドとディーゼルエンジンを同じ車の中でラインナップさせないというのが今の方針になっているため、新型ハイエースにはハイブリッドモデルはない見通しです。

ちなみに現在の200系ハイエースには、2.0Lガソリンエンジン、2.7Lガソリンエンジン、3.0Lディーゼルエンジンの3つのグレードがラインナップされています。

なので、300系新型ハイエースにもガソリンエンジンモデルのラインナップ化は十分ありえそうです。

いずれにしても、商用利用が多いハイエースだからこそ、現在よりも燃費性能を高めたものになるのは間違いありません。

新型ハイエースのデザインは、プロエースがヒントか

新型ハイエースのエクステリアのデザインに関しては、欧州で発売予定の新型TOYOTA PROACE(プロエース)のデザインのようになると見られています。

<新型プロエースの画像>

プロエース リア

<新型プロエースの動画>

セミボンネットを採用しており、ノア・ヴォクシー、アルファード・ヴェルファイアといったミニバンい近いデザインになっていることが伺えます。

同じくセミボンネットを採用する新型ハイエースは、これをもう少し商用に向けたデザインになると思われます。

スポンサーリンク

タウンエースというセミボンネット採用車

トヨタには、ハイエースよりも一回り程度コンパクトなサイズのタウンエースという車があります。

<タウンエース>

タウンエース

<出典:トヨタ タウンエース公式サイト

実は、このタウンエースは、すでにセミボンネットを採用しています。

考え方によっては、新型ハイエースは、このタウンエースを大型化させたものと見ることもできますが、タウンエースとハイエースをいずれ統合させると考えることもできます。

それに関しては、今後のトヨタの動向に注目です。

新型ハイエース 15年ぶりのフルモデルチェンジは長かったのか?

15年もフルモデルチェンジをしないというのは、通常の車であれば長すぎると考えられます。

しかしながら、実は現在の5代目200系ハイエースも、4代目である100系ハイエースからフルモデルチェンジをするのに同じく15年かかっていました。

ここで、ハイエースの歴史を振り返るという意味を含めて、歴代のモデルサイクルを見てみましょう。

・初代ハイエース H10系 1967年-1977年

・2代目ハイエース H20~40系 1977年-1985年

・3代目ハイエース H50系 1982年-1995年

・4代目ハイエース H100系 1989年-2004年

・5代目ハイエース H200系 2004年 – 現在

これを見ると歴代のハイエースのモデルチェンジのサイクルは平均して10年を越えます。

他にも、トヨタの最高級車であるセンチュリーの初代モデルから現行モデルにモデルチェンジするまでに30年という例もあります。

そう考えてみると、決してフルモデルチェンジするのに15年というのは不思議な話ではありません。

200系ハイエース 最後のマイナーチェンジが2017or2018年にあるかも

最後に、現行型の200系ハイエースですが、これまで2007年8月、2010年7月、2013年12月と3回のマイナーチェンジを実施してきました。

そのたびに、2型、3型、4型と進化をしてきた(現在は4型になる)わけですが、3年ごとにマイナーチェンジをしてきたというサイクルと、2019年にフルモデルチェンジということを考えると、2017年もしくは2018年に5型へと進化する最後のマイナーチェンジがあっても不思議ではありません。

3年でマイナーチェンジと考えると本来は2016年になるのですが、2016年には、VSC&TRC、ヒルスタートアシストコントロール、緊急ブレーキシグナルを標準装備するといった一部改良に留まっています。

次のマイナーチェンジの内容としては、トヨタの最新の安全装備であるトヨタセーフティセンスを搭載という可能性が高そうですが、これに関しては続報をお待ちください。

トヨタは2017年~2018年にかけて「働く車」の導入・改良を加速

トヨタは2017年~2018年にかけて「働く車」の導入・改良を加速させていくとされています。

その内容としては、

・次世代タクシーの導入

次世代タクシー

・センチュリーのフルモデルチェンジ

1

等が挙げられます。

新型ハイエースのフルモデルチェンジが、その締めくくりとして実施されるという可能性が高いです。

200系のマイナーチェンジの情報とともに、新型の300系ハイエースのフルモデルチェンジに関する情報が入れば、またお話します!

スポンサーリンク

※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。

車の最高買取金額の無料チェックはこちら