新型カムリハイブリッドのフルモデルチェンジが2017年に!日本ではハイブリッド専用車継続の見通し

トヨタのアッパーミドルセダンのカムリが2017年にフルモデルチェンジを実施する見通しです。

カムリと言えば今や世界戦略車として発売されており、北米を中心に海外では大ヒットモデルとなっています。

日本国内ではハイブリッド専用車として発売されていますが、今度の新型カムリハイブリッドは、最新式のハイブリッドシステムに加え、新世代プラットフォームTNGA等を搭載するなど、トヨタ最先端のセダンとして登場する見通しです。

スポンサーリンク

そこで今回は、フルモデル新型カムリハイブリッドのチェンジされる新型カムリハイブリッドの情報についてお話しします。

新型カムリハイブリッドのフルモデルチェンジが2017年に実施へ

2017年にフルモデルチェンジが予定される新型カムリハイブリッドですが、現行型カムリについては、2011年に登場しました。

2011年と言えば、ハイブリッド車のプリウスの人気真っ只中であり、その流れを受けて、日本ではハイブリッド専用車「カムリハイブリッド」として発売されたのは記憶に新しいです。

<ハイブリッド専用車として発売された9代目カムリ>

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa

かつてはカローラの上位車種的な存在だったカムリが、今や世界戦略車となり、日本国内でもクラウンに次ぐ上級セダンとして投入されていることを考えると、大出世と言えるのではないでしょうか。

歴史を振り返ると、初代カムリは、1980年に70年代に一世を風靡したクーペのセリカのセダンモデルである「セリカ・カムリ」として誕生しており、そこからすでに35年以上が経過します。

<セリカ・カムリ>

%e3%83%88%e3%83%a8%e3%82%bf%e3%80%80%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%82%ab%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa

【出典:Wikipedia

そして1982年には、セリカから独立して実質の初代カムリとも言える2代目カムリが誕生しました。

<2代目カムリ>

%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa

【出典:Wikipedia

この初代カムリから、駆動方式がFR(後輪駆動)ではなく、FF(前輪駆動)方式が採用され、それ以後、現在のモデルに至るまでFFが採用され続けています。

車格の雰囲気が一気に上がったのは、2006年に発売された8代目からで、これはレクサスESの日本モデルだったウィンダムを実質統合することになったからと言えます。

そんな様々な歴史を持つカムリがいよいよ10代目として2017年秋頃に誕生することになります。

新型カムリハイブリッドにはTNGA Kプラットフォームが採用

新型カムリハイブリッドのプラットフォームには、トヨタの新世代プラットフォーム思想のTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)世代の新開発されたプラットフォームが採用されることになります。

<TNGAについて>

大幅な商品力向上と原価低減を同時に達成するクルマづくりとして導入されたのがTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)です。

具体的な取り組みとしては、これまで個別車種ごとに企画・開発をしてきましたが、TNGAではクルマの「走る・曲がる・止まる」に関わる基本部分の競争力を世界トップレベルにまで引き上げたうえで、複数の車種を同時に企画するグルーピング開発などにより、部品やユニットを賢く共用化します。

クルマづくりの設計思想(アーキテクチャー)に基づき、小型車から大型車までまたいだ共用化を進めることで生まれた開発余力を、お客様の好みに合わせた内外装や走りの味つけなど、地域ごとの最適化に重点的に投入し、「もっといいクルマ」づくりに結びつけていきます。

トヨタ公式サイトより】

TNGAと言えば、2015年に発売された4代目プリウスから採用され始めていますが、新型カムリには、プリウスのCプラットフォームの一クラス上となるTNGA Kプラットフォームが使用されます。

これに伴って新型カムリのボディサイズは現行型よりもさらに大型化される見通しです。

<新型カムリの予想ボディサイズ>

全長4880㎜×全幅1840㎜×全高1430㎜、ホイールベース:2825mm

<参考 現行型カムリハイブリッドのボディサイズ>

全長4850㎜×全幅1825㎜×全高1470㎜、ホイールベース2775mm

新世代プラットフォームのTNGAが採用されることで、4代目プリウス同様「低重心化」が一つのアピールポイントとなり、より快適で安定した走行が期待できます。

また、このTNGAのKプラットフォームに関しては新型カムリに搭載された後、ハイランダーやアバロン、そしてレクサスRX等に採用されていく見通しです。

新型カムリのデザインはクーペ調へ

10代目となる新型カムリについては、スポーツセダンとして方向性を転換し、エクステリアのデザインについてもクーペ・ルックのデザインが取り入れられることになります。

北米では、カムリのライバルとなるスポーティな路線の日産のマキシマ、アルティマといった車の人気が高いため、その流れに合わせると見られています。

<日産 マキシマ>

日産 新型マキシマ

そして、すでに北米ではテスト走行中の新型カムリのテストカーのスパイショット画像が撮られています。

<新型カムリのスパイショット画像>

%e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%e7%94%bb%e5%83%8f %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%80%80%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89 %e6%96%b0%e5%9e%8b%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%91%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%89

画像を見る限り、フロントのデザインに関しては、CIマーク下方向に食い込むような形となっており、グリルに関しては左右下に広がるようなデザインにも見えます。

<2016.11.1追加>

さらに新しいスパイショット画像が出ました。

c c1 c11

【出典:www.motor1.com】

キーンルックとアンダープライオリティが組み合わさっているという部分は現行カムリも同じですが、このスパイショットからイメージさせられるのは、欧州モデルの新型カローラです。

<欧州モデルの新型カローラ>

%e3%82%ab%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%80%80%e6%ac%a7%e5%b7%9e%e4%bb%95%e6%a7%98

このデザインをさらに上級なものとして出てくるのであれば、新型カムリには期待せざるを得ませんね。

ちなみに現在は、北米モデルと日本モデルのカムリはそれぞれ別のデザインが採用されています。

<北米モデルの現行カムリ>

%e5%8c%97%e7%b1%b3%e4%bb%95%e6%a7%98%e3%81%ae%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa

<日本モデルの現行カムリ>

%e6%97%a5%e6%9c%ac%e4%bb%95%e6%a7%98%e3%82%ab%e3%83%a0%e3%83%aa%e3%83%8f%e3%82%a4%e3%83%96%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89

これが次期カムリでも地域によってデザインを分けるのかどうかに注目が集まります。

カムリの直接ライバルとなる日産のアルティマ(日本名ティアナ)に関しても、これまで地域によってデザインは異なっていましたが、新型モデルからはほぼ世界共通のデザインへ統合する流れとなっています。

<日産 新型アルティマ>

新型アルティマ2016モデル

同じようにカムリに関しても、次期モデルからは北米・日本モデルは同じテイストのデザインになる可能性は十分ありそうです。

スポンサーリンク

新型カムリのワールドプレミアについて

カムリについては、現在北米と中国が主な市場となっているため、フルモデルチェンジされる新型カムリのワールドプレミアの舞台は、2017年に開催予定のデトロイトモーターショー2017もしくは上海モーターショー2017が有力となっています。

新型カムリのパワートレインについて

新型カムリに関しては、フルモデルチェンジ後も日本ではハイブリッド専用車種として発売される見通しです。

その採用されるハイブリッドシステムは、4代目プリウスで採用されたリダクションギアをプラネタリギ アから平行ギアへ変更された最新のハイブリッドシステムが用いられ、新世代の2.5ℓ (アトキンソンサイクル仕様)ハイブリッドモデルが用意されます。

ただ、カムリは、プリウスよりも車体が大きいことから駆動用モータに関しては、プリウス以上に高出力のものが採用される模様です。

また、北米モデルに関しては、スポーツセダンにふさわしく、ダウンサイジングターボの2.5ℓ直4ターボモデルもラインナップ化されると見られています。

新型カムリにトヨタセーフティセンスP採用

2017年末までにトヨタの主要車全てに搭載が目指されているトヨタセーフティセンスももちろん新型カムリに搭載されるのはほぼ確定と言えます。

カムリという車格から考えると、プリウス同様にトヨタセーフティセンスPが採用されるのは間違いないでしょう。

また、フルモデルチェンジという面から見ると、クラウンのように速度制限のあるレーダークルーズコントロールではなく、新型プリウス同様に全車速対応のレーダークルーズコントロールが採用される可能性が濃厚です。

新型カムリは、後々、マークXの役割も担うことになるのか?

日本ではカムリと同じトヨタで同じ車格のセダンとなるマークXが存在します。

<マークX>

markx

そのマークXは、次期モデルでカムリと兄弟車種になると見られていましたが、それが一転して2016年のマイナーチェンジを最後に、数年後には生産終了する可能性が出てきました。

新型マークXのフルモデルチェンジはなく生産終了か!?2019年の動向に注目

マークXの後継となる新車種を投入するかどうかが検討されていると言われていますが、もしも、投入されなければ、実質新型カムリがマークXの役割を担うこととなります。

しかしながら、日本の交通事情に合ったボディサイズで、200万円代からFRのV6エンジン搭載車が買えるというスポーティでコスパの高いマークXの後釜を担うのはそう簡単なことではありません。

カムリに関しては、北米重視の車という事もあってボディサイズが大きく、またFFでハイブリッド専用車というマークXとは大きく方向性が異なります。

新型カムリはスポーツセダンの路線になることから、そこに北米のターボモデルを日本でも導入することで、ある程度は既存のマークXのユーザーを囲むことができるかもしれませんが、FFという所に躊躇するユーザーは少なくないでしょう。

まあ、仮にマークXに次期モデルが出たとしても、次期マークXはFFになる可能性もあることから、この点は何とも言い難い所ではありますが・・・

ただ、どうしても大きなボディサイズという面がネックになると思います。

スバルのレガシィB4を見れば、あの価格で、あれだけの機能と上質さを兼ね備えているのにあまり話題にならず、日本でピックアップされていないことを考えると、北米向けのラージセダンがいかに日本で売るのが難しいのかが分かります。

僕的には、日本での新型カムリに関しては、スポーツセダンを好む層に、日産のスカイラインよりお手頃な価格で購入でき、クラウンに次ぐ上級セダンとしてコスパの高さをいかにアピールできるかどうかが重要になってくるかと思います。

マークXだけでなく、SAIについても次のモデルチェンジがないと噂される中、いくら北米を向いたモデルとは言え、今後のトヨタの中核セダンとして新型カムリには注目せざるを得ません。

果たして、新型カムリハイブリッドは日本でどのような支持を得られる車となるのかどうか。

続報を楽しみにお待ちください。

新型カムリのフルモデルチェンジに関する最新情報が入れば、またお伝えします。

スポンサーリンク

※新車購入予定の方へ

あなたの今乗っている車が、最高いくらで乗り換えできるのか無料でチェックできるサイトがあるとご存知ですか?

ディーラーで安く下取りされないためにも、新車購入前に一度チェックしておくことをオススメします。

車の最高買取金額の無料チェックはこちら

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です